エビ中、大学芸会2日目の公演で2月のFCイベントと4月からの全国ツアー発表!

エビ中、大学芸会2日目の公演で2月のFCイベントと4月からの全国ツアー発表!

エビ中、大学芸会2日目の公演で2月の
FCイベントと4月からの全国ツアー発
表!

「大学芸会」2日目公演でファンクラブイベントと春の全国ツアー発表!

私立恵比寿中学(略称:エビ中)が、本日12月28日に年末恒例のワンマンライブの2日目公演を、東京ガーデンシアターにて開催した。新メンバー初の長尺・ダンスパートもあるライブとなったこの公演は2日間大成功のうちに完走した。
【インタビュー】私立恵比寿中学、今のメンバーの姿を投影したアルバム「playlist」
https://utaten.com/specialArticle/index/4448
ライブ終演後には昨日の初日公演から新曲「Anytime, Anywhere」のライブバージョンもTikTokにて公開されている。
ライブは9人体制ライブへの期待感を誘うようなオープニングVTRから「イヤフォン・ライオット」でスタート。
続く「Family Complex」では新メンバー3人のパートを今回のライブのために岡崎体育が書き下ろした新バージョンで披露。
「ちちんぷい」「オメカシ・フィーバー」とアゲ曲で序盤戦を攻める。
最初のMCからメンバーそれぞれ個性あふれる自己紹介を経て、「頑張ってる途中」へ。
藤井校長のミッションVTRで会場を和ませ、9人体制初の「サドンデス」へ。そして昨年の大学芸会で初披露された「イエローライト」を安本含む9人体制でパフォーマンスした。
「君のままで」からはメンバーがユニットに分かれて「フユコイ」「アンコールの恋」を披露。
続くDANCE INTERパートでは今回のライブの見せ場のひとつとなった圧巻の激しいダンスパフォーマンスから、そのまま「EBINOMICS」へ。「HOT UP!!!」まで一気に駆け抜けた。
そして「わたしたちはみなさんの元気の源になれてますか?」という真山のMCで「YELL」「スーパーヒーロー」「星の数え方」とエモーショナルに見せる。
そして「仮契約のシンデレラ」「スターダストライト」「感情電車」というエビ中の代表曲ともいえるパートも見事に9人の新バージョンで披露し、「ジャンプ」をエモーショナルに歌ってくれた。
本編最後は「9人で9つの色、見てください。」という中山のコメントから本編最後の曲「なないろ」を披露。
「この9人になってもこの曲で運命と戦い続けます。」という真山のコメントで「響」を披露した。
ラストMCでは、桜木が「あともう1曲やりません?」と無邪気にコメントし、まわりをあわてさせる場面も。
そのあとは柏木から2022年2月12日のファンクラブイベント(パシフィコ横浜 国立大ホール)および4月からの全国の春ツアーの開催も発表され、会場は大興奮のうちに大学芸会2021の幕は閉じた。
エビ中は、12月22日にリリースしたライブアルバム『エビ中 秋声と螻蛄と音楽の輝き 題して「ちゅうおん」2021』が同日付けオリコンデイリーアルバムランキングで1位を獲得した。
このCDは9月に行われた毎年秋の恒例となった「ちゅうおん」の埼玉県・秩父ミューズパーク野外ステージでの行われた9月26日・2部のライブ音源をもとに制作されている。
「ちゅうおん」とは通常のライブスタイルとは異なり、ペンライトの使用やコールの禁止、全席指定の着席スタイルのもと、ホーンセクションやストリングスを含む生バンドの演奏でエビ中の音楽を純粋に楽しんでもらうというコンセプトで、2017年からスタートした秋の恒例イベント。
今年で4回目となった。


今回のCDは、ファンクラブ限定盤9形態(予約販売のみで販売期間は終了)と、期間生産限定盤の2種類のリリース。
期間生産限定盤の映像特典として、新メンバー加入〜安本彩花の復帰とTHE FIRST TAKEへの出演〜9人体制初のレコーディングなど、2021年夏までのエビ中を追ったドキュメンタリー「シン・EVERYTHING POINT 1/2」(Blu-ray1枚組)をカップリング。
ファンには見逃せない貴重な映像となっている。(ドキュメンタリー 「シン・EVERYTHING POINT 2/2」は2022年発表予定。)
12月8日からはこのアルバムの特設サイトをオープン。
サイト内でドキュメンタリーシーンを含むティザー映像とパッケージ展開写真を初公開。リリースへの期待感が高まっていた中でのリリースとなったが、やはりレアなドキュメンタリーシーンはネットでも大きな話題となっていた。
また2022年3月23日発売が発表されたニューアルバム「私立恵比寿中学」より、第一弾リード曲「Anytime, Anywhere」が配信中。
この曲は、現在「常緑」がTikTokを中心に大きな反響が拡がっている注目のシンガーソングライター、大橋ちっぽけの初の提供曲となっており、配信サムネイルはメンバー小林歌穂が書下ろしでデザインを手掛けている。
先日16日にはファンから投稿された画像を中心に構成されたリリックビデオも公開し、こちらも話題を呼んでいる。
12/28セットリスト
M1.イヤフォン・ライオット
M2.Family Complex
M3.ちちんぷい
M4.オメカシ・フィーバー
M5.SHAKE!SHAKE!
M6.頑張ってる途中
M7.サドンデス
M8.イエローライト
M9.君のままで
M10.フユコイ
M11.アンコールの恋
M12.EBINOMICS
M13.イート・ザ・大目玉
M14.HOT UP!!!
M15.YELL
M16.スーパーヒーロー
M17.星の数え方
M18.仮契約のシンデレラ
M19.スターダストライト
M20.感情電車
M21.ジャンプ
M22.なないろ
EN1.えびぞりダイヤモンド!!
EN2.自由へ道連れ
EN3.響
EN4.Anytime, Anywhere
■バンドメンバー
Keyboard / BandMaster : 橋本しん(Sin)
Bass : 島本道太郎
Guitar : 伊平友樹
Guitar : 三沢崇篤
Drums : 原治武
ライブ情報
■エビ中 春ツアー
2022年
4月16日(土) 東京
4月17日(日) 東京
4月29日(金) 新潟
5月5日(木) 大阪
5月8日(日) 宮城
5月14日(土) 北海道
5月21日(土) 茨城
5月28日(土) 愛知
6月10日(金) 埼玉
6月11日(土) 栃木
6月18日(土) 千葉
6月26日(日) 福岡
7月3日(日) 神奈川
7月9日(土) 東京
詳細は後日発表いたします。

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着