増位山太志郎・桜ちかこらが岩槻でジ
ョイントコンサート、浅草三社祭の神
輿で大フィーバー

元大相撲力士(最高位・大関)の増位山太志郎をはじめ、桜ちかこ、梓夕子みち乃く兄弟、ファニーダイア、Soichi、白雪未弥の全7アーティストが一堂に会して12月26日、埼玉・さいたま市のさいたま市民会館いわつきで<彩の国さいたまに和の華を~>と銘打ったジョイントコンサートを開いた。

三社祭の神輿を迎え、津軽三味線、相撲甚句など日本の伝統を彩るスペシャルステージで、新型コロナ感染症対策を万全にして開催。

最初に白雪が「じょんから津軽」、Soichiが「かすみ草のように」などを歌った後、SKD松竹歌劇団のOG・沢田みなみと夢乃真稀が中心となって構成されているレビューチーム「ファニーダイア」が和と洋の世界を踊りで表現する華やかなショーを披露。
そんなエンターテイメントチームの華麗なステージに続いて、今度は浅草三社祭の神輿がダイナミックに登場。浅草三社祭氏子(辰神、吉川睦、八起會、龍稲深川睦、浅草田甫睦)、約30人の担ぎ手による神輿が右往左往する中、その神輿の上に演歌歌手の桜ちかこが飛び乗り、雄叫びをあげながら日本を代表する祭礼「三社祭」が浅草からそのまま岩槻にやって来たかのような賑わいと興奮を再現させてみせた。

前半でステージは大盛り上がりを見せる中、みち乃く兄弟が、新沼謙治が作詞・作曲したオリジナル曲「帰郷」と津軽三味線曲弾きを熱唱・熱演。

そして、梓夕子が「ロックソーラン節」や「ごめんね~ありがとう」をパワフルに歌い上げた後、この日のメイン出演者の一人、桜ちかこが、みち乃く兄弟の三味線伴奏で細川たかしの「望郷じょんから」をカバーしたり、オリジナル曲「浜の恋唄」「命のかぎり」などを歌唱。
トリは増位山が務め、過去の大ヒット曲から「そんな夕子にほれました」「そんなナイト・パブ」「そんな女のひとりごと」、石原裕次郎メドレーから「赤いハンカチ」「港町 涙町 別れ町」、最新シングル「別れの彼方」など全12曲を熱唱。

その中で、司会者・池慎弥から「小さい女性は好きですか?」と質問された増位山は「女性は、小さい方のほうが愛らしくていいですね」と笑顔で答えると、小柄な桜ちかこが再びステージに登場。その桜からも「小さい女が好きですか?」と質問されると、増位山は「女性なら何でも好きです」とニッコリ。

すると桜が「リハーサルで、増位山さんとデュエットさせていただいたときに流し目で見られて、胸がキュッキュッとしちゃたんです」と言えば、増位山は「自慢じゃないですけど、歌手の方とは(浮き名を流したことは)一度もないです」と断言してから「ほかでは少しありますけれど(笑)」とジョークを飛ばしながらかつて日野美歌とデュエットして人気を博した「大阪恋めぐり」を桜と息もぴったりにデュエット。全アーティスト合わせて全26曲のバラエティーに富んだプログラムで最後まで客席を楽しませ、フィナーレは、出演者全員が勢ぞろいして幕を閉じた。
(提供:サンニュース)

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着