映画『バレンタインデー』沢山の愛に
包まれる♡

『バレンタインデー』は2010年に公開されたアメリカのロマンティック・コメディ映画です。ロサンゼルスに住む男女15人が2月14日のバレンタインデーにどのように過ごすのかが描かれています。愛を伝える日リード(アシュトン・カッチャー)には同棲中の彼女モーリー(ジェシカ・アルバ)がいます。勇気を出して、バレンタイン当日の朝に眠っていたモーリーに指輪を渡してプロポーズをすることに。驚いたモーリーでしたが、OKをもらったリードは大喜びで花屋に出勤。その頃、リードの友達の小学生教師のジュリア(ジェニファー・ガーナー)は医者である恋人のハリソンと一緒でした。バレンタイン当日は、ハリソンは出張でサンフランシスコに行ってしまいます。1人で過ごすバレンタインに気分が上がらないジュリア。その後ジュリアは、リードがプロポーズに成功したことを知り驚きました。内心ジュリアは、モーリーにOKされると思っていなかったのです。幸せなバレンタインデーを過ごすだったリードは思わぬ展開に。15人の男女が繰り広げるラブコメディストーリー。それぞれの愛の形とにかく次から次へと豪華なキャストばかり出てくるので、テンションが上がりました。多くの恋愛模様が描かれていて、登場人物の人生が絡み合っている所が面白いです。小学生の子どもからおじいちゃんまでバレンタインデーに愛を伝えようとする所が可愛くて愛おしくなります。高校生役の世界的歌手テイラー・スウィフトが照れている姿が最高に可愛くて、クセが強めのダンスも見所です。映画の挿入歌である「Today was a fairytale」も歌っていて歌詞がとってもロマンチックでストーリーにピッタリでした。恋愛の名言も沢山あって、色々な愛の形にほっこりした気持ちになれました。男女の恋愛から学ぶことが多い最高のラブストーリー映画です。【公開】2010年【キャスト・スタッフ】監督:ゲイリー・マーシャル脚本:キャサリン・ファゲイト出演:アシュトン・カッチャー   ジェニファー・ガーナー   テイラー・スウィフト   ジュリア・ロバーツ   アン・ハサウェイ

新着