舞台『hana-1970、コザが燃えた日-』
 RYO(ORANGE RANGE)からの脚本感
想コメント&松山ケンイチ・岡山天音
による沖縄取材の様子が公開

2022年1月9日(日)東京芸術劇場プレイハウスにて開幕する、舞台『hana-1970、コザが燃えた日-』。初日を迎えるにあたり、RYO(ORANGE RANGE)からの脚本感想コメントと、出演の松山ケンイチと岡山天音による沖縄取材の様子が公開された。
沖縄が本土に復帰して50周年の今年2022年。復帰直前の1970年12月20日に実際に起きたコザ騒動を背景に、日本でもアメリカでもなかった"沖縄"で必死に生きた人々を描いた本舞台。そんな沖縄県を出身地とするバンドORANGE RANGEのボーカルRYOは、主演・松山ケンイチとも映画「天の茶助」(2015)で共演したこともあり、本作にも興味を持ち、脚本を読んだ感想を寄せた。
RYO(ORANGE RANGE) コメント
RYO(ORANGE RANGE)
作品の最初のところは知っている言葉、知っている街の名前がよく出て来て、何だか嬉しくなりました。
ストーリーが進むに連れて登場人物の心境や立場が分かってきて、僕はその時にはすっかり作品の世界に入り込んでいて、最後には涙が流れていました。
地元の僕ですらこんなにも複雑な時代を、どう表現していいか分からないくらいなのに、しっかり作品として完成されている事に、驚きとリスペクトすら感じています。
とても素晴らしい作品でした。
なお、ORANGE RANGEは、NHK沖縄放送局「本土復帰50年」のテーマソングや、 同じくコザ市を舞台にした映画「ミラクルシティコザ」(1月21日沖縄先行公開)の主題歌を担当している。
本作で兄弟役を演じる松山ケンイチと岡山天音は、稽古に先立ち沖縄に向かった。実際にコザ騒動が起こった場所に立ち、その当時を知る方々の声を聞いた。その様子はNHK「おはよう日本」(1月11日放送予定)や「あさイチ」(1月14日放送予定)でも紹介される予定。二人がそこでどんなことを感じたのか、一足先に紹介。
沖縄取材の様子
■松山ケンイチ(ハルオ役) コメント
沖縄で現地の方々にお話を伺った際、僕がこの作品で演じるハルオのように、戦争で戸籍が無くなり自分の出自がわからなくなった方が実際にいらっしゃることを知りました。
また現地の方々のお話から、沖縄と本土の間には、自分たちが同じ国の住人なのかについての大きな感覚の違いがあることも実感しました。
僕自身は仕事でしか沖縄を訪れたことがありませんし、沖縄をリゾート地だと思ったことは一度もありません。
学ぶほどにつらい歴史もある島々ですが、ちむぐくる(真心)といちゃりばーちょーでー(一度会ったらみな兄弟)を大事にする現地の方々は、僕が訪れたときも温かく迎えてくださいました。
いろいろな感情を知っているからこそ、あの場所からは音楽をはじめ、いろいろな感情を伝える文化が生まれたのだと思います。
この舞台もそうなるように努めます。
■岡山天音(アキオ役) コメント
僕は日帰りではありましたが、稽古が始まる前に実際に沖縄に行きました。曇り空ということもあってか、コザの街は独特な空気を放っているように感じられました。立ち並ぶ建物のデザイン、街全体のビジュアルには、 アメリカと沖縄が混在しているかのような雰囲気が漂っていて、どういう街なのか、一言では形容しがたいものがありました。
コザでは現地の方に説明していただきながら、コザ騒動があった場所などをめぐりました。あの騒動を実際に体験された方のお話を伺うことで、自分の中に重く残るものもありました。
そこには今まで自分が知ることのなかった沖縄像がありましたし、この作品と根底でつながるものを感じます。それがどういうふうに芝居の中に流れ込んでいくのか、自分自身も楽しみにしています。

東京公演は1月9日(日)~1月30日(日)まで東京芸術劇場プレイハウスにて上演、 その後2月5日(土)、 6日(日)に大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて、 2月10日(木)、 2月11日(金・祝)に宮城・多賀城市民会館にて上演。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着