ティザービジュアルも完成

ティザービジュアルも完成

大正落語ファンタジー「うちの師匠は
しっぽがない」22年放送 制作はライ
デンフィルム

ティザービジュアルも完成(c)TNSK・講談社/春来亭活動写真部 TNSK氏による大正落語ファンタジー漫画をテレビアニメ化する「うちの師匠はしっぽがない」が2022年に放送されることが決まり、ティザービジュアルと主要スタッフが発表された。
 原作漫画「うちの師匠はしっぽがない」は、大正時代の大阪を舞台に、落語家を目指す豆狸(まめだぬき)の女の子まめだの成長と師弟愛を描く。人間たちを化かすことを夢見て淡路から大阪へとやってきたまめだは、人気落語家・大黒亭文狐の人間を化かすような芸に魅せられ、弟子入りを志願する。
 メインスタッフは、監督を山本秀世、シリーズ構成・脚本を待田堂子が務め、脚本にはほかに下林渓、皐月彩、冨樫夕歩が参加。キャラクターデザイン・総作画監督は山内遼、制作はライデンフィルムが担当する。ティザービジュアルは、「豆狸、落語家になる!」というキャッチコピーとともに、笑顔を浮かべるまめだと文狐が描かれている。
 また1月7日発売の原作コミックス第7巻の電子限定特装版では、キャストとスタッフの最速インタビュー(まめだ役のM・A・O、文狐役の山村響、山本監督、脚本担当の待田)やアニメ版のキャラクター設定画が初公開される。

アーティスト

新着