【仲村瞳の歌謡界偉人名言集】#232
歌手・杉良太郎の言葉

作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、バンドマン、振付師、……そして、歌手。きらびやかな日本の歌謡界を支えてきた偉人たちを紹介するとともに、その方々が発したエネルギー溢れる言葉を伝えます。常軌を逸した言動の裏に、時代を牽引したパワーが隠されているのです! このコラムで、皆様の生活に少しでも艶と潤いが生まれることを願います。

お金のあるひとは、お金を寄付しましょ
う。お金のない人は、自分の時間を寄付
しましょう。お金も時間もないのなら、
福祉に対して理解をしましょう

より

このインタビューでは、「介護や福祉の輪をどのようにして広げていけばいいのか?」という問題を「芸能57年、福祉62年」と謳う杉良太郎に問いかけている。今回の名言は、その質問に対しての杉の答えである。もし実践されれば、それが「福祉家ですよ」と主張する杉。デビュー前の15歳の頃からボランティア活動を始め、盲学校の支援や刑務所慰問、海外(中国、バングラディシュ、ベトナム)での学校の設立、熊本地震の被災地への差し入れや慰問など、様々な活動を続けてきた。東日本大震災の後は、風評被害で売れなくなった野菜を買い取って炊き出しを行ったり、援助が不足する集落を探して灯油や水、食料を届けたと振り返る。あるテレビレポーターが、炊き出しに並ぶ被災者に対応する杉に「これもやっぱり売名ですか」という言葉を投げかけてきたそうだ。杉は、「売名に決まってるじゃないですか。あなたも売名でいいからやりなさい」と返したと明かす。「こうしたことをいうのは、自分でなにもしない人たち、一歩、踏み出せない人たちです。自分はなにもしないけど、人がやると売名という。だから私は、売名でもなんでもいいからやりなさいと言うんです」と杉。長い間、福祉活動を続けてきたからこその重みが感じられる言葉だ。誰もが関係のあることであり、一人でも多くの人に知ってほしい。ボランティア精神を蔑むようなことをしない社会になってほしいと願うばかりだ。
杉良太郎(すぎりょうたろう)
1944年8月14日生まれ、兵庫県神戸市出身。歌手、俳優、慈善家、シンガーソングライター、プロデューサー。幼少の頃、苦労する母の姿を見て「楽にさせたい」との思いから歌手を目指すようになる。様々なのど自慢大会に出場の後、1965年、日本コロムビアから「野郎笠」でレコードデビューを果たす。1966年、日活に所属。『燃えよ剣』(テレビ東京)で俳優デビュー。1967年、テレビ時代劇『文五捕物絵図』(NHK)の主役に抜擢され人気を博す。以後、『遠山の金さん』『右門捕物帖』(テレビ朝日)、『新五捕物帳』(日本テレビ)、『一心太助』『同心暁蘭之介』(フジテレビ)、『大江戸捜査網』『喧嘩屋右近』(テレビ東京)など、時代劇を中心にテレビや舞台などで俳優として活躍していく。1975年、CBSソニー移籍後の第一弾シングル「なやみ」をリリース。1976年、テレビ時代劇『遠山の金さん』のエンディングテーマに使用された「すきま風」が大ヒット。累計100万枚以上の売り上げを記録し、杉の代表作となる。1996年、15歳から続けていた刑務所慰問の功績が認められ法務省より史上初となる『名誉矯正監』に任命される。1997年、日本とベトナム社会主義共和国との親善に努めたことが評価され、ベトナム社会主義共和国国家主席チャン・ドゥック・ルオンより友誼勲章を受章。2008年、大阪新歌舞伎座にて山本譲二山川豊を主役に迎えた公演『闇の身代り地蔵』を初プロデュース。同年、法務大臣より『特別矯正監』を任命される。受刑者更生支援等奉仕者として芸能人で初の緑綬褒章を受章。2009年、紫綬褒章を受章。2012年、阪神・淡路大震災(1995年1月17日)や東日本大震災(2011年3月11日)などでの人道支援活動の功績が評価され、オーストリア・アルベルト・シュバイツァー協会より『アルベルト・シュバイツァー章』を受章。2022年1月19日、両A面シングル「世界の中で / ありがとうの詩(うた)」をリリース。ボランティア活動と芸能活動をともに精力的に続けている。
仲村 瞳(なかむらひとみ)
編集者・ライター。2003年、『週刊SPA!』(扶桑社)でライターデビュー後、『TOKYO1週間』(講談社)、『Hot-Dog PRESS』(講談社)などの情報誌で雑誌制作に従事する。2009年、『のせすぎ! 中野ブロードウェイ』(辰巳出版)の制作をきっかけに中野ブロードウェイ研究家として活動を開始。ゾンビ漫画『ブロードウェイ・オブ・ザ・デッド 女ンビ~童貞SOS~』(著・すぎむらしんいち/講談社)の単行本巻末記事を担当。2012年から絵馬研究本『えまにあん』(自主制作)を発行し、絵馬研究家としても活動を続ける。2014年にライフワークでもある昭和歌謡研究をテーマとした『昭和歌謡文化継承委員会』を発足し会長として活動中。

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着