アニメ版ではキャラクターがコミカルな姿で登場する

アニメ版ではキャラクターがコミカルな姿で登場する

オンライン麻雀ゲーム「雀魂」4月に
TVアニメ化 監督は森井ケンシロウ

アニメ版ではキャラクターがコミカルな姿で登場する(c) 2019 Soul Games, Inc.(c) 2019 Yostar, Inc. All Rights Reserved. オンライン麻雀ゲーム「雀魂(じゃんたま)」のテレビアニメが決定し、「じゃんたま PONG☆」のタイトルで4月から放送されることが分かった。
 「ぐらぶるっ!」の森井ケンシロウが監督を務め、SCOOTER FILMSがアニメーション制作を担う。SCOOTER FILMSは、DMM.futureworksからアニメ制作部門(ダブトゥーンスタジオ)の譲渡をうけて2021年9月に設立されたツインエンジンのグループスタジオだ。
 「雀魂」はプレイヤーのアバターとなるキャラクターを選択して全国のプレイヤーと対戦できるゲーム。キャラクターの声には井口裕香内田真礼小清水亜美らが起用されている。中国のキャットフードスタジオが開発・配信し、日本版の運営は「アズールレーン」で知られるYostarが行っている。

新着