元宝塚歌劇団男役スター・麻央侑希、
川崎麻世、YU-KI (TRF)らが出演 
舞台『夜明けのうた』開幕

2022年1月13日、舞台『夜明けのうた』が渋谷区文化総合センター大和田さくらホールで開幕した。
本作は、創業から109年を迎える日本最古の映画会社・日活の歴史の中で、絶大な人気を誇り数多くの観客を動員し、黄金期を代表する「日活歌謡映画」を舞台化。石原裕次郎小林旭赤木圭一郎吉永小百合、浅丘ルリ子といった銀幕の大スターが演じ、スターが歌ってきた日活歌謡映画を、麻央侑希、中村麗乃(乃木坂46)、武子直輝、市川美織、日向野祥、富永勇也、森脇和成、小沼将太らで令和の時代に蘇らせた。さらに岸洋子役としてYU-KI(TRF)が、そして川崎麻世が物語に深みを与える。
舞台『夜明けのうた』 (c)日活 (c)舞台「夜明けのうた」製作委員会
舞台『夜明けのうた』 (c)日活 (c)舞台「夜明けのうた」製作委員会
初日を前に報道陣に向けゲネプロが公開され、さらにメインキャストから一言ずつ意気込みが語られた。
(c)日活 (c)舞台「夜明けのうた」製作委員会
緑川典子役:麻央侑希
この役は私にとって初挑戦のことがたくさんありまして、 とても緊張しておりますが、 (コロナ禍で延期となった)1年を経て、 皆さまにこの作品をお届けできることを嬉しく思っております。 まだまだ厳しい状況ではございますが、 気を引き締めて、 そして心を込めて緑川典子という役をお見せしたいなと思います。
真木耕作役:川崎麻世
1年経ってやっとこの日がきたという想いが強いです。 この「夜明けのうた」という映画は僕が生まれた頃の作品です。 この時代のことは非常に覚えておりますし、 その後俳優生活で「日活歌謡映画」に出演されていた俳優さん達とも何度もご一緒しております。 ちょうど「夜明けのうた」の映画で主人公を演じた浅岡ルリ子さんにも作品の話をしましたら、 観にきてくださるそうです。 昭和のスターの迫力に負けないよう、 一層気を引き締めて頑張りたいと思います。
岸洋子役:YU-KI(TRF)
音楽業界からやってきました。舞台は久しぶりなのですが、このような状況下の中、こうやってステージに立てること、 お客様にご覧いただける喜びを噛み締めております。岸洋子さんは実在した大先輩であり、憧れの方です。岸洋子さんにリスペクトを込めてステージに上がりたいと思います。そして、お客様には観終わったあと、キラキラとした希望の光が降ってくるような作品にしたいと思います。
小林千加子役:中村麗乃(乃木坂46)
一年越しの上演ですが、 新しいキャストの皆さんとも一緒にこうして公演できることをとても嬉しく思います。 お客様にもこの作品のパワーをしっかり届けられるように、 千秋楽まで頑張っていきたいです。
丸山利夫役:武子直輝
1965年に誕生した「夜明けのうた」という作品ですが、 2022年までさまざまな歴史が続いており、 その度に必ず「夜明け」はあったはずなのですが、 昨今の世の中は非常に厳しい状況が続き、 エンターテインメントもかなり苦しい中で頑張っております。 その中でもきっと新しい明日への希望や夜明けは必ずくると信じてますので、 今、 僕らがこの作品を上演する意味がお客様に届き、 皆様にとって明日が素晴らしい日になるように祈りながら演じたいと思います。
明子役:市川美織
明子は舞台版のオリジナルキャラクターなのですが、 他の方と時代設定が違い、 唯一現代の人の役です。 明るい役ですので、 私が登場した時には、 パッと明るくなったり、 ホッとできるような役として演じていきたいです。 お客様と一緒に舞台上のアルバムをめくって、 作品を盛り上げていきたいです。 劇中のセリフに、 色んなことがあって今があるというようなものがあるのですが、 本当にそうだなと共感しています。 お客様もきっと共感できるところがあると思います。 ぜひご覧ください。
野上大輔役:日向野祥
この作品は、 さまざまな生き様や葛藤や希望が描かれています。 きっと観てくださった方が自分の人生と重ねたりできるのではないかと思っております。 観終わった時に、 少しほっこりするような、 そして温かい気持ちになってもらえれば嬉しいです。
藤木明役:富永勇也
ようやく初日を迎えられることを本当に嬉しく思います。 この作品のテーマがすごく共感できると思います。 劇場の扉の向こう側に、 ぜひ感じた何かを持ち帰っていただければ嬉しいです。
中原(演出家)役:森脇和成
話そうと思っていたことが、 全て他のキャストの皆さんが代弁してくださいました(笑)キャストの皆さんと同じ気持ちです!!とにかく皆さんの足を引っ張らないように頑張ります!
加納慎一役:小沼将太
1945年に日本は終戦を迎え、 映画「夜明けのうた」は1965年公開。 歴史はおおよそ20年で大きく変わるのではないかと思っております。 その20年、 日本は「生きる」というパワーに溢れ、 そのパワーが作品にも込められているように思います。 そのパワーを観にきてくださるお客様にも伝えていきたいです!

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着