L→R ゆきやま(Dr)、たかはしほのか(Vo&Gu)、海(Ba)

L→R ゆきやま(Dr)、たかはしほのか(Vo&Gu)、海(Ba)

【リーガルリリー インタビュー】
輝き方はたくさんあるから
自分だけの光り方を探すしかない

2021年に発表した「風にとどけ」「アルケミラ」「東京」を収め、楽曲の純度、3ピースバンドとしての強度をさらに高めた作品に仕上がったアルバム『Cとし生けるもの』。1stアルバム『bedtime story』(2020年発表)から2年間の経験を美しく、愛おしいロックミュージックに昇華させた本作の制作について語ってもらった。

他者に向けて
開けたアルバムになった

前作以来、約2年振りとなるニューアルバム『Cとし生けるもの』は、この2年の軌跡が詰まった素晴らしい作品だと思います。

たかはし
ありがとうございます。この2年間、ずっと曲を作っていましたね。ひと月ごとに気温や着る服、気になることも違って、作る曲も自分で分かるくらいに変わっていって。それをアルバムとしてやっと出せたのはすごく嬉しいです。
自分たちとしては、開けたアルバムになったと思っています。歌詞やメロディーもそうなんですけど、他者に向けているというか、誰かに伝えようとしている曲たちが揃ったなと。今までのリーガルリリーらしさを残しつつ、新しいステージに行けた作品だと思うし、今まで応援してくれていた人以外にも届いたらいいですね。

なるほど。ゆきやまさんも開けたアルバムになった感覚はあります?

ゆきやま
ひしひしと感じています。メロディーも洗練されていて、アレンジを考える時も“このきれいな状態をいかに損なわずに押し出すか”を意識していたんですよ。ドラムもかなりすっきりしています。この曲の雰囲気を活かすには曖昧な感じよりも、はっきりした音のほうがいいと思う曲が多かったので。

たかはしさんが曲を書く時点で、“外に向ける”という意識もあったんですか?

たかはし
自分が一番救われる方法を考えた結果ということなのかなと。例えば何かを学んだ時、人に教えることでより頭に入ることってあるじゃないですか。それと一緒で、人に向けて歌うと自分が救われるんですよ。自分たちの曲を聴いても“君”という歌詞があると、“私に向かって歌ってるんだな”と思うし。自分のために作った曲が人のためにもなっているというのかな? いろんな方法があると思うんですけど、ひとまずはそんな感じです。

音楽を作ったり、届けることで、救われたいという気持ちがあるんですね。

たかはし
そうですね。生きれば生きるほど記憶の選択ができるようになると思うんですけど、悪い選択をしてしまった時のお守りになるものが、いつの時代にも大事だなって。

なるほど。確かに過去の出来事や記憶をどうとらえるかによって、その後の生き方も大きく変わってきますからね。音楽はお守りになりそうな気がします。

たかはし
私の中では、メロディーがお守り袋みたいな感じなんですよね。ゆきやまのメロディー、海ちゃんのメロディー、私のメロディーが袋で、その中に言葉(歌詞)があるようなイメージで曲を作っています。みんなはどう思っているか分からないけど(笑)。

(笑)。海さんはどうですか? 自分たちのために音楽をやっているところもある?

今まではそっちのほうが大きかったと思います。“おばあちゃんになった時に聴ける曲が欲しい”じゃないけど(笑)。自分たちが好きなものを詰め込めば、それがいつか自分たちにも戻ってくるという感じがしていたので。
ゆきやま
うん。“ほのかが作る曲のために”という側面もありつつ、自分が楽しまないと仕様がないというかね。今回も“ここは好きなようにやらせてください”とエゴを出すことも結構ありました(笑)。
だから、みんなの好みを詰め込みましたね。周りの人のことも考え始めたのは最近なんですよ。この2年間いろんなことがあって、“あの人にも届いてほしい”と思うことが増えました。
ゆきやま
そうだね。

意識が外に向いたことが、アルバムのポップ感につながっているのかも。Cとし生けるもの”というタイトルについては?

タイトルは私が考えました!
ゆきやま
説明をどうぞ!
ふふふ(笑顔)。曲が出揃った時、自分と他人を比較して“自分の輝きってどうなんだろう?”と思い返すような曲が多いなと気づいたんです。私たちは弱いけど、輝き方はたくさんあるし、自分だけの光り方を探すしかないんですよね。その全てを肯定するというか。
ゆきやま
うんうん。
“C”は炭素を示しているんですけど、他の元素とのつながり、かかわり方によって、黒鉛にもなるし、ダイヤモンドにもなるんです。その落差が人間っぽいと思うし、黒鉛にもダイヤモンドにもそれぞれの光り方があるんじゃないかなって。私たちはそうやって生きているから、炭素の“C”と“生きとし生けるもの”を合わせてタイトルにしました。

すごく深い意味があるんですね。

こうやって意味を話すことができる場をいただけて嬉しいです。“そのタイトル、伝わる?”みたいな意見もあったんですが、押し通させてもらったので(笑)。
ゆきやま
みんなで一緒にいる時に、海ちゃんがポロッと“Cとし生けるもの”と言って、その場で“そうしよう!”という感じで決めたんです(笑)。
たかはし
カッコ良い!と思いましたね。アルバムの題名で悩んでいたんですけど、海ちゃんがこのタイトルを出してくれて。その言葉の光り方がすごかったから、みんなで拾いました。
L→R ゆきやま(Dr)、たかはしほのか(Vo&Gu)、海(Ba)
アルバム『Cとし生けるもの』【初回生産限定盤】(CD+Blu-ray)
アルバム『Cとし生けるもの』【通常盤】(CD)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着