ずっと真夜中でいいのに。 新曲「袖
のキルト」がAmazon Original映画『
HOMESTAY(ホームステイ)』主題歌に
決定(コメントあり)

ずっと真夜中でいいのに。の2月16日(水)に発売されるミニアルバム『伸び仕草懲りて暇乞い』に収録される新曲「袖のキルト」が、Amazon Original映画『HOMESTAY(ホームステイ)』主題歌に決定した。
これは自身のYouTube Liveで発表されたもの。このYouTube Liveでは『伸び仕草懲りて暇乞い』の全収録曲も合わせて発表された。
Prime Videoは、森絵都の名作小説『カラフル』を実写映像化したAmazon Original映画『HOMESTAY(ホームステイ)』を2月11日(金)より、プライム会員向けに世界同時配信する。本作は、一度死んでしまった高校生・小林真の身体に乗り移る(ホームステイする)ことになった魂・シロが、100日間という期限の中で真の“死の真相”を探ってゆく感動のミステリー。Amazonが製作する初の邦画作品の主演を務めるのは長尾謙杜(なにわ男子)。出演作が相次ぐ女優・山田杏奈と八木莉可子を共演に迎え、瀬田なつきが監督を務める。
死んでしまった高校生・小林真の体に乗り移った主人公シロの心の成長を鮮やかに彩るのは、2018年に動画投稿サイトで発表されたミュージックビデオ「秒針を噛む」のヒット以降、デビューと同時に快進撃を続けているずっと真夜中でいいのに。。『HOMESTAY(ホームステイ)』の為に新曲「袖のキルト」を書き下ろした。「袖のキルト」は、作詞・作曲・ボーカルを務めるACAねが本作を鑑賞し、そこから生まれるイメージを楽曲に落とし込んだもの。今回の楽曲提供は、若者の孤独感や揺れ動く感情をありのままに表現してきたずっと真夜中でいいのに。と、本作のミステリアスで感動的な世界観がマッチしたことにより実現した。
ずっと真夜中でいいのに。は2月16日(水)にミニアルバム『伸び仕草懲りて暇乞い』を発売し、4月16日(土)・17日(日)には自身初のさいたまスーパーアリーナでの単独公演『Z FACTORY「鷹は飢えても踊り忘れず」』を開催する。
(c)2022 Amazon Content Services LLC
ACAね(ずっと真夜中でいいのに。)コメント
原作の『カラフル』は学生の頃、強く影響を受けた小説のひとつでしたので今回映画『HOMESTAY』として主題歌を担当させて頂きとても嬉しかったです。シロのおかげで編み出された感情がありました。話せた喜びもうまく話せない蟠りも、全部ひっくるめて、耐久も保温も強めな僕の意志です。当時思い悩んでた覚束ない自分にも観せたい作品でした。是非曲も合わせてごらんください。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着