作曲家・湯山昭のトリビュート・コン
サートが東京で開催 7組のプレイヤ
ーが参加、プロデュースは実娘の湯山
玲子

日本のクラシック音楽史上、最も大衆に愛された作曲家・湯山昭のトリビュート・コンサート『湯山昭の音楽』が2022年3月27日(日)に東京オペラシティ コンサートホールで開催されることが決定した。2021年2月に岐阜・高山で初演され好評を博した本コンサート。一夜限りの公演であったため、クラシック・ファンや好事家の間から再演が望まれており、この度、再演が東京で実現する。
湯山昭の音楽/ティーザー映像
湯山昭は「おはなしゆびさん」「あめふりくまのこ」、「お菓子の世界(150重版を誇るピアノ曲集)」といった童謡から器楽曲「マリンバとアルト・サクソフォーンのためのディベルティルメント」、「ゆうやけの歌(伝説の男声合唱曲)」「葡萄の歌」などの合唱曲など、幅広い分野での数々の名作を世に送り出している。戦後に頭角を現した作曲家の中では、多くの人々が彼の曲を演奏し、口ずさんだという点で、最も大衆に愛された存在。その一方で、湯山昭が1960~70年代に発表した器楽曲、歌曲、合唱曲は、実験的かつモダンでアヴァンギャルドだ。
湯山昭
コンサートでは自身が湯山昭ファンを公言してはばからない作曲家にしてピアノの名手、新垣隆(ピアノ)を始めとして、新垣隆(ピアノ)、林正子(ソプラノ)、上野耕平(サクソフォーン)、池上英樹(マリンバ)、福田廉之介(ヴァイオリン)、ロー磨秀(ピアノ)、THE LEGEND(男声オペラユニット)といった鬼才、俊才プレイヤーたちが集結。印象派の楽曲を思わせる色彩豊かな和声感、ジャズのモードをスパイスのように効かせためくるめく色彩感、日本語の歌詞と渾然一体となった抒情など、湯山昭が書いてきた作品群をトリビュートを込めて演奏する。
湯山玲子
コンサートの選曲・プロデュースには初演に引き続き"多分、世界中で一番、湯山昭の音楽を聴いている!"という娘・湯山玲子が担う。「子バカと言われようと、父、湯山昭の作品群は、音楽の奇跡というべき魅力に満ちている!」と、昭和の作曲家の掘り起こしが始まっているSNS時代だからこそ、体験して欲しいと思いを語る。
チケットは、一般発売に先駆け1月20日(木)10:00より、先行受付(先着)がスタートする。詳細は公式サイト参照。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着