Official髭男dism「ペンディング・マシーン」で描かれているのはネット社会?韻踏みだらけの歌詞の意味を考察!

Official髭男dism「ペンディング・マシーン」で描かれているのはネット社会?韻踏みだらけの歌詞の意味を考察!

Official髭男dism「ペンディング・マ
シーン」で描かれているのはネット社
会?韻踏みだらけの歌詞の意味を考察

「ペンディング・マシーン」の歌詞はネット社会の風刺?

Official髭男dism-ペンディング・マシーン【OFFICIAL MUSIC VIDEO】
4人組バンド・Official髭男dismの『ペンディング・マシーン』は、2021年8月にリリースされたアルバム『Editorial』の収録曲です。
ペンディング・マシーン 歌詞 「Official髭男dism」
https://utaten.com/lyric/mi21080511
そんな歌詞の通り「Wi-Fi環境のない」宇宙に行った4人を描いたMVが、2021年12月20日に公開されました。
『ペンディング・マシーン』の作詞作曲は、ボーカルの藤原聡が担当。
「行きたい」「額(ひたい)」「和気藹々(わきあいあい)」など韻踏みだらけの歌詞も、聴いていて心地いいと感じるのではないでしょうか。
楽曲にどんな想いが込められているのか、『ペンディング・マシーン』の歌詞の意味を考察していきましょう。
ペンディング・マシーン 歌詞 「Official髭男dism」
https://utaten.com/lyric/mi21080511
こちらは戻って曲冒頭の歌詞になります。
誰かが経験した辛い出来事や鬱憤、悲しいニュース。
日常生活にインターネットが欠かせない存在になった今、嫌でも目につく機会が増えましたよね。
しかし、すべてを自分の身に起きた出来事のように受け入れていたら心が持たないでしょう。
ペンディング・マシーン 歌詞 「Official髭男dism」
https://utaten.com/lyric/mi21080511
「型落ち」はPCや車などで新型が出た時に、それまで出回っていた製品に対して使われる言葉です。
歌詞中では、急速に発達したネット社会と上手く付き合っていけない自分を表現しているのではないでしょうか。
後半で「笑みを」と「anymore」で韻を踏んでいるのも気持ちいいですね。
ペンディング・マシーン 歌詞 「Official髭男dism」
https://utaten.com/lyric/mi21080511
「SNSを見るのが辛いなら辞めてしまえばいい」と言う人もいるかもしれません。
ただし、SNSで他人と繋がるのが普通になった今、それらを断ち切るのはかなり勇気がいることでしょう。
SNSをやらないことで、周りから「つまらない奴」と思われてしまうかもしれません。
「黙って」「休まして」と本当は叫びたい主人公。
結局叫びは声にならず、今も主人公の中で眠っているようです。
コメントや「いいね」の数で競いあう人たち

ペンディング・マシーン 歌詞 「Official髭男dism」
https://utaten.com/lyric/mi21080511
SNSではコメントや「いいね」など、周りからの反応を可視化できるのも特徴。
コメントや「いいね」の数を通して、自分自身の評価を測ろうとしている人もいるのでしょう。
そして、人気者になりたいがために自分を盛って投稿することも。
そんな競い合いで得た栄光は、本当に喜べるものなのでしょうか。
ペンディング・マシーン 歌詞 「Official髭男dism」
https://utaten.com/lyric/mi21080511
しかし、主人公1人が異議を唱えたところで、簡単に変わる世の中ではないでしょう。
2番のサビは、「もうやめろ」と言いたいのに言えない主人公の心情を表しているように思えます。
「哺乳類人間様」の言い方からも、主人公の苛立ちが感じられそうですね。
ネットと上手く付き合う手段とは

ペンディング・マシーン 歌詞 「Official髭男dism」
https://utaten.com/lyric/mi21080511
ネット社会を上手く生きていくために、主人公は1つの方法に行き着いたのでしょう。
主人公が思いついた方法とは、「一時的にネットから離れてみること」。
実際に、近年では「デジタルデトックス」という言葉も生まれていますよね。
もちろん、SNSやネット記事を見ないことで流行や大切な情報を逃してしまうかもしれません。
しかし、ネットの情報を一時的に遮断するだけでも、目にする景色はぐっと変わるはずです。
ペンディング・マシーン 歌詞 「Official髭男dism」
https://utaten.com/lyric/mi21080511
心の平静を保つための解決手段に辿り着いた主人公。
「はい。」の歌詞に「。」がついている点からも、「もう終わり」と主人公がネットを断ち切っている様子が浮かびそうですね。
最後は「さようなら」ではなく「またね」であるように、いつか再び主人公はネット社会に戻らなくてはならないのかもしれません。
しかし、「通知はすべて切る」「PCやスマホの電源を落とす」などの対策をするだけでも、心が楽になるのではないでしょうか。
タイトルの『ペンディング・マシーン』は「ベンディングマシーン(自動販売機)」をもじったものと思われ、「ペンディング」には「保留」「先送り」などの意味があります。
疲れた時はネットの中に生きる自分を一旦「保留」にすることで、ネット社会と上手く付き合っていこうという意味が込められているのかもしれませんね。
MV公開もあわせてOfficial髭男dismからのメッセージ?
Official髭男dism『ペンディング・マシーン』の歌詞の意味を考察しました。
歌詞だけ見ると皮肉めいた言葉が並ぶ楽曲ですが、ノリのよい曲調でポップな印象に仕上げている点にヒゲダンの凄さを感じられますね。
なお、アルバム『Editorial』で『ペンディング・マシーン』の後に収録されているのが『Bedroom Talk』。
『ペンディング・マシーン』と同じくネット社会を背景に作成したと思われる楽曲です。
そんな『Bedroom Talk』も2021年11月にリリックビデオが公開されました。
アルバム曲の中でもこの2つをMVとして公開したのは、「ネットとの付き合い方を考えてみよう」というヒゲダンからのメッセージなのかもしれませんね。

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着