オレンジスパイニクラブ、ドラマ『#
居酒屋新幹線』エンディング曲「799
7」のミュージックビデオを公開

オレンジスパイニクラブの新曲「7997」(読み方:ななきゅーきゅーなな)のミュージックビデオが、本日1月19日(水)20:00にYouTubeで公開された。
「7997」は1月19日(水)にデジタルリリースした新曲で、MBS/TBSドラマイズム『#居酒屋新幹線』エンディング曲として放送中。ギターのスズキナオトによる楽曲で、オレンジスパイニクラブらしい小気味良いミディアムテンポのフォーキーなロックとなっている。軽快なリズムと口ずさみたくなるサビが印象的で、出会いを歌った歌詞も味わい深く沁みてくる楽曲だ。
ロケ地はメンバーの地元である茨城県のひたちなか海浜鉄道。懐かしさを感じる電車や駅のホームを舞台に、メンバー4人が出演している。監督は「37.5℃」以来の再タッグとなる映像作家のエリザベス宮地が務め、フィルムでの撮影を取り入れたものとなっている。なおオレンジスパイニクラブの公式Instagramでは「7997」ミュージックビデオ撮影時のオフショット写真を掲載中。
その他にも日本テレビ系「スッキリ」の1月テーマソングとして、インディーズ時代からライブでも人気のある「みょーじ」が放送中。3月にはオレンジスパイニクラブ10th anniversary live 「cherry&orange」の開催が決定、5月は主催対バンツアーを開催予定。
エリザベス宮地 コメント
ゆりかごの記憶は全くありませんが、電車の揺れが落ち着くのは、それに似ているからでしょうか。
冬のやさしい光が差し込んでいたりなんかしたら、尚更です。
「7997」を聴いていたら、いくら寝過ごしてもいいような、行き先のない電車の旅に出たくなりました。
「7997」ミュージックビデオ

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着