岸井ゆきの主演の映画『ケイコ 目を
澄ませて』、ベルリン国際映画祭・エ
ンカウンターズ部門への出品が決定

映画『ケイコ 目を澄ませて』が、2月10日からドイツで開催される『第72回ベルリン国際映画祭』のエンカウンターズ部門に正式出品されることが決定した。
『ケイコ 目を澄ませて』は、元プロボクサー・小笠原恵子氏の自伝『負けないで!』を映画化したもの。『きみの鳥はうたえる』の三宅唱監督がメガホンをとり、両耳が聞こえないプロボクサー・ケイコと、視力を失いつつあるトレーナー・笹木の交流を描いた作品だ。主演の岸井ゆきのが演じるのは、生まれつきの難聴と付き合いながらプロボクサーとなった主人公・ケイコ。また、三浦友和がケイコを受け入れるジムの経営者/トレーナーの笹木を演じている。さらに、笹木会長の妻役で仙道敦子、ジムのトレーナー役で三浦誠己と松浦慎一郎が出演。そのほか、佐藤緋美、渡辺真起子、中村優子、中島ひろ子らがキャストに名を連ねている。
本作が出品される「エンカウンターズ部門」は、2020年より新設されたコンペティション。新しい視点を含む大胆な作品や革新的な監督の発掘に重きを置き、優れたインディペンデント作品や多様性のある物語が選出されるという。『ケイコ 目を澄ませて』が受賞すれば、日本人監督としては同賞初の受賞となる。三宅唱監督は、2019年に『きみの鳥はうたえる』が第69回ベルリン国際映画祭フォーラム部門に出品されており、監督作としては2回目の同映画祭出品を果たす。

岸井ゆきの
『ケイコ 目を澄ませて』がベルリン国際映画祭のエンカウンターズ部門に選出されました。
映画が好きで、すがりついて、幾度となく救われてきました。その舞台に俳優として立てるということ、言葉では言い表せない熱いものがあります。ひとまず、嬉しくて嬉しくて溢れんばかりの感謝となみだ。
海を越えて言語を超えて、皆様に届きますように。
三浦友和
小さな作品がベルリンに旅します。
監督とスタッフ、出演者。我が子の旅立ちを誇らしく送り出します。
より大きく育って皆さんに見て頂けるよう願っています。
三宅唱(監督) 
国際映画祭とは、普段は異なる環境や言語で生きる人々がともに、スクリーンに映るもう一つの宇宙をはじめてみつめる、出会いや遭遇の場でもあると受け止めています。本作は製作中からたくさんの新たな出会いに恵まれました。このたび初上映となる機会に冠された「エンカウンター」という言葉に、良い縁を感じています。多くの方が、最高に素晴らしい役者たちに出会い、驚く日が楽しみです。
カルロ・シャトリアン(ベルリン国際映画祭アーティスティック・ディレクター)
三宅唱監督の新作映画は、無駄なものを削ぎ、私たちの社会の中心に横たわる何か、つまりすべての人が限界を超えてでも自分を表現できる可能性を描いた映画だと感じます。主人公・ケイコの強さと、彼女の演技の緻密さに心を動かされ、田舎ではなく都会でもない、輪郭がぼやけ始める町を舞台に繰り広げられる人間の生活や、ドラマの語り口に強く訴え掛けられ、驚かされました。
あわせて解禁された場面写真では、二人三脚でトレーニングに励む主人公・ケイコとジムのトレーナー・笹木のふたりの姿が切り取られている。
『ケイコ 目を澄ませて』は2022年 全国ロードショー。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着