物語を見守る目線でのレギュラーナレーションはシリーズ初

物語を見守る目線でのレギュラーナレーションはシリーズ初

「プリキュア」新作で女優の宮崎美子
がナレーション担当 作中で“正体”
が明かされる趣向も

物語を見守る目線でのレギュラーナレーションはシリーズ初(c) ABC-A・東映アニメーション 「デリシャスパーティー・プリキュア」(※「・」は白ぬきハートマーク)に、女優の宮崎美子がナレーションとして参加することが分かった。
 「ごはんは笑顔」がキーワードの「プリキュア」シリーズ第19弾の同作は、世界中のおいしいお料理が集う街・おいしーなタウンが舞台。家がそれぞれ飲食店を営む3人の中学2年生女子が、エナジー妖精の力を借りてプリキュアに変身する。新人声優の菱川花菜、清水理沙、井口裕香がプリキュア役を演じる。
 プリキュア以外による、物語を見守る目線でのレギュラーナレーションは、テレビアニメ「プリキュア」シリーズで初。作品のなかで“ナレーションの正体”が明かされていく趣向もあり、なんらかのかたちで物語にも関わる役どころになると思われる。
宮崎美子 シリーズディレクターの深澤敏則は宮崎の起用理由について、「宮崎さんの柔らかく優しい声は、作品の雰囲気にピッタリだと考えました。プリキュアを見守る存在として、宮崎さんのナレーションが作品を支えてくれることを嬉しく思います」とコメントしている。
 「デリシャスパーティー・プリキュア」は2月6日午前8時30分から、ABCテレビ・テレビ朝日系列全国24局ネットで放送開始。宮崎のコメント全文は以下のとおり。
【宮崎美子(ナレーション)】
Q:プリキュアに出演することが決まったときの感想を教えてください。
実は会社に送られてきた「デリシャスパーティ・プリキュア」のキャストオーディション情報を見て、これ受けたい!! と、新プリキュアのセリフを練習していました。
そうこうしているうちにオーディション応募期日が過ぎてしまいました。そもそも、受けられたのかどうかですが。
それでも、とにかくアニメの声のお仕事がしたくて、ひょっとして私が出来る何か役があるかもと思ってたら、まさか! ありました。すごくうれしかったです。
毎年、プリキュアのカレンダーを入手して大事にしていたのですが、本当にその中の一員になれるなんて信じられないうれしさです。
ただ、不安も少しあります。他の皆さんは声優のプロの皆さんですし……ですが、新人のような気持ちで楽しんでやってみようという気持ちでいます。
Q:宮崎さんが感じるプリキュアシリーズの魅力を教えてください。
女の子たちが、元気に前をむいて、頑張る姿がこれほど世の中を明るくするのかと思います。
自分のためではなくて、仲間のために頑張るのが良いですし、見ているみんなが、この仲間になりたいという気持ちになるのも分かります。
Q:本作の大きなモチーフでもある【ごはん】。【ごはん】をとおして笑顔になったり、あたたかい気持ちを感じたりなど、【ごはん】に対する思いやエピソードがあれば教えてください。
ごはんは大事!
今はこのコロナ禍で、学校でもお友達同士お話をしないで給食やお弁当を食べないといけないなど、我慢していることも多いと思います。
本当はこうじゃないよ。食事をとることの楽しさ、食べることは楽しいことだよ。
ちゃんとご飯を食べて、元気いっぱい動けることは楽しいことだよ。ということを、皆さんにお伝えしたいと思います。

アーティスト

新着