2年ぶり新作EP『My Own Boss』本日
配信 JNKMN、Reddy、A.G.O、dubby
bunnyら参加

大門弥生が新作EP『My Own Boss』を本日1月25日(火)にリリースした。
およそ2年ぶりのEPとなる今作は、独立、コロナ禍、出逢い、別れ――変わりゆく環境で経験したことを元に、前作となる3部作『Girls』シリーズから“Woman”になっていく姿を等身大に描いた作品集だという。アートと独創性をコントロールし、自身のアイデンティティを取り戻す。そんな作品に仕上がっている。

客演にはYENTOWNのラッパー・JNKMNと韓国のラッパー/シンガー・Reddyを迎え、プロデューサー陣にはXLII、dubby bunny、D-BO¥S、Daddy Dragon、A.G.O、DJ KANJIらが参加。ダンスホール、アフロビーツ、ヒップホップを融合させた大門弥生らしいオリジナル“Kansai Bad Gyal”スタイルを展開する全5曲を収録。アートワークではフランス人活動家/アーティスト、Karine Guillerminが参加し、現代アートと融合した作品を完成させた。

なお、3月には米テキサス州にて開催される大型フェス『SXSW』の出演も決定し、春には全国でクラブ・ツアーも開催予定とのこと。続報を楽しみに待とう。
大門弥生


【リリース情報】

大門弥生 『My Own Boss』

Release Date:2022.01.25 (Tue.)
Label:YAYOI DAIMON / M.A.U Collective
Tracklist:
1. Sin Miedo (pro.XLII)
2. M.O.B ft JNKMN (pro.dubby bunny, D-BO¥$)
3. Top Gyal (pro. Daddy Dragon)
4. Chill Like A Midnight ft Reddy (pro.A.G.O, Gt. dubby bunny)
5. KING (pro.dubby bunny Dir.DJ KANJI)

■ 大門弥生 オフィシャル・サイト(https://www.yayoi-daimon.com/)

アーティスト

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着