氷川きよし、新曲「群青の弦」MV公開
「どんなハンデも乗り越えてまた輝い
ていく」

氷川きよしが、2月1日(火)に発売されるニューシングル『群青の弦(いと)』から標題曲「群青の弦(いと)」のミュージックビデオを公開した。

今作は「春の海」を作曲した盲目の箏曲師・宮城道雄を題材にした楽曲である。作詞に原 文彦、作曲に岡 千秋、編曲は故・丸山雅仁の手によるもので、丸山の遺作となった。

昨年の11月に都内近郊のスタジオで撮影されたこのMVは、天井から7mの長さの3種類の青色のオーガンジーを吊り下げて群青の世界観を演出。ドライアイスを使用することで宮城道雄の苦悩を表現した。さらには13万枚の桜の花吹雪が舞う中で氷川が歌う、凛とした中にも美しさが漂う映像となっている。

【氷川きよし コメント】 今回の映像は、盲目の世界から新たな光を見つけ、素晴らしい作品を世に出した宮城道雄さんの世界を自分なりに表現したものとなりました。どんなハンデがあってもどんな苦しいことがあっても、乗り越えてそこでまた輝いていく、そんな強い想いを表現しています。たくさんの皆さんに観て聴いていただいて、この苦しい時代に少しでも明るい希望を感じていただけたらと思います。

氷川きよし ニューシングル『群青の弦
(いと)』

発売日:2022年2月1日(火)
作詞:原 文彦 / 作曲:岡 千秋 / 編曲:丸山雅仁
■Aタイプ
COCA-17957 ¥1,350(税込)
c/w「鼓」
 作詞:かず 翼 / 作曲:岡 千秋 / 編曲:石倉重信
ボーナストラック「きみとぼく」
 作詞:kii / 作曲:木根尚登 / 編曲:鈴木 豪
■Bタイプ
COCA-17958 ¥1,350(税込)
c/w「浮世 恋の騙し絵」
 作詞:朝倉 翔 / 作曲:四方章人 / 編曲:伊戸のりお
ボーナストラック「きみとぼく」
■Cタイプ
COCA-17959 ¥1,350(税込)
c/w「明日が俺らを呼んでいる」
 作詞:原 文彦 / 作曲:宮下健治 / 編曲:石倉重信
ボーナストラック「きみとぼく」

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

新着