最深音楽トークコンテンツ「FUKA/BORI」SIDE BにTAKUYA∞(UVERworld)が登場。

最深音楽トークコンテンツ「FUKA/BORI」SIDE BにTAKUYA∞(UVERworld)が登場。

最深音楽トークコンテンツ「FUKA/BO
RI」SIDE BにTAKUYA∞(UVERworld)が
登場。

「FUKA/BORI」SIDE BにTAKUYA∞(UVERworld)が再登場!

チャンネル登録者569万人を超える 「THE FIRST TAKE」の制作チームが手がけるメディアプラットホーム「THE FIRST TIMES」の新たなYouTubeコンテンツ、「FUKA/BORI」(フカボリ)。
UVERworldが送る、最大級の恋愛ソング
https://utaten.com/specialArticle/index/443
第2回SIDE BにTAKUYA∞ (UVERworld)が再登場することが発表された。
「FUKA/BORI」は、音楽を嗜好品のように味わい、楽曲やアーティスト自身について深く堀って語る最深音楽トークコンテンツ。
ホストは東京スカパラダイスオーケストラ 谷中敦。音楽が生まれた裏側にどんな物語があったのか、その音楽を生んだミュージシャンを作ったのはどんな音楽だったのか、ゲストアーティスト自身がホストの谷中とともに掘り下げていく。
SIDE Bでは、影響を受けた音楽を通してTAKUYA∞自身を深掘り。
ボーカリストになるきっかけとなった楽曲としてMINOR LEAGUEGRIND」をあげ、歌う楽しさを知った20歳の時のライブについて語る。そのライブの翌日にはUVERworldを結成。
“UVERworldにもたらした一番の功績”と自身も称する誠果(サックス)の加入、誠果がサックスを始めた時の裏話を明かす。
メンバー全員が幼馴染というUVERworldの関係性、”この人にはUVERworldしかいない”と感じさせてくれるファンの存在、それによって変化したアーティストとしての指針とは。TAKUYA∞、そしてUVERworldの”最深”に迫る。
本コンテンツは、1月25日(火)22:00に、「THE FIRST TAKE」が手がける新たな音楽体験プラットフォーム「THE FIRST TIMES」のYouTubeチャンネルにてプレミア公開予定。是非、視聴を予約してみてほしい。

「FUKA/BORI」の他にも、「THE FIRST TIMES」では様々な動画コンテンツを公開中。電話を通じて素を切り取る「RING3」や、アーティストとオーケストラのコラボレーションでアーティストの新たな一面を届ける「With ensemble」など、他の動画コンテンツもぜひチェックしてみてほしい。
【番組詳細】
(1/25(火) 22:00よりプレミア公開)
▲TAKUYA∞(UVERworld)を深掘り - SIDE B | FUKA/BORI
▼Chapters
0:00 ようこそ、最深の音楽へ
0:48 TAKUYA∞ 音楽の原点
4:53 「GRIND」
7:47 幼馴染が集まって
10:10 SAXの功績
12:11 6つの脳みそ
14:32 ファンとの向き合い
17:25 人生はUVERworld
▶「THE FIRST TIMES」YouTubeチャンネルトップページ
▶UVERworld 配信
番組コンセプト
ようこそ、最深の音楽へ。
「FUKA/BORI」は、音楽を嗜好品のように味わう、最深音楽コンテンツ。
SIDE Aは、アーティスト自身の楽曲を深掘り。
SIDE Bは、アーティストが影響を受けた楽曲を深掘り。
音楽の最深部に光を当てることで、気づかなかった魅力が輝きだす。
きっとあなたも、その深さを語りたくなる。

「THE FIRST TIMES」とは
「THE FIRST TIMES」(ザ・ファースト・タイムズ)は、「THE FIRST TAKE」が手がける新たな音楽体験プラットフォーム。
さまざまな“FIRST(初めて)”を提供してきた、「THE FIRST TAKE」が、その“音楽愛”をより多面的に表現する場として、6月より開設。
音楽の最新情報やここだけのインタビューコンテンツなどを提供している。動画コンテンツは、今回ローンチとなった「FUKABORI」の他、電話を通じて素を切り取る「RING3」や、アーティストとオーケストラのコラボレーションでアーティストの新たな一面を届ける「With ensemble」など、さまざまな視点から音楽とアーティストの魅力を紐解くコンテンツを公開中。
「THE FIRST TAKE」がもたらしてきた、これまで味わったことのない“初めて”の音楽体験を、ぜひ楽しんでほしい。

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着