小沢健二xtofubeatsマッシュアップ
楽曲を佐藤千亜妃、TENDRE、池田智子
、kZmがカバー 「ほろよい」新CM公

サントリーチューハイ「ほろよい」が同ブランドのコミュニケーションを刷新。新しい通年商品「ほろよい〈レモみかん〉」が2月8日(火)に発売されるのに際し、新TV CMとして、「ほろよい飲んで、なにしよう?animation ver.30s」(以下:アニメver.)を2月5日(土)、それにリンクする古川琴音さん出演の「ほろよい飲んで、なにしよう? 30s」(以下:実写ver.)を2月6日(日)より全国でオンエアする。
新TV CMのアニメ ver.を描くのは、新潟在住の人気イラストレーター・HAI。“ほろよい飲んでなにしよう?”というテーマのもと、「ほろよい」のフレーバーをテーマとする6つの部屋で、自分時間を思い思いに過ごす女性の様子を描いた。そして、実写ver.でその女性を実演するのは、注目の若手俳優・古川琴音。フレーバーに合わせて多彩に変化するそれぞれの世界観の中で、セリフがないながら6タイプの登場人物を演じ分けている
CM内で流れるのは、2013年にリリースされたtofubeatsの「水星」と、1994年にリリースされた小沢健二の「今夜はブギーバック nice vocal」を組み合わせ、今回の TV CMのためにオリジナルで制作された、マッシュアップ・アレンジ楽曲。アニメver.ではkZm佐藤千亜妃のカバーによる「今夜はブギーバック nice vocal」 × 「水星」、実写ver.では池田智子、TENDREのカバーによる「水星」 × 「今夜はブギーバック nice vocal」の組み合わせが、それぞれの世界観を彩っている。

また、アニメーションから実写の映像へと切り替わる、特別編集版60秒CMも期間限定で放映。特別編集版でしか見られないシーンに加え、60秒バージョンの楽曲にも注目を。
kZm
佐藤千亜妃
池田智子
TENDRE

さらに、2月18日(金)には 「ほろよい」ブランド・サイト(https://www.suntory.co.jp/rtd/horoyoi/) でしか聴くことのできない、それぞれのフル・バージョンも公開される。

【tofubeats コメント】

水星という曲自体が、KOJI1200の楽曲を我々がカラオケボックスで作り直したものですが、それが今度は古川琴音さんの部屋で流れるオシャレなバージョンとしてまた作り直されるというのは驚きです。ほろよい気分で皆様も楽しんでください!
tofubeats

【小沢健二 コメント】

変なコメントかもしれないのですが、本やギターで散らかった、ふしぎな間取りの小さな部屋。ブギーバックを作っていた自分の部屋を思ってしまいました。古川さんの雰囲気に、90年代の『オリーブ』を思ったり。しかしそういう過ぎてゆく日々を踏みしめつつ、今日も一人暮らしの部屋たちは未来へ。ほんと変なコメント、すみません!
小沢健二


■ 「ほろよい」 ブランド・サイト(https://www.suntory.co.jp/rtd/horoyoi/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着