桐谷健太、音楽活動を再開 宮沢和史
(元THE BOOM)をサウンドプロデュー
スに迎え新曲をリリース(コメントあ
り)

桐谷健太が「お家をつくろう」以来、3年3ヵ月ぶりの新曲「遣らずの雨と、光」(やらずのあめと、ひかり)を2月16日にデジタルリリースする。
新曲「遣らずの雨と、光」は、桐谷が主演を務める沖縄・コザを舞台に70年代と現代が交錯するタイムスリップ・ロックンロール・エンターテイメント映画『ミラクルシティコザ』のインスパイアソング。沖縄⽇本復帰50周年の節⽬となる今年、桐⾕の誕⽣⽇でもある本日・2⽉4⽇(⾦)に新宿武蔵野館ほか全国順次公開予定。
楽曲は、映画のハイライトで桐谷演じるロックスター“ハル”が恋人に向けてギター弾き語りで歌唱する「マーミーの歌」が原曲。今回の正式リリースにあたり、映画では1番のみだった楽曲をフルサイズで新たにレコーディング。「中学時代からずっと支えてもらった」と桐谷が公言する、沖縄ミュージックに造詣が深い宮沢和史(元THE BOOM)をサウンドプロデュースに迎えてドラマティックなサウンドに再構築、桐谷の新曲「遣らずの雨と、光」としてリリースされる。
桐谷健太は「映画の劇中でハルという男が歌った唄であり、新たな自分に触れたように感じた唄でもあります。誰かの夜に染み入るよう祈っています。」とコメント。また、サウンドプロデュースを務めた宮沢和史は「この歌の中に 桐谷さんの中に棲む役者でも歌手でもないひとりの人間の心の声が記録できた気がしました」とコメントしている。
YouTubeでは映画の映像を使用した「遣らずの雨と、光」~映画『ミラクルシティコザ』Ver.が公開されている。久しぶりに音楽活動を再開した桐谷健太、情感溢れる歌声を是非チェックしてみよう。
桐谷健太コメント全文
桐谷健太
遣らずの雨(やらずのあめ・帰ろうとする人をひきとめるかのように降ってくる雨)は、愛する人との空間にいつも透き通った装いで降っている。映画の劇中でハルという男が歌った唄であり、新たな自分に触れたように感じた唄でもあります。誰かの夜に染み入るよう祈っています。
宮沢和史氏コメント全文
宮沢和史
人は心の底から伝えたいことがある時 叫ぼうとします
それができない時 沈黙か泣くことを選びます
この歌の中に 桐谷さんの中に棲む役者でも歌手でもない
ひとりの人間の心の声が記録できた気がしました
それは叫びでも 沈黙でも 涙でもない
静かな静かな独白でした

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着