(左から)西田敏行、濱田岳、山田涼介、土屋太鳳 (C)エンタメOVO

(左から)西田敏行、濱田岳、山田涼介、土屋太鳳 (C)エンタメOVO

山田涼介「ロケットを2個背負いなが
ら走った」 撮影中のむちゃ振りエピ
ソードを披露

 映画『大怪獣のあとしまつ』初日舞台あいさつが4日、東京都内で行われ、出演者の山田涼介、土屋太鳳、濱田岳、西田敏行、三木聡監督が登壇した。
 本作は、倒された怪獣の“死体処理”をめぐる物語。怪獣の後始末を命じられた特務隊の隊員・帯刀アラタを山田が、運命に翻弄(ほんろう)される環境大臣秘書官の雨音ユキノを土屋が演じた。
 映画にちなみ、撮影現場でのむちゃ振りエピソードを尋ねられた山田は「ロケットを2個背負いながら走ったりするシーンがある。あれが本当に重くて、体感が1個10キロぐらい。『これを持って走ろうか』と言われたときは、『これ、別に軽くてもよかったんじゃないかな』と思いました」と苦笑交じりに振り返った。
 三木監督は「この映画はリアリズム。正直、重いものが揺れるのと軽いものが揺れるのとでは絵として違うんですよ」と説明。
 その上で、「山田くんの身体能力が本当に素晴らしかった。結構ジャンプするシーンがあるのですが、あの重たいものを背負って跳ぶんだから、やらせといて言うのもなんですが、すごいなと思いました」と語った。
 総理秘書官を演じた濱田は、総理役の西田とのシーンについて、「僕らは国家機密の内容を扱っていますから、ゼロ距離で密談をするんです。西田さんとゼロ距離で接した場合、『釣りバカ日誌』という番組であれば、100パーセント、チューしていい距離なんです。でも今回は、絶対にチューしちゃ駄目。非常にもんもんとした、ムラムラした思いがあります」と冗談交じりに振り返った。
 一方の西田は「私は撮影中、監督から『これはむちゃ振りだな』と感じるようなことは何もなかったです。それもこの西田敏行という、俳優の大きさによるものでしょうか。そういったものが監督をビビらせたのかな」とおちゃめに語って笑いを誘った。

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着