赤胴鈴之助を演じる尾上松也

赤胴鈴之助を演じる尾上松也

【インタビュー】ドラマ「まったり!
赤胴鈴之助」尾上松也の顔芸やアドリ
ブがさく裂!「われわれが作った笑い
の世界観を楽しんでほしい」

 歌舞伎俳優の尾上松也が主演する連続ドラマ「まったり!赤胴鈴之助」が、テレビ大阪・BSテレ東で放送中だ。本作は、半世紀以上前に、子どもたちを中心に人気を博した少年剣士漫画『赤胴鈴之助』の“その後”を完全オリジナルストーリーでドラマ化。鈴之助が江戸時代からタイムスリップした令和の現代で、まったりと過ごす日常をコメディータッチで描く。松也は、亡き父・尾上松助が65年前に子役として演じた鈴之助役を、親子2代で演じる。本作を自ら企画したという松也に、作品の見どころや注目して見てほしいポイント、父親への思いなどを聞いた。
-「赤胴鈴之助」がドラマ化されたことへの思いを聞かせてください。
 父が子役時代に演じた「赤胴鈴之助」を、何とか作品にしたいという思いは、長い年月を掛けて思い描いてきたことだったので、ドラマとして制作できることになったときの喜びは大きかったです。「赤胴鈴之助」の原作漫画は少年剣士ですから、僕は年齢的に言えばアウトなのですが、コメディー作品にすれば何とかなるのではないかということで、形にすることができてよかったなと思っています。
-いつ頃から、本作の企画を考えていたのでしょうか。
 父が亡くなってすぐの、20歳ぐらいのときから、いつか自分が環境を作って、父が演じた「赤胴鈴之助」を作品にしたいという思いを抱いていました。具体的には4、5年前に僕がスタッフに話をして、コメディー路線で行きたいという提案をしました。
-昭和のザ・ドリフターズのコントをほうふつとさせるような面白さが詰まったドラマだと思います。ここまで突拍子もないコメディーというのは、想定していたのでしょうか。
 コメディーにしたいという提案はしたのですが、台本を読んだときに、自分が思っていたよりもハチャメチャなストーリーになっていました(笑)。台本を読んだだけでは意味不明なことがたくさんあったので、現場でやってみて、どういう形にするかというのを、僕も楽しみながら作っていきました。
-松也さんの顔芸やアドリブもさく裂していますね。
 監督たちに「やめてくれ」と言われる覚悟で、アドリブや顔芸にチャレンジしたのですが、そのまま使われていることがほとんどでした(笑)。撮影時は、現場で実際にやってみて、こっちの方がいい、あっちの方がいいと、シーンごとにアドリブの連続で、とにかく鈴之助が「変」という違和感を意識して作っていました。
-特に注目して見てもらいたいポイントは?
 毎回、すごく時間を掛けてメークをしていて、眉毛は自分で描いていたのですが、メークを濃くすることを意識し過ぎて、眉毛の形や太さが日によって全然違うので、その辺は笑って見ていただけたらと思います。
-撮影現場の雰囲気はいかがでしたか。
 いつも笑いが絶えなくて、爆笑しながら作っていました。一度誰かが笑い出してしまうと、皆止まらなくなってしまうので大変でした。後輩のマモル役の稲葉友くんは、僕と雷之進役の今野浩喜さんの間に立っていることが多かったので、僕と今野さんで稲葉いじりをして、リラックスさせてもらっていました。
-今回、本作の主題歌「RED」でアーティストデビューもしましたが、挑戦した感想は?
 曲を出させていただくことは、自分としては恥ずかしくて、むずがゆい部分がありますし、まだあまり実感がないです。でも、何事も始めることは簡単ですし、継続することが大切だと思っているので、始めたからには継続して、今後も許される限りは、楽曲にも挑戦したいなと思っています。
-劇中で、鈴之助が江戸時代から令和時代にタイムスリップしたことにちなみ、タイムスリップができるとしたら、いつの時代に行ってみたいですか。
 これは100パーセント、江戸時代の日本に行きたいです。歌舞伎役者は、皆そう言うと思いますよ。江戸の芝居小屋で歌舞伎を見て、当時はどんなふうに作っていたのか、どんなふうに演じていたのかを見たいですし、その人たちとやってみたいですね。タイムスリップができるなら間違いなく、そこに行きます。
-ドラマが放送されることで、お父さんにどんなことを伝えたいですか。
 「俺も赤胴鈴之助をやったよ」ということは伝えたいですし、父も喜んでくれていると思います。「赤胴鈴之助」は僕ら親子のものでもないですけれど、僕の中では、父から受け継いだ役だという気持ちでやらせてもらったので、その思いは伝わっていると信じています。
-今後、挑戦したいことは?
 昨年は、本作のほかにも自主公演の「新作歌舞伎 赤胴鈴之助」や、僕と山崎育三郎城田優の演劇プロジェクト「IMY」で、舞台「あくと」を企画制作したのですが、自分で設定や構成をゼロから考えて作ることは、苦労もありますが、喜びと楽しさは、ひとしおだなと感じたので、今後も継続してやっていきたいです。演じるだけではなくて、演出を含め、作り手として支えることにチャレンジしていきたいです。
-ドラマの見どころをお願いします。
 今まで見たことがないような設定と登場人物と世界観が入り混じった、低予算ドタバタコメディーになっています。手作り感とわれわれのチームワークが作り上げた、笑いの世界観を楽しんでほしいですし、何より「赤胴鈴之助」という作品を多くの方に知っていただいて、原作も見ていただきながら、「どれだけいじくっているんだよ」ということを楽しみながら、見ていただきたいです。
(取材・文・写真/小宮山あきの)
 真夜中ドラマ「まったり!赤胴鈴之助」は、毎週土曜、深夜0時56分から1時26分、テレビ大阪、同日深夜0時から0時30分、BSテレ東で放送中。
公式サイト https://www.tv-osaka.co.jp/akado_suzunosuke/

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着