屋良朝幸、成河、草間リチャード敬太
ら出演 装いを替えた、新たな日本版
ミュージカル『EDGES』の上演決定

2022年4~5月に東京・大阪にて、ミュージカル『EDGES -エッジズ- 2022』が上演されることが決定した。
トニー賞6部門に輝き、グラミー賞・エミー賞など受賞多数、映画化もされたミュージカル『ディア・エヴァン・ハンセン』や、『ラ・ラ・ランド』の作詞、『グレイテスト・ショーマン』の楽曲などを手がけ、今最も熱い注目を集める作詞・作曲家デュオ、パセック&ポール。いまや世界的ヒットメーカーとなった彼らが学生時代に生み出した記念すべきデビュー作が、このミュージカル『EDGES』。
『EDGES』は、“ソングサイクル・ミュージカル”という、ひとつの大きなテーマをもとに、1曲がそれぞれひとつの物語として完結する楽曲をオムニバス形式で連ねる、新しいジャンルの作品。さらには、上演の際に“曲順を入れ替える” “オーケストレーションをアレンジする” “ダンスを加える“など独創的なアイディアを加えていくことを、作者であるパセック&ポール自らが推奨しており、自由でクリエイティビティを刺激する作品でもある
日本初演は、2020年12月、演出家✕音楽家✕俳優陣を2チーム編成して連続上演。そしてこの度、また装いを替え、新たな日本版『EDGES』が誕生する。
キャストには、ミュージカル&ダンスのスペシャリストが集結した。数多くのミュージカルなどに出演しながら、振付、演出、プロデュースなどクリエイティブにも磨きをかける屋良朝幸。ストレートプレイからミュージカルまで幅広く出演、さらには映像分野でも無二の存在感で活躍する成河。「Aぇ! group」のメンバーとしてマルチに活動する草間リチャード敬太。圧倒的かつ表情豊かな歌唱力で注目を集める若手実力派・豊原江理佳。ミュージカルのほかシンガーとしても活躍、ダンスにも定評のあるダンドイ舞莉花。そして「PaniCrew」のメンバーでパフォーマーとして世界的に高く評価され、近年は『「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」Rule the Stage』などで演出家として活躍の場を拡げる植木豪。
さらに今回は、『THE CIRCUS!』シリーズ等でも共演多数、深い信頼関係を築く屋良朝幸✕植木豪の強力タッグが振付を担当。ダンサー、そして振付師・演出家としても才能を発揮する二人が生み出すパフォーマンスに注目したい。
また、演出を手がけるのは元吉庸泰。鴻上尚史をはじめ第一線の演出家の演出助手を務める一方、オリジナル作品から2.5次元作品まで様々なジャンルの演出を手がけている。2020年の日本初演ではチームBLUEの演出を担当、カラフルでフレッシュな『EDGES』を生み出した元吉が、今度はミュージカル&ダンスのスペシャリスト達とどのようなセッションを起こすのか、期待しよう。
ミュージカル『EDGES -エッジズ- 2022』
演出:元吉庸泰 コメント
ソングサイクル・ミュージカル『EDGES』がどんな輪郭をしているのか、何を以て世の中から切り出されているか。それはその瞬間の俳優・音・言葉の重なりと受け取るお客様とで無限に出現していくと感じています。PasekとPaulが想像した、一曲完結の物語の青地図たち。それをまたどう描いていけるのか、どんな世界と出会えるのか。『EDGES』を再び演出させて頂きます。また新しい言葉たちと瑞々しく出会っていけたらと思う次第です。
屋良朝幸 コメント
Musicalと謳っているけれど、自分が思うにはどのカテゴリーにも属さないもの。
そうであって欲しいし、そうじゃなきゃいけないと思ってるし、その可能性を秘めている”EDGES”。
パセック&ポールの楽曲と今回のメンバーとの化学反応を実験的に創れるステージがどんなエンターテイメントになるのか。
楽しみにしていてください。
成河 コメント
『EDGES』に参加させて頂きます、成河です。人生二度目のソングサイクル・ミュージカルです。僕は歌を歌うことが大好きなのですが、俳優として歌唱する意味や場所を探している内に、ソングサイクルという形式と出会いました。まだまだ日本では馴染みのない実験的な形式ですし、僕自身まだそれがどういう可能性を秘めたものなのかはっきりとは分かりませんが、シーエイティプロデュースの持つフロンティアスピリットに乗って、貪欲にその可能性を探り、広げて行きたいと思います。よろしくお願いいたします。
草間リチャード敬太 コメント
出演が決まって嬉しい気持ちでいっぱいです。僕にとって初めてのミュージカル作品となるので、すごくドキドキしていますが、ダンスがメインということで、持ち前のグルーヴ感を存分に発揮して観てくださる方が満足できる舞台にしたいと思います。
今回、尊敬する先輩である屋良くんが主演ということで、不安な所は相談しつつ、今持てる僕の全力を出せればと思います。
新しくなって帰ってきたEDGESを楽しみにしていてください。
豊原江理佳 コメント
この数年、特別に音楽やエンターテインメントのパワーを感じる日々です。自由に外に出て大切な人に会い、何も気にせずに笑い合うことさえもが特別になった今、劇場で、ステージで私たちがシェアできる特別はなんだろう?と日々考えます。
EDGESからはとにかくとてつもない程の音楽のパワーを感じます!!初めてこの作品に出会った時、まだ知らないはずのメロディが聞こえてくるようでした。きっと歌いたくなる曲ばかりなんだろうな、稽古場の行き帰りはきっと一人ミュージカルだなと今から期待に胸が高鳴ります。この作品通じて、皆様と一緒に音楽が生み出す特別な時間を分かち合いたいです。参加出来ることにとてもワクワクしています!!
ダンドイ舞莉花 コメント
2020年春に予定していた『EDGES』。絶対観に行くと決めていましたが残念ながらコロナ禍で中止。その後12月に上演が決まった時はダブルキャスト両チームの公演を劇場まで観に行きました。同じ作品が演出やキャストによってこれ程にも違うものになれるとは! 本当に感動しました。
そして何より、最高の音楽に包まれて、観劇後は客席でそのままこの雰囲気をもっともっと体に染み込ませたい!という気持ちにさせられたのが印象的でした。
そんな大好きな作品に出演させていただけて、嬉しいです。
2022年バージョンもお客様にとって忘れられない時間にしたいです。
かっこよくて、ノリが良くて、歌詞も面白い。作者のパセックとポールが19歳の大学生の頃に、なんと……学内ミュージカルでキャスティングされた役が気に入らなくて自分達で書いたのが、この『EDGES』!
自分達の意思を強く持ち、現代社会の中を生きる若者の想いが詰め込まれたこの作品が、どう生まれ変わるのか、今からとても楽しみです。
植木豪 コメント
素晴らしい歌とメロディで紡がれるミュージカル『EDGES』
シーン毎に彩られたカラフルな演出の中、会話するように流れていく歌たちがとても印象的な舞台でした。
素敵なキャストの皆様と共に今回参加させていただくのがとても光栄で、今から胸が高鳴っています。
屋良朝幸君とも久々に共演が出来るのも本当に嬉しく興奮しております。
いつかまた一緒にステージに立つ時の為に鍛えていこうねってお互い話していたことがついに叶うので、全力でステージにぶつけさせていただきます。
皆さま、是非ともよろしくお願いいたします。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着