UNICORN Jr.は「若さゆえの尖りもか
っこいい!」~舞台『MARGINAL#4』
BIG BANG STAGE ユニット座談会vol.
1

2022年2月23日(水・祝)~2月27日(日)にヒューリックホール東京にて上演される「舞台『MARGINAL#4』 BIG BANG STAGE」。CD、ゲーム、アニメ、イベントなどさまざまなメディア展開を続けている「MARGINAL#4」の舞台化作品として、架空の芸能プロダクション・株式会社ピタゴラスプロダクションに所属するアイドルユニットたちの活躍が描かれる。
本作に登場する全4ユニットにインタビューを実施。第1弾となる今回は「UNICORN Jr.」の新堂ツバサ役・西川音央(にしかわ・ねお)、滝丸アルト役・田中尚輝(たなか・なおき)、仲真テルマ役・弦間哲心(げんま・てっしん)の座談会をお届けする。

左から 弦間哲心、西川音央、田中尚輝

――出演が決まった際の感想と、演じるキャラクターについて教えてください。
西川:お話をいただいたときは本当に嬉しくて、すぐに作品やキャラクターについて調べました。ツバサくんは小悪魔的な性格なのですが、僕も以前活動していたグループで“小悪魔”とキャッチフレーズに入っていたことがあるんです。歌声を褒めてもらうことも多いので、ツバサくんとの共通点を生かして演じられたらなと感じました。
田中:アルトくんは、僕が今まで演じてきたことのないキャラクター。原作の方ともお話させていただいたのですが、普通の人が1から順序良く喋って10までつなげるところを、いきなり数手先のワードから話し始めてしまうようなところがある。かっこいいだけじゃなく、ちょっと変わっている一面も併せ持っているので、演じるのがすごく楽しみです。
田中尚輝
弦間:お声がけいただいて、とてもびっくりしました。お話をいただいた時点では、舞台作品に一度も出演したことがなかったんです。経験のない僕に、こんな素敵な役を演じられるのかと不安な面も多かったんですが、テルマくんを知っていくたびにどんどん好きになっていって……あれ、質問って、なんでしたっけ?
西川:そういうとこ、かわいい!
田中:かわいい! 俺も真似しよう……。
弦間:ごめんなさい(笑)! ツバサくんとアルトくんより歌やダンスがあまり得意ではない分、努力をしているところも、今の自分自身の状況と重なります。人前でパフォーマンスをするのは、今作が初めて。人一倍頑張れる自負がありますし、テルマくんと同じように努力を重ねて頑張っていけたらなと思いました。
弦間哲心
――‟空より降り立った若き一角獣”のキャッチコピーで活躍するUNICORN Jr. ‟。皆さんが思うユニットとしての魅力は?
弦間:どのグループよりも若さと勢いがある。原作のゲームで感じた部分はもちろん、アニメで初登場した時の印象も強くて、元気いっぱいなユニットなんだろうなと。
西川:うん。若さゆえの、いい意味で尖っている部分もあります。ほかのグループにはない、ツンツン要素が多いのも特徴的ですよね。
田中:キャラクターの個性が強いよね。リーダーのツバサくんは我が道を行くタイプ。テルマくんは中性的で、アルトくんはかっこいいけど天然。みんなバラバラなタイプだからこそ、まず一人一人を好きになった後に、ユニコ(UNICORN Jr.の略称)というユニット自体としても好きになってもらえているんだと思います。
弦間:楽曲もすごくかっこいいんですよね。ちょっとセクシー系で。
田中:ね! ちょっとヤンチャっぽさもあるし。
西川:今作で披露する曲の振り付けもめちゃくちゃかっこいいので、期待していてください!

西川音央

――今作のストーリーでは、ユニコらしさが発揮される場面も印象的です。
弦間:MARGINAL#4の4人にスポットが当たるのかと思いきや、ちゃんと全員に活躍する場面がありますよね。なかでも、ユニコには試練が与えられているのかなとも感じました。
田中:たしかに。ユニコが担う部分が大きいのかもしれないね。
西川:初めて台本を読んだとき、僕は責任重大な役をいただいたなとまず思いました。想像していなかった展開に気が引き締まりましたし、早く稽古がしたいです!
――取材の合間に揃って振り付けの確認をされるなど、すでに仲の良さがうかがえる雰囲気ですが、皆さんは本作が初共演なんですよね。
田中:ビジュアル撮影の時に3人とも初対面だったんですけど、まず西川くんと僕が同じ兵庫出身ということで盛り上がって。話してみたら地元がめちゃくちゃ近くて。
左から 弦間哲心、西川音央、田中尚輝
西川:しかも同い年。共通点が多いんですよね。
弦間:そうなんです。僕だけ違うんです……。
田中:ごめんごめん(笑)。弦間くんのフレッシュさも相まって、いいチームになれそうだなと最初から思っていました。
――各ユニットの楽曲も披露される本作。皆さんが歌やダンスを始めたきっかけを教えてください。
田中:この世界に入ったのを機に勉強を始めました。舞台作品や、自分のイベントで振り付けしたダンスを披露したこともあります。振付を始めたきっかけは、出演させてもらった映像作品のダンスシーン。「振付できる?」と声をかけていただいて「やります!」とお返事したものの、内心はバクバクでした(笑)。
田中尚輝
西川:僕は高校が音楽系の学校で、そこで初めて本格的に音楽に触れました。入学したのは、母の勧めがあったから。勉強するうちにどんどん好きになっていって、18歳のときに本気で音楽の道に進むことを決めました。
田中:お母さん、すごいね。「この子には歌や!」って思ってくれたんだもんね?
西川:本当にそこは感謝でいっぱいです! もともとカラオケで歌うことは好きだったけど、歌手になろうなんて考えてもいなかった。母は、僕が歌ってる姿を見て、僕よりも先に僕が歌を好きなことに気づいてくれたんだと思います。
西川音央
弦間:僕は事務所のレッスンで本格的に学び始めました。歌もダンスも1年ぶりくらいなので、先日のダンス稽古もついていくのに必死でした。振りはもちろん、体や顔の角度、手先や指先など細かいアドバイスをお二人にいただけたら嬉しいです!
西川:そういう細かいところを気にしようって思ってる時点ですごいよ。
田中:そうだよ! むしろ、途中合流した俺が一番遅れてると思う。逆に振り付け教えてください!
弦間:いえいえ、そんな! 二人に教わりたいです!
弦間哲心
――(笑)。公演まで寒い時期が続きますが、皆さんの冬の必需品といえば?
弦間:僕は保温機能のついた肌着を上下着て寒さをしのいでいます。あとは、ひらすら我慢!
西川:わかる(笑)。僕は着込みすぎるのも苦手なので、完全に我慢タイプ。しいていうなら我慢の心ですかね……。
田中:かっこいいじゃん! じゃあ、俺は鋼の肉体で(笑)。それと、足先に貼るカイロです。末端冷え性なんで、足が一番冷えちゃうんですよ。長時間外を歩く日は絶対貼ってます。
――最後に、意気込みや見どころなどメッセージをお願いします。
弦間:僕はこの作品が2度目の舞台となります。2.5次元作品への出演は初めてですし、正直なところ今は不安もあります。これからしっかりと稽古を積んで、頑張っていきたいです。
田中:積み重ねた歴史があって、たくさんの人に愛されている作品。UNICORN Jr.のみんな、キャストのみんなやスタッフさんたちと一緒に、素敵な皆様にきらめきをたくさん届けられる作品にしていきたいと思うので、ぜひ僕たちの輝きを受け止めに来てください! 劇場でお会いできるのを楽しみにしております。
西川:原作と同じように、この舞台もたくさんの人に愛されるような作品にしていきたい。みんなと力を合わせて、しっかり「ピタゴラスプロダクション」の世界観をお届けできるように頑張りますので、劇場でお待ちしております!
左から 弦間哲心、西川音央、田中尚輝
取材・文=潮田茗 撮影=池上夢貢

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着