成田凌、葵わかなダブル主演で舞台『
パンドラの鐘』上演決定 演出は杉原
邦生

2022年6月・7月、東京・大阪にてCOCOON PRODUCTION 2022 NINAGAWA MEMORIAL『パンドラの鐘』が上演されることが決定した(6月6日(月)~28日(火)に東京・Bunkamuraシアターコクーン、7月2日(土)~5日(火)に大阪・森ノ宮ピロティホール)。演出に杉原邦生、ダブル主演に成田凌、葵わかな。
1999年に蜷川幸雄の指名で野田秀樹によって産み落とされた『パンドラの鐘』。本作は、当時ともに世界の舞台で戦った日本の演劇界の二大巨頭、蜷川と野田によって、Bunkamuraシアターコクーンと世田谷パブリックシアターの二館で同時期に上演され、蜷川は“岩”、野田は“紙”と、同じ作品ながら全く違ったモチーフとアプローチで作品を創り上げた。さらに、蜷川版には、大竹しのぶ、勝村政信、生瀬勝久、松重 豊、一方の野田版には、堤真一、天海祐希、古田新太、松尾スズキなどが出演し、豪華出演陣の対決も大きな話題を呼んだ。
今回演出を務めるのは、蜷川作品より多大な影響を受け、アングラ、シェイクスピア、海外戯曲、歌舞伎まで様々なジャンルの作品を手掛けている、新世代の演劇界を担う気鋭の若手演出家、杉原邦生。勝村政信、堤 真一の怪演が話題となった葬式屋のミズヲ役を演じるのは、今作が初の舞台出演にして、初主演となる成田凌。そして、大竹しのぶ、天海祐希の演じた古代の女王・ヒメ女役を演じるのは、多くの映像作品に出演しながら、舞台にも定期的に出演を続けている葵わかな。フレッシュながら、その存在感と演技力の光るこの二人が、17年放送のNHK連続テレビ小説『わろてんか』以来の共演で、ダブル主演を務める。
さらに、オズの婚約者・タマキに前田敦子、古代の国の重臣・ハンニバル役に玉置玲央、カナクギ教授の助手・オズ役に大鶴佐助、オズと同じくカナクギ教授の助手・イマイチ役に柄本時生、考古学者のカナクギ教授/ヒメ女の兄・狂王の二役に片岡亀蔵、ピンカートン未亡人役に南 果歩、ヒメ女の乳母・ヒイバア役に白石加代子が名を連ねる。
古代から現代へ、遥かなる時空を超えて壮大なスケールで描かれた本作は、「挑戦に満ちた非常に面白い本」と蜷川が語った通り、日本の歴史のTABOOに真っ向から挑んだ衝撃作。今もなお色褪せないメッセージを、現代を生きる人々にお届ける。なお、Bunkamuraシアターコクーンでの本作上演は初演以来23年ぶり。前芸術監督・蜷川幸雄の七回忌を迎得る今年、“NINAGAWA MEMORIAL”と題し上演される。
あらすじ
太平洋戦争開戦前夜の長崎。
ピンカートン財団による古代遺跡の発掘作業が行われている。考古学者カナクギ教授の助手オズは、土深く埋もれていた数々の発掘物から、遠く忘れ去られていた古代王国の姿を、鮮やかによみがえらせていく。
王の葬儀が行われている古代王国。兄の狂王を幽閉し、妹ヒメ女が王位を継ごうとしているのだ。従者たちは、棺桶と一緒に葬式屋も埋葬してしまおうとするが、ヒメ女はその中の一人ミズヲに魅かれ、命を助ける。
ヒメ女の王国は栄え、各国からの略奪品が運び込まれている。あるとき、ミズヲは異国の都市で掘り出した巨大な鐘を、ヒメ女のもとへ持ち帰るが……。
決して覗いてはならなかった「パンドラの鐘」に記された、王国滅亡の秘密とは?
そして、古代の閃光の中に浮かび上がったの行方とは……?

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着