『Nagie Lane with special guest 黒沢 薫』2022年2月12日 at Billboard Live YOKOHAMA

『Nagie Lane with special guest 黒沢 薫』2022年2月12日 at Billboard Live YOKOHAMA

Nagie Lane、
ゴスペラーズの黒沢 薫を招き
ビルボード横浜で開催した
ライブのレポートが到着!

 Nagie Laneが、2月12日、神奈川・Billboard Live YOKOHAMAにてワンマンライブ『Nagie Lane with special guest 黒沢 薫』を昼夜2回に渡り開催した。

 Nagie Laneは、昨年9月アルバム『Interview』でメジャーデビューした “楽器を持たないネオシティポップバンド”をコンセプトに活動している、今注目の男女6人の“アカペラバンド”だ。あえて“アカペラバンド”と書いたのは、Nagie Laneのサウンドにその理由がある。rei、mayu、mikako、keijiという、それぞれがリードもとれる4人のボーカルスキルと、アカペラというスタイルを生かした美しいハーモニーももちろん武器だが、最大の魅力は、ヴォイスパーカッションのbarattiとベースボーカルのeuroを中心に繰り出される、声のみで再現するバンド然としたサウンドにある。例えば、リードをとっていた1人が次の瞬間にはギターのパート、その次の瞬間にはコーラス、そしてその後に別の楽器のパートを担ったりする。ゆえに、6人全員が、いつも口を動かしていて、アカペラとは思えないほど、賑やかで華やかな「本当に一瞬も休みがない(笑)」(メンバー談)という、サウンドを展開するのが面白い。既存のアカペラという概念では括れない、ネオアカペラが武器なのである。

 この日は、前日にリリースされたばかりの黒沢 薫(ゴスペラーズ)プロデュースのEP『アマクテ、ニガイ』収録の3曲の他、Nagie Laneが結成後にSNSを通じて初めて世に送り出したというSNSを中心に初めて話題となった「東京は夜の七時」(カバー)、ミツバチの飛ぶ音を<ミャーミャミャミャー>という独特の言語感覚を用いたコーラスで表現した軽快なアップチューン「花と蜜」の他、スペシャルゲストに黒沢 薫を迎え、ゴスペラーズの「雨あがり」や「ミモザ」など、 アンコールも含めて、全12曲をじつに楽しそうに体現して観せた。

 前述したアルバム『Interview』でも最初を飾る「2021」でスタートしたライブ。「東京は夜の七時」では、メンバー同士のアイコンタクト&アドリブで<YOKOHAMAは夜の七時>と歌詞を変えて盛り上げる。『アマクテ、ニガイ』の収録曲を続けて披露した中盤では、3人の女性ボーカルが個性を発揮。reiがメインボーカルの「Smile Again」は、フライトしていくようなサビメロが特徴だが、reiがクリアで安定したトーンを響かせた。mayuがメインの「Dream of me」は、ドゥワップを取り入れた王道のブラックミュージックながら、ディレイしないジャストなリズムで歌い“ナギ―ビート”を印象付けた。mikakoがメインの「Whatcha gonna do」は、ドメスティックなAメロが特徴のファンクナンバー。mikakoはソウルフルな歌回しで迫力あるパフォーマンスを見せた。スペシャルゲスト黒沢 薫を呼び込み、barattiが曲を手掛けたゴスペラーズのアルバム『アカペラ2』収録曲「雨あがり」と「ミモザ」へ。女性ボーカルが入り、オリジナルより軽快でラテンを綺麗なポップスへと昇華していた「雨あがり」の仕上がりを、黒沢 薫はMCで「綺麗な雨粒だった。ゴスペラーズのは大粒な雨って感じだから(笑)」と言い笑わせた。「ミモザ」では、黒沢以外のリードパートをNagie Laneのメンバーが担当。特にkeijiの柔らかで奥行きある歌声は、まさに今のトレンドの声質で、Nagie Laneのポテンシャルを感じた。

 アンコールの「花と蜜」では、2番のサビ前のブレイクで6人が膝を曲げバウンドするというエモーショナルなアクションも。再び黒沢 薫を呼び込み、「Billboard Live YOKOHAMAにぴったりな曲。このステージのために準備しました」とマーヴィン・ゲイのカバー「Ain‘t no mountain high enough」を披露した。

 最後に。この日、最も心に残ったmikakoの言葉を記しておこう。
「Nagie Lane、もっと大きくなります! 皆さんもついてきてください。どうぞよろしくお願いします」

 Nagie Laneの道は始まったばかり。これからの方が、きっと、何倍も面白い。そう思わせてくれる、6人の強い意志を感じられたライブだった。
配信EP『アマクテ、ニガイ』2022年2月11日(金)配信開始
    • ■配信リンク
    • https://lnk.to/AZ5A5NzR
    • ◎プロデュース:黒沢 薫
    •  
    • <収録曲>
    • 01. Smile Again
    • 作詞: 黒沢 薫,rei 作曲: 黒沢 薫
    • 02. Whatcha gonna do
    • 作詞: 黒沢 薫,mikako 作曲: 黒沢 薫
    • 03. Dream of me
    • 作詞: 黒沢 薫,mayu 作曲: 黒沢 薫
『Nagie Lane with special guest 黒沢 薫』2022年2月12日 at Billboard Live YOKOHAMA
『Nagie Lane with special guest 黒沢 薫』2022年2月12日 at Billboard Live YOKOHAMA
『Nagie Lane with special guest 黒沢 薫』2022年2月12日 at Billboard Live YOKOHAMA
『Nagie Lane with special guest 黒沢 薫』2022年2月12日 at Billboard Live YOKOHAMA
配信EP『アマクテ、ニガイ』
Nagie Lane

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着