桐谷健太 降りしきる雨のなか情感を
込めて歌う、宮沢和史プロデュースの
新曲「遣らずの雨と、光」MVを公開

桐谷健太が3年3ヵ月ぶりの新曲「遣らずの雨と、光」(やらずのあめと、ひかり)を本日・2月16日にデジタルリリースした。
新曲「遣らずの雨と、光」は、桐谷が主演を務める沖縄・コザを舞台に70年代と現代が交錯するタイムスリップ・ロックンロール・エンターテイメント映画『ミラクルシティコザ』(新宿武蔵野館ほか全国順次公開中)のインスパイアソング。涙を誘う映画のハイライトで桐谷演じるロックスター“ハル”が恋人に向けてギター弾き語りで歌唱する「マーミーの歌」が原曲。今回正式リリースにあたり、映画では1番のみだった楽曲をフルサイズで新たにレコーディング。「中学時代からずっと支えてもらった」と桐谷が公言する、沖縄ミュージックに造詣が深い宮沢和史氏(元THE BOOM)をサウンドプロデュースに迎えてドラマティックなサウンドに再構築された。
ミュージックビデオは桐谷が、降りしきる雨の中、傘をさして歌唱するシーンで構成。仕草ひとつひとつに情感を込めたパフォーマンスからは切なさを感じることができ、“遣らずの雨(やらずのあめ・帰ろうとする人をひきとめるかのように降ってくる雨)”が表現された映像となっている。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着