JINTANA & EMERALDS、BLUE NOTE TOK
YOでのライブ映像が公開 Mime・ひか
りも参加した新体制でのステージ

JINTANA & EMERALDSが1月に開催したBLUE NOTE TOKYOでのライブ映像が公開された。
JNTANA & EMERALDSはJINTANA(JINTANA EMERALDS)、KASHIF(KASHIF EMERALDS)、XTAL(XTAL EMERALDS)に加え、一十三十一(TOI EMERALDS)、MAMI(MAMI EMERALDS)、カミカオル(CAO EMERALDS)から成る横浜のレーベル〈Pan Pacific Playa〉(PPP)が贈るネオ・ドゥー・ワップ・バンド。

本公演はスティール・ギタリスト、JINTANAとギタリスト・KASHIF、ボーカルには、メイン・ボーカルにTOI EMERALDS、そしてCAO EMERALDS(カミカオル)に加え、MimeやTokimeki Recordsなどで活躍する注目のシンガー、ひかりが初参加した新体制での記念すべき初ステージ。当日は、2ndステージはソールドアウト、1stステージも盛況という熱気溢れる中、15曲が演奏された。
公開された映像にはTOI EMERALDSによる「Honey」、HIKARI EMERALDSによる「太陽のせい」、そしてCAO EMERALDSによる「DripTrip」の3曲のパフォーマンスを収録。

JINTANA、KASHIFに加え、ゲスト・メンバーの南條レオ(Dr.)、浦野紘彰(Sax.)のダイナミックな演奏、そして、DUB MASTER X(ダブミックス)によるダビーでドリーミーなダブ処理により、ライブならではの躍動感ある演奏に仕上がっている。さらに、VIDEOTAPEMUSICによる、アルバムで表現した“50年代で時の止まった架空の都市エメラルドシティ”を想起させるVJ、加藤ユウ + NEST DESIGN STUDIOによる浮遊するエメラルド宝石の美術セットも世界観を演出している。
【リリース情報】

JINTANA & EMERALDS 『Emerald City Guide』

Release Date:2021.09.15 (Wed.)
Label:Pan Pacific Playa / P-VINE RECORDS
Cat.No.:PCD-25331
Price:¥2,500 + Tax
Tracklist:
01. Oh! Southern Wind
02. Emerald Glass
03. Summer Begins
04. 太陽のせい
05. Love Again feat. Los Retros
06. 二人の夏
07. Mirage
08. Drip Trip
09. There She Goes
10. Dreamin’

■ JINTANA & EMERALDS オフィシャル・サイト(http://www.jintanaandemeralds.com/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着