Shing02の名作『緑黄色人種』が22年
の時を経てデジタル・リリース

Shing02の日本語アルバム『緑黄色人種』が本日2月22日(火)にデジタル・リリースされた。
今作『緑黄色人種』はカリフォルニア州ベイエリアを拠点に活動していたShing02が1997年〜1999年に無差別的なサンプリング・ベースで制作したソロ・アルバム。タイトルは栄養価の高い“緑黄色”とアジア人である誇りの“黄色人種”を掛けた造語。Vector Omegaが全曲プロデュースを手がけ、ギタリストのCapital、ベーシストのMr. Buckner、ターンテーブリストのDJ NOZAWA(2018年没)と共に作り上げた。

初版は1999年10月に、2枚組のCDアルバム、及び2LPとして日本とアメリカでそれぞれリリースされ、2003年に「No.13 Reprise」を追加収録した緑黄色人種・第二版が再発されていた。オリジナル発売からおよそ22年。ついにダウンロード/ストリーミングでの配信が実現した。
Michelle Mishina-Kunz’s photos of Shing02 at Lana Lane Studios


【リリース情報】

Shing02 『緑黄色人種』

Release Date:2022.02.22 (Tue.)
Label:Mary Joy Recordings
Tracklist:
[Disc 1]
01. 冒頭
02. 頂
03. ¥都
04. 誰も知らない
05. 真吾保管計画
06. 少年ナイフ
07. No.13
08. 休憩 (哀愁)

[Disc 2]
01. 人生ゲーム Intro
02. 人生ゲーム
03. 星の王子様
04. イカルス
05. ひとつになるとき
06. 応答せよ
07. 3/4の詩
08. 終局(哀愁)
09. 担当者各位
10. No.13 Reprise

Produced by Vector Omega
Scripted by Shing02
Guitar by Capital
Bass by Mr. Buckner
Scratches by DJ Nozawa
Photos licensed from Vaughn Hovanessian

■Shing02: Twitter(https://twitter.com/Shing02) / Instagram(https://www.instagram.com/shing02gram/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着