原因は自分にある。

原因は自分にある。

原因は自分にある。、
『Tune Live 2022』で披露した
ライブのレポートが到着

 注目のアーティストが東京のお台場に集結し開催された『Tune Live 2022』。DOBERMAN INFINITY、Da-iCEなど今話題のグループが出演したが、その中でも“異色”なパフォーマンスを見せたのは、新時代のエンターテインメントを生み出す気鋭のグループ・原因は自分にある。

 Overtureが流れると、満席の客席の中にペンライトが輝き出し彼らの登場を待ちわびる様子が光の動きから読み取れる。壮大なピアノが会場に響き、ステージ上のメンバーが明らかになるとペンライトの光も波が大きくなり「幽かな夜の夢」からライブがスタート。1曲目から“ゲンジブ節”とも言える哲学的な歌詞と爽快なギターサウンドでゲンジブの色を魅せる。

 そして隙間なく、ゲンジブの代表曲となる「シェイクスピアに学ぶ恋愛定理」と続く。MCでは、メンバーの長野が「D6(DOBERMAN INFINITYのファンの名称)の皆さん、6面(Da-iCEのファンの名称)の皆さん、D.Y.Tのファンの皆さん、観測者(原因は自分にある。のファンの名称)の皆さんの“原因”になれるように頑張ります。」と話し、メンバーの武藤からは「3月に2作配信リリースされます。爽やかな中にげんじぶらしさを感じる曲になっているのでチェックしてください!」と、ファンにとってはサプライズとなる嬉しい発表もあった。

 続けて、Spotifyバイラルチャートインし話題となった「豪雨」を披露。“禁断の恋”をテーマに描かれている楽曲となっているが、平均年齢18歳の彼らがパフォーマンスで表現すると一つの作品となり、なんとも息を呑むように見入ってしまう。

 続けて、アップチューンなラップ曲「0to1の幻想」で激しく客席を煽り、観客も縦ノリに。そして、自己紹介曲「原因は自分にある。」で、“ゲンジブとは”をここで証明し、畳み掛けるように続くのは、タイトルからもわかるゲンジブらしさ「嗜好に関する世論調査」で会場中に“2択”という疑問を投げかけた。

 最後の挨拶では、先ほどまでの舞台上の姿とは違う少年らしい愛くるしさが垣間見えた。ライブを終えてからもワクワクする期待を観客に与え続けるゲンジブの魅力を感じた。

<セットリスト>
M1 幽かな夜の夢
M2シェイクスピアに学ぶ恋愛定理
-MC-
M3 豪雨
M4 0to1の幻想
M5 原因は自分にある。
M6 嗜好に関する世論調査
原因は自分にある。
原因は自分にある。
原因は自分にある。
原因は自分にある。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着