「ずっとダンス一本でやってきて、ダ
ンス以外にできることがないと思って
います。それくらいダンスが好きです
ね。」/【FINALIST INTERVIEW YU-K
I編】マイナビDANCE ALIVE HERO’S
2022 FINAL

 『アライブ』の名で親しまれ、今年で17年目を迎える「マイナビDANCE ALIVE HERO’S 2022 FINAL」。ストリートダンス界最強ヒーローを決めるダンスイベントとして、数多くのダンサーたちのドラマと才能を花開かせてきた。
 毎分毎秒が歴史の転換点となるこの日に向けて、多くの新世代ダンサー達が過酷な予選に挑戦し、ファイナル出場を勝ち獲った。令和ジェネレーションとも呼ぶべきファイナリストたちは、何を思いあの舞台へ上がるのか。
今回はCHARISMAX IIで、BREAKING SIDEに出場し、音遊びを取り入れたスタイルとエネルギッシュなパフォーマンスで、見事ファイナル進出を決めたYU-KI(KOSÉ 8ROCKS / FOUND NATION / 九州男児)へインタビュー。
ダンスを始めたきっかけやルーツ、挑戦してきたことを教えてください
ダンスをはじめたきっかけは3歳の頃、地元のショッピングモール「ゆめタウン」で行われた、のちに通うことになるスタジオMJのイベントでした。ダンスを見てお母さんがそのスタジオに通わせてくれました。
最初はPOPPIN'を習っていて、先生はP→☆さんでした。ブレイキンはインペリアルJB`sのKIDさんに習っていて、一つ上の世代の人たちが活躍していた九州男児と出会いました。僕の世代ではRYOくんとISSEIくんは既にチームで活動をしていて、そこに自分も入ることになり、KIDさん、SHUVAN(FOUND NATION / 九州男児)さんに師事した感じです。
毎日学校が終わってスタジオに通ってかなり練習していました。
九州男児は4人で手で持ち上げるアクロバットが印象的だと思うんですが、僕は持ち上げる方も手で回される方も両方担当しています。特に4人に持ち上げられてバク宙を繰り返し、最後に高いバク宙をする、という役を最初にやったのが僕です。あのルーティーンをやるとかなり胸筋が鍛えられます。続けてきたので今はもう大丈夫ですが、翌日は動けないほど筋肉痛でした(笑)。
22歳になり、春からは大学も卒業してダンス一本で頑張ろうと思っています。
九州男児はかなり練習をしている印象がありますが、そこまで踊り込んでいて、辛かったり挫折したことはなかったのでしょうか?
ダンスが上手くいかなくて落ち込んだことは何度もありますが、ダンス自体を嫌だと思ったことはないですね。一度も辞めたいと思ったことはないです。ずっとダンス一本でやってきて、ダンス以外にできることがないと思っています。それくらいダンスが好きですね。
ただ、ダンスに絡めて困ったことはあるかもしれません。小学校の頃はテレビ番組にも出演させていただいていたのでダンスの遠征などで忙しく学校に行けないこともあって、勉強についていけないなど、不安を感じたことはあります。頭を使えないのはまずいな、と思っていました(笑)。
今は東京に来て1年位ですが、蔓延防止などで練習後にご飯を食べる場所もなかったり、感染対策で人が多い場所を避けるよう気を遣う必要があるのが大変ですね。D.LEAGUEに挑戦している以上、感染して出れなくなると、多くの方が悲しんでしまうと思うので。
影響を受けているダンサーやこうなりたい、というダンサーはいますか?
海外のBboy Gravityのダイナミック、アクロバティック、勢いのあるダンスがかっこいいなと影響を受けました。同じチームのKOSSYさんにも憧れますし踊りが好きですね。
それから僕は立ち踊りも好きなので、昔からYNOT(Rock Steady Crew)の立ち踊りを見ていました。最近はHIPHOPの方の踊りを見たりもしています。YASS(GRAYSOURCE)さん、そして同い年のLEO(GRAYSOURCE)やIKKI(DANCE GAMBA!!!)なんかも見て影響を受けています。
自分のダンスの強みはダイナミックなパワームーブ、アクロバット、だと思います。あと立ち踊りもですね。(理想を言うなら)もっとフリースタイルに、自由に自分を出せれたらなとは思います。
アライブに出ようと思ったきっかけや、バトルに臨んでいる時の心境を教えてもらえますか?
アライブは、九州男児でよくセンターで立ち踊りをしているKYOSUKEというメンバーがいるんですが、九州男児の中から最初にファイナリストになって、「俺も出たい!」と感じて挑戦するようになりました。キッズの時は中3のKIDS SIDEに挑戦できるラストの年にファイナルへ行くことができ、それからも挑戦を続けファイナルは5回出場させていただきました。大学生でもあるので、RIZE SIDEでも参加し優勝させていただきました。ありがとうございます。
バトルの時は「絶対倒す!」と言う気持ちで踊っています。僕のスタンス的にはハッピーな感じで踊るので、そんなにガツガツ(煽る感じ)では無いですけど、気持ち的には絶対負けない!という意志を持っています。また、チームメイトとのバトルの時はバチバチ感がありました。過去にアライブのファイナルでRyo-spinと当たった時は、僕のムーヴが終わったあと立ち上がった瞬間に、RYO君が勢いよく迫ってきて「おおっ!?」と。驚きました(笑)。バチバチで来たので、俺もバチバチでいこう!となりましたね。
もちろんラフに(リラックスして)バトルする時もあります。バトルもD.LEAGUEもそうなんですが、本番前はそんなに緊張しないよう、楽にいるようにしています。緊張すると身体が固まってしまって、踊りがいつも通りじゃなくなってしまうというのが僕の中であるので、気持ちを楽にしています。
ご自身の所属チームについてはどういう想いを持っていますか?
九州男児は、これまでは「みんな似た感じよね、パワーメインで。」と言われていたと思うんですが、最近みんなオリジナリティのあるダンスになってきて、熱いチームだなと思っています。
KOSÉ 8ROCKSは、本当にみんなが仲良くて和気藹々としていて、やる時はちゃんとやるし、ふざけてる時はとことんふざけてるし、面白いです。みんなしっかりスキルもあるので尊敬しています。
FOUND NATIONは、最近なかなか集まれてないんですが、今年20周年のアニバーサリーをやります。ほぼ僕と同い年です。今の僕たちの世代が加入できるまで続けてきたということがすごいなと思うし、今でも世界で活躍したりもしていてさすがFOUND NATIONだなと思っています。
今年はBATTLE OF THE YEARもあリます。開催の時期はD.LEAGUEはオフシーズンになるので、どのチームで出るのかまだわかりませんが、僕は参加したいなと思っています。
アライブのファイナルや今後のバトルへの意気込みをお願いします。
実は予選当日の朝、体調不良でした。なんとか勝ち上がり最後の方は体調も回復してマックスをだせたと思いますが、決勝戦の延長は体力がもう少し欲しかったなとは思います。
CHARISMAX IIの決勝はSHOSEI(GOODFOOT)とでしたが、今まであまりバトルで当たることはありませんでした。ライバルであるCyberAgent Legitのチームメンバーなので、負けたく無いと思ってました。Bboyとしてもだし同じ舞台で戦っている同志としても。
昔から一緒にフランス遠征に行ったりして結構話す間柄だったんですが、バトルになると全然違いましたね。その後CHARISMAX IIIでのSHOSEIの優勝コメントで、目の前で「ファイナルでリベンジを果たす」と宣言されたので、絶対負けたく無い、かかってこい!と思いました。
今後のバトルでいつか倒したい相手はISSEIくんですね。ISSEIくんとは5歳くらいからずっと一緒にいるので、兄弟のような存在です。何度かバトルで当たっているんですが、小学生の頃1回しか勝ったことがないので、今の自分の実力で勝ちたいですね。
ファイナルは優勝します。頑張ります!
マイナビDANCE ALIVE HERO’S 2022 FINALは2021年4月17日(日)!

Dews

ダンスの情報ならダンスのニュースを網羅するポータルサイトDews(デュース)。ダンサー情報やダンス動画、ダンスミュージック、ダンスイベントバトル、コンテスト、オーディション情報をいち早く配信します。

新着