OMNI666 アンケートインタビュー・
橋本桃果編

 【にんげんはきたない!!】をコンセプトに活動中。【轟音で人間を吐き出す激情型落伍者集団】こと「OMNI666(オムニシックスシックスシックス)」。メンバーは、橋本桃果・一ノ瀬怜・夜神乃空・雅の4人。
 NoGoDの団長がプロデュース。OMNI666は、3月1日より本始動。「B.N.I.D.」「ニンゲンキタナイ!!」「ヒカリノアメ」の3曲を配信リリースした。
今回、メンバー4人にアンケート・インタビューを実施。回答から、OMNI666及び各メンバーの魅力を感じていただけたら幸いだ。

橋本桃果編
――OMNI666とは、どういうグループですか。
個人個人で人間らしさが出ているグループだと思います。
――OMNI666がコンセプトに掲げている 【にんげんはきたない!!】。どの辺に、人間の汚さを感じています?
みんな八方美人で怖いです。
――あなたの中の「汚い部分」。逆に「綺麗な面」があったら教えてください。
汚い部分は、SNSを見てるときに顔で判断してしまいます。
綺麗な面は自分が間違えてたら謝れます。
――他のメンバーの印象も聞かせてください。
雅は必要最低限って感じです。
乃空はひとりで話してます。
怜はテンションが高いです。
――OMNI666の本始動が3月1日。この日に向け、昨年11月よりデモンストレーションライブを重ねてきました。ライブ活動を通して感じてきたOMNI666の魅力を教えてください。
まだまだ私たちは未熟なので自分達の魅力といえる部分は無いと思います。
これからOMNI666の魅力を作っていけたらと思います。
――OMNI666のプロデュースをNoGoDの団長が担っています。団長のプロデューサーとしての印象や、一緒に歩み続けている中で団長に感じている想い、団長への要望などがあればお願いします。
団長がこうしたいって想いを汲み取ってパフォーマンスをしていきたいので、たくさん指導よろしくお願いします。
――普段の自分はどんな人ですか?ステージの上に立つと、どう変わりますか?
普段は根暗の陰キャでなるべく人と関わりたくないし自分に干渉しないでほしいです。
でもステージ上ではなるべく自分だけを見ていてほしいしたくさん自分のことを知ってほしいです。
――「OMNI666のここに注目してほしい」ところを教えてください。
みんなの成長過程が楽しめると思います。
――これまではTシャツ姿でのライブ活動でしたが、本始動より衣装姿になります。衣装についての印象も聞かせてください。
黒×シルバー×赤と絶対かっこよくなる配色で作ってくれました。
実際着てみてもとってもかっこいいしそれぞれの個性がでているデザインになっています。
それに、統一してフードがついているのは珍しいのではないかと思います。
――OMNI666は、本始動に合わせ、ライブでも人気の楽曲を配信リリースしました。それぞれの楽曲の聞きどころ。歌詞に込めた想い。ライブで歌いながら感じている印象など、それぞれの曲の魅力について書いてください。
「B.N.I.D.」
A.今日いるアイドルさんの中でもOMNI666の中でも自分だけ見てほしい一心でライブしています。
他のアイドルさんへのあたりが強い歌詞になっているのでその歌詞を歌ってもブーメランにならないようにモチベーションを上げてくれる曲だと思います。
「ニンゲンキタナイ!!」
A.煽りに煽り散らかして最後は綺麗に終わる、一曲完結のような曲調になっていてずっと聴いてても飽きないです。
推し活動、アイドル運営は何十年も人を入れ替えてできるけど、自分のアイドル活動は今しかできないので、使い捨てにされないように誰かに必要とされるように輝きたいです。
「ヒカリノアメ」
A.爽やかな曲になっていても歌詞は熱くなっているのでそれをどう歌い方やダンスで表現できるか求められる曲です。
ライブでは好きに表現しているところも多いので個々の手振りを見るのが楽しいと思います。
――OMNI666の今後の展開について。もしくは、OMNI666をどんなグループにしていきたいかを教えてください。
OMNI666というジャンルを作り上げていき、アイドル業界で影響力のあるグループになりたいです。
――最後に、自由にメッセージお願いします。
夜中に書いてしまって目が覚めちゃいました。
おやすみ〜
質問:長澤智典

【にんげんはきたない!!】
轟音で人間を吐き出す激情型落伍者集団「OMNI666」
サブスク音源
一ノ瀬怜
夜神乃空
https://twitter.com/omni_miyabi
OMNI666YouTubeチャンネル

アーティスト

Myuu♪

フェスティバルをテーマにしたWEBマガジン。フェスティバルの最新ニュースや役立つ情報、最新のフェスカルチャーを発信していき、これからのフェス文化をさらに盛り上げてまいります。

新着