妻夫木聡×安藤サクラ×窪田正孝『あ
る男』特報映像を公開 「別人」であ
ることがわかった亡き夫の正体とは

2022年 秋公開の映画『ある男』から初の本編映像を含む特報と第一弾ビジュアルが解禁された。
『ある男』は、第70回読売文学賞を受賞し、累計21万部を超える平野啓一郎のベストセラー小説『ある男』を映画化したもの。主人公・城戸役を妻夫木聡が演じるほか、安藤サクラ、窪田正孝、清野菜名、眞島秀和、小籔千豊、仲野太賀、真木よう子、柄本明らが競演。『蜜蜂と遠雷』 の石川慶監督がメガホンをとっている。
弁護士の城戸(妻夫木)は、かつての依頼者である里枝(安藤)から、里枝の亡くなった夫「大祐」(窪田)の身元調査という奇妙な相談を受ける。里枝は離婚を経て、子供を連れて故郷に戻り、やがて出会う「大祐」と再婚。そして新たに生まれた子供と4人で幸せな家庭を築いていたが、ある日「大祐」が不慮の事故で命を落としてしまう。悲しみに暮れる中、長年疎遠になっていた大祐の兄・恭一が法要に訪れ、遺影を見ると「これ、大祐じゃないです」と衝撃の事実を告げる。愛したはずの夫「大祐」は、名前もわからないまったくの別人だったのだ。「ある男」の正体を追い“真実”に近づくにつれて、いつしか城戸の中に別人として生きた男への複雑な思いが生まれていく。
解禁された特報映像では、妻夫木がナレーションを担当。「僕たちは誰かを好きになる時、その人の何を見ているのだろう。その人の何を愛するのだろう」という、意味深な言葉からスタート。エルヴィス・プレスリー「Can‘t Help Falling In Love」のカバー曲とともに、里枝(安藤)が“ある男”大祐(窪田)とともに過ごした幸せな日々が映し出される。しかし、大祐が不慮の事故で亡くなると、“別人だった”という衝撃の事実が明かされる。特報後半には、台湾の室内楽アンサンブルグループ・Cicadaが担当した音楽も流れる。Cicadaは、本作で日本映画に初参加を果たしている。
また、本作の追加キャストも発表。オーディションで抜擢され、映画初出演を果たす坂元愛登が里枝の息子・悠人を演じるほか、里枝の母親・初江役で山口美也子、大祐の働く林産会社の社長・伊東役できたろう、「大祐」の過去を知る人物としてカトウシンスケ・河合優実・でんでんらが名を連ねている。
『ある男』は2022年 秋 、全国ロードショー。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着