若きマクゴナガルやダンブルドアの意
味深なつぶやきも 映画『ファンタス
ティック・ビーストとダンブルドアの
秘密』日本版予告を解禁

4月8日(金)公開の映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』から、日本版予告編が解禁された。
『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』は、『ハリー・ポッター』『ファンタスティック・ビースト』シリーズの最新作。2018年11月に劇場公開され、興行収入65.7億円、観客動員473万人を突破した『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』に続く作品だ。本作では、魔法動物を愛するシャイでおっちょこちょいな魔法使い・ニュートが、ダンブルドア先生や魔法使いの仲間たち、マグルと寄せ集めのデコボコチームを結成。魔法使い・グリンデルバルドに立ち向かう。そして、ダンブルドアの過去に隠された秘密が明かされるという。
(c)2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved Wizarding World TM Publishing Rights (c)J.K. Rowling WIZARDING WORLD and all related characters and elements are trademarks of and(c)Warner Bros. Entertainment Inc.
本作では、“黒い魔法使い”グリンデルバルド(マッツ・ミケルセン)を止めるため、ニュート(エディ・レッドメイン)と“史上最も偉大な魔法使い”ダンブルドア(ジュード・ロウ)、ニュートの兄で“超エリート魔法使い”テセウス(カラム・ターナー)や、“魔法動物を愛するニュートの助手”バンティ、アメリカのイルヴァーモーニー魔法魔術学校の“呪文学の教師”ユーラリー(ジェシカ・ウィリアムズ)、“名門魔法族の末裔”ユスフ(ウィリアム・ナディア)、“陽気なマグル”ジェイコブ(ダン・フォグラー)が集結。
解禁された日本版予告では、ニュートとジェイコブのほっこりする再会シーンに加え、『ハリー・ポッター』シリーズにも登場したマクゴナガル先生の若き日の姿や、ホグワーツ城、クィディッチなどの映像もおさめられている。また、US版予告と同じく、グリンデルバルドとダンブルドアの対決や、ダンブルドアが「私は愚かにも杖を抜いたんだ」という意味深な言葉をつぶやく場面も収められている。
『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』は4月8日(金)全国ロードショー。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着