霧矢大夢、多和田任益らが出演 三島
由紀夫が描く純愛とファンタジー 舞
台『薔薇と海賊』開幕

2022年3月4日(金)東京芸術劇場シアターウエストにて、unrato#8『薔薇と海賊』が開幕した。
三島由紀夫が手がけた『薔薇と海賊』は、童話作家と自分をその童話の登場人物だと思い込む青年との純愛を描く異色の物語。
あらすじ
人気童話作家の楓阿里子は、娘の千恵子に自分の童話の登場人物であるニッケル姫の扮装をさせて暮らしていた。ある日、楓家に自分を阿里子の童話の主人公・ユーカリ少年だと信じる30歳の松山帝一がやってくる。帝一と阿里子は童話の話に花を咲かせ、2人の夢のような純愛が始まるのだが…。

美しい三島由紀夫の言葉とファンタジックな世界観を立体化した、洗練された舞台美術、衣裳、音楽、そして世界へ三島の言葉を届けるかのような息をのむラストシーン…。観客を別世界と誘う演出は、三島由紀夫の戯曲に初めて挑む大河内直子が手掛ける。
阿里子役の霧矢大夢は、大河内の演出舞台に何度も出演しており、2015年『I DO! I DO!』で第22回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞するなど互いの信頼厚いタッグ。『薔薇と海賊』では凛と咲く薔薇のように美しく阿里子を演じる。
帝一役は、2.5次元舞台・戦隊シリーズ・ミュージカル・つかこうへい作品など幅広く活躍する多和田任益。阿里子の娘・千恵子役に田村芽実、夫・重政役に須賀貴匡、その弟・重巳役に鈴木裕樹。
舞台『薔薇と海賊』 撮影:交泰
またベテランの大石継太、飯田邦博、羽子田洋子らが、生々しい現実感やコミカルなやりとりで、作品の幅を広げる。ほか篠原初実、松平春香など実力派の出演者がそろった。
1958年に文学座が杉村春子主演で初演。1970年の浪漫劇場での再演では三島は涙を流しながら観劇し、全公演が終了した2日後に自ら命を絶った。三島の描くこの世界の「薔薇」と「海賊」。三島が見たかった「夢の世界」は何だったのか、深い問いが隠されている。
舞台『薔薇と海賊』 撮影:交泰

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着