ファーストサマーウイカ、布袋寅泰が
作詞・作曲した新曲「Open the Door
」をリリース

ファーストサマーウイカが、自身初の主演ドラマ主題歌となる新曲を4月2日に配信リリースすることが決定。幼少期よりアーティストとしてリスペクトしていたという布袋寅泰に楽曲依頼をしてみようと打診したところ、布袋自身が40周年プロジェクトの最中にありながら多忙な合間を縫ってのプロデュースを快諾した事から、奇跡的に夢のタッグが実現した。
布袋は「以前から歌を聴いて、声も歌い方もとても好きだったので、いつかご一緒できるチャンスがあればいいなと思っていた矢先のオファーだったのでとても嬉しかったです。“とにかく頭の回転が早い人”という印象。レコーディングの際も、歌詞に対する自身の解釈と、僕の理想とする世界観を短時間でしっかり理解し、実際の歌に反映させるスピードはただものではありませんでした。真面目で勉強熱心、優しくて可愛い最高の女性ですね!」と評価。ウイカ本人は「布袋さんがお忙しい中受けてくださったことに本当に感謝。ご一緒させて頂いて一番びっくりしたのはプロデュース能力。何が合うかを取捨選択し、気持ちよく乗れるようにレールを引いて先導してくださるプロデュースの素晴らしさを身をもって感じました」と短い時間の中で影響を受けたようだ。
布袋曰く「元はドラマの話から作成していった楽曲だが、ドラマの主人公だけではないこれからのファーストサマーウイカを多くの人にアピールできる曲になる予感があった」という通り彼女の新しい一面が垣間見える楽曲としても仕上がっている。
タイトルは「Open the Door」、布袋曰く「お話をいただいた時から『Open the door(扉を開け)』というキーワードが頭でリフレインしており、主人公=ウイカさんの強気ながらも揺れる乙女心をメロディと歌詞に乗せ、ワクワクするイントロから彼女のハジけるボーカル、ミュージカル仕立てのサビとコーラス、一緒に歌いたくなるようなギターソロの作りになっている」というだけあって楽しい気持ちにしてくれるはず。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着