追加公演はドーム2DAYS 激走は止ま
らない『ウマ娘 プリティーダービー
4th EVENT SPECIAL DREAMERS!!』東
京公演DAY2レポート

社会現象的なヒットを記録してゲームアプリのサービス開始から一周年を迎えたクロスメディアコンテンツ『ウマ娘 プリティーダービー』。そんな盛り上がりをファンと共に分かち合うイベント「ウマ娘 プリティーダービー 4th EVENT SPECIAL DREAMERS!!」東京公演が3月5~6日に調布市・武蔵野の森総合スポーツプラザで開催された。DAY1は2016年から続く『ウマ娘』の歩みを追体験するようなライブが繰り広げられたが、はたして続くDAY2はどのようなステージが繰り広げられたのか? 様々な重大発表も交えて大盛況に終わったイベントの様子をレポートしよう。

■多くのウマ娘が紡ぐ「繋がり」が熱い歌となっていく!
DAY1と同様に会場内はほぼ満員のウマ娘ファンが集い、開演直前に流れる『うまぴょい伝説』に合わせて緑のコンサートライトの輝きとクラップが会場の空気を熱く盛り上げていく。
そんなファン達のウォーミングアップが終わると、解説席にはシークレットゲストとして馳川たづな役・藤井ゆきよが登場。ゲームでも聞き慣れた優しく凛とした声がライブの注意事項と協賛企業の名前を読み上げ、そのたびに拍手が巻き起こる。そしてたづなさんの喜びあふれる宣誓と共にいよいよDAY2の幕が上がった。
スクリーンにはDAY1同様に出走ウマ娘達のシルエットが映し出され、壮大なファンファーレと共に繰り広げられるダンサーの華麗なダンスを受けて、ポーズを決めてせり上がってくる本日出走のメンバー達……いよいよウイニングライブの幕が上がる!
●We are DREAMERS!!/ウマ娘
(c) Cygames, Inc.
前日に続いて、オープニングを飾るのは4thイベントのテーマソング「We are DREAMERS!!」。トレーナー(ファン)とウマ娘達が積み上げてきた思い出を胸に、さらなる未来へと駆け抜けようという希望の歌を、今日はキタサンブラック役・矢野妃菜喜の元気なメッセージや、マチカネタンホイザ役・遠野ひかるのほんわかしたゲキを交えながら繰り広げられた。ファンもそんな彼女達の走る道を作る様に緑のコンサートライトで会場を輝くターフへと変え、DAY2のスタートを彩っていった。
曲を終えての自己紹介は、今日・3月6日がゴールドシップの誕生日なので最高の一日しようと意気込む上田瞳のハイテンションな挨拶からスタート。今日がナンバリングイベント初参加となるメンバーは緊張しつつもやる気をアピール。
そしてナリタトップロードならではの少ない語彙で興奮気味なコメントを披露する中村カンナや、メイショウドトウの定番セリフ「救いはあるのでしょうか」を交えた和多田美咲の挨拶に新田ひよりがマチカネフクキタルとなって「救いはあります!」と元気づけたり、ゲスト出走のセイウンスカイ役・鬼頭あかりが劇中同様にやる気マンマンで併走を求めるキングヘイロー役・佐伯伊織に「やだ」と返すなど、ウマ娘達を感じさせるやりとりで会場や配信で応援するファンを喜ばせた。
今日も進行を務める実況役・明坂聡美が「のっけから可愛さが大渋滞」と評した自己紹介パートが終わると、メンバーを代表して矢野妃菜喜がコメントを噛みつつも今日の意気込みをアピール。そしてサトノダイヤモンド役・立花日菜による新衣装説明とファンに見てもらうためのグルグルタイム、シラオキ様も大絶賛の笑いと涙のステージだったとDAY1について語る新田ひより、初参加組を代表して「We are DREAMERS!!」での初ステージの感想を夢みたいで思ったより緊張しなかったと頼もしく応える中村カンナらが今日のステージへの期待を盛り上げていく。
最後はフジキセキ役・松井恵理子が配信で見ているファン達をポニーちゃんと呼んで楽しんでほしいとメッセージを送ると、シンボリルドルフ役・田所あずさが会長らしい落ち着きでトークタイムを締めくくり、ルドルフと関わりの深いウマ娘が唄う次のステージを務めることをファンに伝えて、いよいよDAY2のウイニングライブが始まった。
●winning the soul/Machico(トウカイテイオー役)、田所あずさ(シンボリルドルフ役)
ボクのカッコイイとこ見ててねというトウカイテイオーらしいアピールと共に始まったのは彼女の代表曲でもある「winning the soul」。初日はクラシック三冠に挑んだウマ娘達によるステージだったが、今日はトウカイテイオー役・Machicoのソロステージに。炎の様な真っ赤なライティングと客席を染め上げるコンサートライトの真紅の輝き、さらに配信では赤いラインで描かれた巨大スピーカーが唸りを上げて、ステージ最上段で力強いボーカルを見せつけるMachicoのパワーを見せつけていく。
そんな炎をさらに勢いづける様に、曲の後半でステージ最前面にシンボリルドルフ役・田所あずさが登場。アニメやゲームでも無かったトウカイテイオーとシンボリルドルフのライブ競演といういきなりのサプライズに会場も配信もテンションが一気に急上昇。最後は二人の絶妙のハーモニーで締めくくられ、最高のスタートダッシュとなった。
●GIRLS' LEGEND U/松井恵理子(フジキセキ役)、鬼頭明里(セイウンスカイ役)、大和田仁美(スマートファルコン役)、和多田美咲(メイショウドトウ役)、遠野ひかる(マチカネタンホイザ役)、野口瑠璃子(サクラチヨノオー役)、中村カンナ(ナリタトップロード役)
ゲームアプリ版の主題歌で『ウマ娘』にとっては門出の節目を飾る曲である「GIRLS' LEGEND U」。今回は久々のライブ出演となるフジキセキ役・松井恵理子&セイウンスカイ役・鬼頭明里がナンバリングイベント初出演メンバーを導くような編成での披露となった。アップテンポで力強いウマ娘にとってのウォークライとなる曲を全員が激唱。間奏では松井がフジキセキとして意気込みを鬼頭明里に尋ね、鬼頭もセイウンスカイらしくゆるっと脱力した答えでいなすというファンには嬉しい掛け合いも披露されてファンを楽しませた。
●BLOW my GALE/和氣あず未(スペシャルウィーク役)、Lynn(マルゼンスキー役)、木村千咲(ダイワスカーレット役)、前田玲奈(グラスワンダー役)、田所あずさ(シンボリルドルフ役)
前曲の勢いを引き継ぐ様に、ステージ前面から激しく炎が噴き出す中で始まったのは、ゲームの最新育成シナリオ「Make a newtrack!!」を勝利したウマ娘が唄える「BLOW my GALE」。前日と同じスペシャルウィーク役・和氣あず未、マルゼンスキー役・Lynn、ダイワスカーレット役・木村千咲に、スペシャルウィークとTVアニメ第1期で競い合ったグラスワンダー役・前田玲奈とゲーム内でマルゼンスキーと戦いを熱望していたシンボリルドルフ役・田所あずさが加わり、正に“最強”を追い求めるウマ娘達が勢ぞろいしたステージに。
炎にひるむことなく5人はダンサーと共に力強い歌とダンスを見せつける。配信では曲のイメージでもある激しい風のエフェクトも加わる中、ラストは暗闇の中に照らされながら拳を天に突き上げる印象深いパフォーマンスで締めくくられた。
●UNLIMITED IMPACT/Lynn(マルゼンスキー役)、松井恵理子(フジキセキ役)、高柳知葉(オグリキャップ役)
ノイズ混じりの静かなピアノイントロから激しいメロディへと移り変わって始まった「UNLIMITED IMPACT」。二日目は企画初期のCD『STARTING GATE 02』でユニットとしてこの歌を唄ったオリジナルメンバー三人が勢ぞろいし、大会場のライブでは初披露という『ウマ娘』を追い続けてきたファンには嬉しいステージに。
実力派の三人が繰り出す重厚なボーカルとハーモニーが場内を沸き立たせ、解説席にマスク姿で登場したエルコンドルパサー役・髙橋ミナミも超感激しましたと声援を送る。そしてイベント後半のMC内ではゲーム内のライブステージに三人のボーカルも実装決定という嬉しいニュースも伝えられた。
●Never Looking Back/上田瞳(ゴールドシップ役)、田所あずさ(シンボリルドルフ役)、大和田仁美(スマートファルコン役)、新田ひより(マチカネフクキタル役)、遠野ひかる(マチカネタンホイザ役)、立花日菜(サトノダイヤモンド役)サトノ
どんな困難が待ち受けていようとくじけず前に進み続ける想いを唄ったハーフアニバーサリーソングを、企画初期から登場のゴールドシップとシンボリルドルフ、ゲームサービス開始後に実装されたスマートファルコン、マチカネフクキタル、マチカネタンホイザ、そして新世代のサトノダイヤモンドと『ウマ娘』の歩みを体現するかの様な6人が登場。大きくせり上がったスクリーンステージでゲーム内のライブステージが再現され、配信では迫力ある光のエフェクトも加わる中、力強い歌声で、大きく広がった『ウマ娘』の世界への想いを情感たっぷりに唄い上げた。
ライブ前半を終えてのMCタイムでは、DAY1同様に2チームに分かれての盛り上げパフォーマンス対決が繰り広げられた。
TVアニメ第1期の中心となって物語を盛り上げたスペシャルウィーク・グラスワンダー・エルコンドルパサー・セイウンスカイ・キングヘイローら「黄金世代」が集まったチーム<同じクラス>は、カップリングが入れ替わりながらのピースハートからの全員揃っての指ハート、そしてラストは5人での投げキッスで決めるという息の合ったパフォーマンスと仲良しぶりで会場と配信を盛り上げる。
続くサイレンススズカ・スマートファルコン・メイショウドトウ・フジキセキ・シンボリルドルフ・サトノダイヤモンドらチーム<サイレンススズカ>は、それぞれが思うがままにアピールして最後に全員でファミリーマートのコラボ商品にもなったサイレンススズカの一発芸「苺大福」ポーズを決めて盛り上げてみせた。
会場でのコンサートライトによる判定もほぼ同率だったため、最後はたづなさんの判定で「両方勝ち」という結果に。そんなほっこりするMCタイムで一息ついたところで、ライブは中盤戦へと突入する。
激アツなソロパフォーマンスのぶつかり合い!
●禁断Burning Heart/Lynn(マルゼンスキー役)
ライブ中盤戦のトップバッターは、ゲームでのちょっとセンス古めな激マブお姉さんぶりで人気上昇中のマルゼンスキーのソロナンバー。ちょっと80年代風味のサイケなスクリーンビジュアルをバックにノリノリのメロディで盛り上がるセクシー風味のラブソングに、客席もマルゼンスキーの愛車・スーパーカーのタッくん色の赤でコンサートライトを輝かせ、会場内を激アツなモンツァレッドに染め上げて応援。
解説席からスペシャルウィークの応援を受けながら、ラストはピンクのスポットライトと共にキメてみせ、会場の空気を見事にアゲアゲにして次へとバトンを繋いだ。
●CATCH THE VICTORY!/大橋彩香(ウオッカ役)
マルゼンスキーからのバトンを受け取って次なるソロステージを務めるのはウオッカ役・大橋彩香。イメージカラーのイエロー一色に客席が染まり、実況席に乱入したゴールドシップ役・上田瞳の声援を受けて、2ndイベント以来となるソロナンバーを披露。
今回はダンスは控えてロックを前面に押し出し、疾走感あふれるナンバーを圧倒的な声量で唄い上げる。クライマックスでは暗闇の中にピンスポットで照らし出されながらのアカペラから、真っ赤なライティングに染まるステージでの絶唱を決めて、次に控えるライバルに向けて強烈なバトンを突きつけて見せた。
●Rising Girl/木村千咲(ダイワスカーレット役)
ウオッカの熱いステージの後では黙って入られないとばかりに、ステージ最上段にダンサーと共にせり上がって登場したのはダイワスカーレット役・木村千咲。
こちらもゴールドシップからの声援を受けて、予想以上の未来にみんなを連れて行ってあげると常に一番でないと気が済まないダイワスカーレットらしさ全開の強気なリリックで彩られたロックナンバーを熱唱。
彼女のカラーであるブルーとレッドに染め上げられた客席の声援に、最後は振り向きざまのあっかんべーで締めるという可愛くも強烈なパフォーマンスでウオッカとのソロ対決を締めくくった。
●本能スピード/高柳知葉(オグリキャップ役)、大橋彩香(ウオッカ役)、髙橋ミナミ(エルコンドルパサー役)、前田佳織里(ナイスネイチャ役)、佐伯伊織(キングヘイロー役)
スピード感あふれるナンバーが続いく中盤戦の4曲目は、ゲーム内で短距離・マイル戦を勝った者だけが唄える「本能スピード」。ブルーとパープルのクールなライティングのステージ現れた5人は、いずれもCD『WINNING LIVE 01』で同ナンバーを唄ったメンバーだ。会場を極彩色のレーザーが飛び交う中で、力強い5つのボーカルが高速で競り合う様に重なり合い、ラストまで息をつかせぬレースを見つめているかの様な濃密なステージが繰り広げられた。
●Make debut!/和氣あず未(スペシャルウィーク役)、高野麻里佳(サイレンススズカ役)、大和田仁美(スマートファルコン役)、和多田美咲(メイショウドトウ役)、遠野ひかる(マチカネタンホイザ役)、野口瑠璃子(サクラチヨノオー役)、中村カンナ(ナリタトップロード役)
ライブ中盤戦を締めくくるのは、この4thイベントでは新メンバーを迎える曲となっているTVアニメ第1期オープニングテーマ「Make debut!」。今回はスペシャルウィーク役・和氣とサイレンススズカ役・高野と共に、ナンバリングイベント初出走の5人がゴンドラに乗り込んでアリーナを周回。応援するファンに間近で手を振って応えたり、間奏ではナリタトップロード役・中村カンナが楽しんでいって下さいねと語りかけたりしながら、初出走のトキメキをファンと共に共有していった。
疾走感あふれるナンバーが続いて凄かったという中盤戦の感想と共に始まったMCタイム。この一年の思い出を尋ねられたナイスネイチャ役・前田佳織里は、チーム<カノープス>という仲間ができたのが嬉しかったと語り、いつか全員揃ってのライブや他のウマ娘キャストも交えて運動会をやりたいと希望した。さらに話題を呼んだ一周年アニメについては、ウオッカ役の大橋は立派な先輩となっているスピカの面々が、キタサンブラック役の矢野はトレセン学園生徒になった彼女の登場が嬉しかったとそれぞれに喜びを語った。
他にもテレビ出演の機会が多かった昨年については、ゴールドシップ役・上田が初出演となった年末カウントダウンが印象深かったと話すと、その様子を収録したドキュメントムービー(現在は公開終了)の中で「私が居るから大丈夫」と他のメンバーを励ますシーンについてトウカイテイオー役・Machicoからいじられる一幕も。
そしてこれから始まる二年目については、全国各地でライブをやってファンに会いに行きたいという夢や次のナンバリングイベントの衣装の色がどうなるかなどの予想で盛り上がりながら、ナイスネイチャのゲキとともにいよいよライブも後半戦へと進んでいった。
●グロウアップ・シャイン!/松井恵理子(フジキセキ役)、前田玲奈(グラスワンダー役)、髙橋ミナミ(エルコンドルパサー役)、田所あずさ(シンボリルドルフ役)、佐伯伊織(キングヘイロー役)、立花日菜(サトノダイヤモンド役)
MC参加メンバー全員による歌い出しから始まった一曲目は、TVアニメ第1期エンディングテーマの「グロウアップ・シャイン!」。トロッコに乗り込んだ6人による前曲に続いてのゴンドラ周回に客席もコンサートライトを勢いよく振って、間近から手を振るメンバーと喜びを交わし合う。間奏ではエルコンドルパサー役・高橋とサトノダイヤモンド役・立花の応援合戦も繰り広げられ、最後はステージ戻っての決めポーズで締めくくり、ライブ後半戦へ向けての熱気を盛り上げていった。
●NEXT FRONTIER/高柳知葉(オグリキャップ役)、前田玲奈(グラスワンダー役)、田所あずさ(シンボリルドルフ役)
強さの頂点を追い求めるウマ娘だけが唄えるナンバー「NEXT FRONTIER」。唄うのは劇中レースやモデル競走馬が天皇賞を制した「最強」へこだわる三人のウマ娘だ。グラスワンダー役・前田が頂点を制する決意を、オグリキャップ役・高柳がそんな自分達を見ていてほしいと語り、シンボリルドルフ役・田所が自分達が最強たる所以を証明しようと宣言し、乱舞するライティングと吹き上がる炎と共に力強い歌声をファンへと送る三人…まさに「最強」と呼ぶに相応しいパフォーマンスを見せつけるステージとなった。
●Ambitious World/立花日菜(サトノダイヤモンド役)、矢野妃菜喜(キタサンブラック役)
2月の「ぱかライブTV」内でサプライズ公開されて話題を呼んだ1stANNIVERSARY記念アニメ。その主人公を務めたサトノダイヤモンドとキタサンブラックを務めた二人がステージ上へとせり上がり、アニメ映像と共にテーマソングが始まると、声なき大歓声のように会場中のコンサートライトの光が激しく振りかざされた。
トレセン学園とレースに挑む日々への期待と喜びを唄うこの曲を、演じるウマ娘そのものとなったかのように歌声とダンスに感情を乗せる二人のパフォーマンスに、会場も配信も最高の盛り上がりを見せ、キタサンブラックとサトノダイヤモンドが今年の『ウマ娘』を引っ張っていくであろう期待を感じさせるステージとなった。
●WINnin' 5 -ウイニング☆ファイヴ-/松井恵理子(フジキセキ役)、新田ひより(マチカネフクキタル役)、和多田美咲(メイショウドトウ役)、野口瑠璃子(サクラチヨノオー役)、中村カンナ(ナリタトップロード役)
青春フレーズ満載の「アオハル杯 ~輝け、チームの絆~」のテーマソングを、今回はフジキセキとマチカネフクキタルがナンバリングイベント初登場組と共に披露。緊張しつつもがんばると宣言するメイショウドトウ役・和多田美咲や、かわいいポニーちゃんと一緒に最高のショーをお届けするよとアピールするフジキセキ役・松井恵理子、そしてサクラチヨノオー役・野口が間奏で彼女流オリジナル格言を披露するなど、それぞれがキャラクターの色を出すパフォーマンスを交えながら、仲間と走る嬉しさをさわやかに唄い上げていった。
●ユメヲカケル!/Lynn(マルゼンスキー役)、上田瞳(ゴールドシップ役)、髙橋ミナミ(エルコンドルパサー役)、前田佳織里(ナイスネイチャ役)、立花日菜(サトノダイヤモンド役)、矢野妃菜喜(キタサンブラック役)
昨日は唄う側で参加していたトウカイテイオーが解説にまわって、ゴンドラで周回しながらのライブとなったDAY2の「ユメヲカケル!」。TVアニメで存在感を見せたウマ娘の面々がファンの間近で声援に応えながら熱唱。
特にキタサンブラック役・矢野は間奏でテイオー役・Machicoとエールを送り合ったり、サビの「友達以上、仲間でライバル」のところでサトノダイヤモンド役・立花とコブシを合わせるパフォーマンスを見せるなどして、作品世界とライブをシームレスに重ねるパフォーマンスで「ユメヲカケル!」の世界観をリアルに表現し、会場や配信を大きく沸かせてみせた。
●<スペシャルコンテンツ>逃げ切りシスターズのウマドルライブ直前ミーティング/高野麻里佳(サイレンススズカ役)、Lynn(マルゼンスキー役)、木村千咲(ダイワスカーレット役)、大和田仁美(スマートファルコン役)、中村カンナ(ナリタトップロード役)
「ユメヲカケル!」が終わると、ステージにはスマートファルコン役・大和田仁美が登場。ゴンドラから下りてきたマルゼンスキー役・Lynnとサイレンススズカ役・高野麻里佳を呼び寄せ、アニメ『うまよん』でおなじみの逃げ切りシスターズの緊急ミーティングがスタート。
みんなで盛り上がるためのアイデアとしてマルゼンスキーがピンクのジュリ扇を振りかざすパフォーマンスを提案し、客席もコンサートライトをピンクに輝かせてそれに合わせて盛り上がると、『うまよん』でのスズカの定番リアクション「嘘でしょ」が生で飛び出してステージと客席も大きく盛り上がる。
そして会場の拍手に後押しされてスマートファルコンがセンターを務めることになったのはいいが、今日は三人しか居ないので不安だと語ると、マルゼンスキーが助っ人として逃げウマ娘のダイワスカーレット役・木村千咲と、逃げではないけどナリタトップロード役・中村カンナが呼び寄せられ、4thイベントDAY2限りのウマドルライブがスタートした!
●逃げ切りっ!Fallin' Love/高野麻里佳(サイレンススズカ役)、Lynn(マルゼンスキー役)、木村千咲(ダイワスカーレット役)、大和田仁美(スマートファルコン役)、中村カンナ(ナリタトップロード役)
助っ人としてダイワスカーレットとナリタトップロードを迎えて始まったウマドルライブの曲は、当然逃げ切りシスターズの「逃げ切りっ!Fallin' Love」。レース戦略の大逃げを恋に重ね合わせ、恋の色・ピンク一色に染まった場内のコンサートライトに応えながら、ポップなダンスとボーカルでウマドル(アイドル)全開なパフォーマンスで場内を盛り上げていく。
ラストは全員で指ハートを決め、さらにスマートファルコンがトップウマドル目指して色々なことにチャレンジするという新企画の告知も。
●ぴょいっと♪はれるや!/和氣あず未(スペシャルウィーク役)、前田玲奈(グラスワンダー役)、髙橋ミナミ(エルコンドルパサー役)、鬼頭明里(セイウンスカイ役)、佐伯伊織(キングヘイロー役)
曲を終えたスマートファルコンが「ぴょいっと」ステージから逃げると、間髪入れずに次の曲「ぴょいっと♪はれるや!」がスタート。唄うのはもちろん今回ついに5人全員が揃った「黄金世代の面々」。

唄いながらステージ袖に現れた5人は、そのままゴンドラに乗り込んでアリーナを周回しファンの声援に応えながら仲間とがんばる楽しさと喜びをリズミカルに元気に熱唱。エルコンドルパサー役・高橋ミナミも特製のマスク姿で唄うなど、TVアニメ第1期やゲームの育成シナリオで5人のドラマを見届けてきたファンには嬉しいパフォーマンスが繰り広げられた。

ライブ後半戦を終えてのMCタイムではここまでの全曲をそれぞれが振り返っていく。待望のデュエットが実現した嬉しさを語るMachicoや、炎の演出があるステージに立ったメンバーからはその熱さへの驚き、そして「ユメヲカケル!」で矢野&立花が見せたエモいパフォーマンスや、オリジナルメンバーで唄えた「UNLIMITED IMPACT」「ぴょいっと♪はれるや!」の嬉しさなどが語られ、いよいよライブもクライマックスへと突入する。
ついに『ウマ娘』ドーム進出! その勢いは誰にも止められない!!
●transforming/高野麻里佳(サイレンススズカ役)、大和田仁美(スマートファルコン役)
スクリーンと配信ARでの幻想的な演出と共に紡がれる切なげなボーカルが印象深かった「transforming」、DAY2ではスズカのパートナーとして逃げ切りシスターズ仲間のスマートファルコン役・大和田仁美が登場。そのせいかパフォーマンスもどことなくアイドルらしさが増したように見え、組み合わせによって歌自体もトランスフォームする面白さを二日間通して参加した人には感じられるステージとなった。
●木漏れ日のエール/Machico(トウカイテイオー役)、前田佳織里(ナイスネイチャ役)、立花日菜(サトノダイヤモンド役)、矢野妃菜喜(キタサンブラック役)
TVアニメ第2期の主人公を務めたトウカイテイオーとメジロマックイーンの関係性が色濃く描かれたエンディングテーマ「木漏れ日のエール」。今回はアニメやゲームでトウカイテイオーとのライバル関係が描かれたナイスネイチャ役・前田佳織里とのデュエットとなった。
天性の輝きを持つテイオーにコンプレックス混じりのライバル心を抱くネイチャという、エモーショナルな関係性を感じさせる二人のボーカルがオリジナルとはひと味違った曲の魅力を描き出していく。
さらに後半では、テイオーとマックイーンに憧れ、二人に近い関係性を育むキタサンブラック役・矢野妃菜喜とサトノダイヤモンド役・立花日菜も加わって、ウマ娘達それぞれの想いが浮かび上がってくる情感豊かなボーカルとハーモニーに場内からは惜しみない拍手が送られた。
●Find My Only Way/和氣あず未(スペシャルウィーク役)、高野麻里佳(サイレンススズカ役)、Machico(トウカイテイオー役)、上田瞳(ゴールドシップ役)、大橋彩香(ウオッカ役)、木村千咲(ダイワスカーレット役)、立花日菜(サトノダイヤモンド役)
TVアニメ第1期の実質的な最終回といえる第12話のエンディングを飾った特別な一曲「Find My Only Way」。DAY1ではスペシャルウィーク、サイレンススズカ、オグリキャップの三人で送ったこのナンバーを、今回はチーム<スピカ>のメンバー6人とメジロマックイーンを目標にするサトノダイヤモンドという、スペシャルな編成でファンに届けることに。
それぞれが抱いている「一つの目標を乗り越えて、また新たな夢へと走り出す気持ち」が七つの色の歌声となって重なり合い、前日とは違った感情を揺さぶるハーモニーが紡がれるステージとなった。。
●大好きのタカラバコ/ウマ娘
DAY2のライブもいよいよラストナンバーに。最後を飾るのはDAY1と同じく、ウマ娘とファンそれぞれの「大好き」の気持ちという最高の宝物と共に未来を目指そうというメッセージが込められた「大好きのタカラバコ」。壮大なメロディと共に総勢23名の歌声がハーモニーを奏でるというグランドフィナーレ感満点のステージが繰り広げられる。
矢野&立花からのこれからも一緒に歩んで下さいというメッセージと共に会場中をスポットライトが飛び交い、配信画面では会場に『ウマ娘』の未来を示す様に虹の架け橋がかかる。そしてトウカイテイオーと全員の挨拶と共に、ライブの幕は下ろされた。
ついに『ウマ娘』ドーム公演が決定! この勢いはまだまだ止まらない!
ステージの照明が落とされると同時に、まだまだこの時間を過ごしたいファンからのアンコールを求める熱いクラップが会場内に大きく響き渡る。それに応える様に馳川たづな役・藤井ゆきよが登場し、『ウマ娘』最新情報告知がスタート。
ゲームに待望のサトノダイヤモンドの実装や、ゲームとコミックで新たなウマ娘の登場が発表。そして最後に11月5~6日・埼玉県ベルーナドームでの4thイベント追加公演の開催決定が発表。新たなウマ娘に加えてついに初のドーム進出のニュースに会場と配信の双方が湧き上がった。
そんな盛り上がりの中で、いよいよフィナーレとなるアンコールステージがスタートした。
●走れウマ娘/ウマ娘
明坂聡美の勢いあふれる実況と共にアンコールの幕開けを飾るのは、名曲を可愛く元気にカバーした「走れウマ娘」。ステージとゴンドラを双方フルに使ったメンバーのパフォーマンスが繰り広げられ、シンボリルドルフ役・田所あずさ渾身のダジャレも満を持して炸裂し、ライブのクライマックスに向けて場内にさらなる熱気を呼び込んでいった。
最後の挨拶としてサトノダイヤモンド役・立花日菜、キタサンブラック役・矢野妃菜喜、トウカイテイオー役・Machicoからこの二日間を熱く完走できたことの喜びと盛り上げてくれたファンへの感謝、そしてこれからも楽しいことが待っている『ウマ娘』から目を離さないでほしいという願いの言葉と共に、最後のシメに相応しいあの曲がスタートした。
●うまぴょい伝説/ウマ娘
テレビなど様々なメディアでも披露され、今や『ウマ娘』を知らない人でも曲は知っているというレベルにまで広まった「うまぴょい伝説」。最後まで一緒に駆け抜けていきましょうという和氣の言葉と共に曲がスタート。メンバーもファンもまだまだ元気いっぱだとばかりに「うまぴょい! うまびょい!」と盛り上がり、ライティングを受けてまぶしく輝くアルミの紙吹雪の中で東京公演DAY2はゴールインとなった。
最後に矢野&立花からのまた次のレースでお会いしましょうという挨拶と全員による一礼、そしてコンサートライトを振ってありがとうの気持ちを伝えるファンに手を振って応えながらメンバーは引き上げていき、「ウマ娘 プリティーダービー 4th EVENT SPECIAL DREAMERS!!」東京公演は見事大団円となった。
次に控える5月の横浜公演と、『ウマ娘』史上最大規模となる11月のベルーナドーム公演…この留まるところを知らない勢いを、ファンはもちろん興味が涌いたという人もぜひ今から体感してほしい。
取材・文=斉藤直樹

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着