市村正親主演のミュージカル『スクル
ージ~クリスマス・キャロル~』 武
田真治、相葉裕樹、実咲凜音、今井清
隆ら大人キャスト発表

2022年12月、日生劇場にて上演される、市村正親主演のミュージカル『スクルージ~クリスマス・キャロル~』。この度、大人キャストが発表された。
本作の原作となった作品は、1970年12月にイギリスとアメリカで上映された英国産ミュージカル映画「スクルージ」。日本でも同時期に「クリスマス・キャロル」の邦題で公開された。
ミュージカル版『スクルージ』は1992年イギリス・バーミンガム アレクサンドラ・シアターで初演され、スクルージ役を演じたのは脚本・音楽・作詞のレスリー・ブリカッスの盟友アンソニー・ニューリーだった。
日本での初演は1994年。この公演で市村正親が主演して以降97、99年、2013年に新演出版、 2015年、2019年と市村自身ライフ・ワークとして再演を重ねている。
大人キャスト
本日、2022年版の大人キャストが発表された。スクルージの事務所の事務員であるボブ・クラチット役を武田真治、スクルージの甥・ハリー役/若き日のスクルージ役を相葉裕樹、ハリーの妻・ヘレン役/商店主の娘・イザベル役を実咲凜音、スクルージのかつての相棒・ジェイコブ・マーレイ役を安崎 求、クラチット夫人/過去のクリスマスの精霊役を愛原実花、商店主の妻・フェジウィッグ夫人役を今 陽子、そして現在のクリスマスの精霊役を今井清隆が演じる。なお子役は後日発表される。
『スクルージ~クリスマス・キャロル~』舞台写真(2015年)/市村正親   撮影:田中亜紀
■武田真治:ボブ・クラチット役 コメント
僕自身大好きなミュージカルがクリスマスシーズンに帰ってきます!
スクルージ役はもちろん市村正親さんで!!
環境と経験でねじ曲がってしまった心を3人のクリスマスの精霊によって清められる物語。
これは、守銭奴の主人公・スクルージに限ったことではないかも知れません。
誰もが"本当の幸せとはなにか?"を見つめ直してみたくなるような素敵なエンターテインメント作品です!
大切な方と是非、劇場にお越し下さい。
■相葉裕樹:ハリー/若き日のスクルージ役 コメント
この度、ハリー/若き日のスクルージ役を務めさせて頂く事になりました。相葉裕樹です。
初参加になりますので『スクルージ』の世界にいち早く入り込み、カンパニーの皆さんに追いつきたいと思っています。そして市村正親さんとまたご一緒できる事、とても光栄に感じています。
クリスマスシーズンにピッタリの心温まる物語を体感しに来て頂けたら嬉しいです。
劇場でお待ちしています。
■実咲凜音:ヘレン/イザベル役 コメント
また2022年も素敵なクリスマスを過ごせるこの作品に携わらせて頂けて、大変嬉しく思います。心洗われる……大好きな作品です!
クリスマスは一年に一度。大切なご家族やお友達とご一緒に、是非、劇場に足をお運び下さい! お待ちしております。
■安崎 求:ジェイコブ・マーレイ役 コメント
市村さんのライフワークであるこの珠玉の作品に再び出演させていただけるなんて光栄です!
2013年に初参加の時には市村さんからマーレイのセリフを口立てで全て伝承して頂きました。(市村さんは『クリスマスキャロル~一人芝居』で全役を演じられています)それから2015年、2019年と再演で年齢を重ね、還暦を過ぎた今、マーレイという役がだんだん深く理解できるような気がいたします。しかし、フライングに耐えるだけの筋力は衰えていきますが……(笑)頑張らねば!!
■愛原実花:クラチット夫人/過去のクリスマスの精霊役 コメント
チャールズ・ディケンズの代表的な作品「クリスマス・キャロル」の舞台に参加出来る事を本当に幸せに思います。
冷酷無慈悲で強欲な「町の嫌われ者」のスクルージがどんどん変化していくきっかけになる過去のクリスマスの精霊とクラチット夫人を演じさせて頂きます。
♪サンキュー・ベリーマッチ♪などの名曲のコーラスや「世界に感謝!はじめるぞ俺は!」と歌い上げる市村さんの力強さは一緒に舞台上に居るにも関わらず鳥肌が立ちます。
この時間をお客さまと共有できる事を幸せに思います。
■今 陽子:フェジウィッグ夫人役 コメント
市村正親さんの当たり役「スクルージ」。
2013年演出版からずっとご一緒させていただき、まだコロナ禍ですがまた再び出演させていただけて大変嬉しいです。
コロナ禍、ウクライナ問題等々……
今、世の中は本当に不安で怖いです……
でも こんな時代だからこそ『スクルージ』のようなミュージカルが絶対必要です。
どんな意地悪な怖い人も心を入れ替えられ、 家族仲良く暖かい暮らしができる……
まさに今一番大切なテーマだと思います。
皆さんが温かい幸せな気持ちになれるように……
特に今回は、そういう願いを込めて心を込めて有り難く舞台を務めさせていただきたいと思います。
■今井清隆:現在のクリスマスの精霊役 コメント
今年も、スクルージの季節がやって来ます!
前回上演した時と世の中の状況がまるで変わってしまいました。
命の尊さや人との絆の大切さをことさら感じる世の中になりました。
人生の意味、人を愛する事の素晴らしさ、感謝する心の大切さなど、色々と考えさせられる事が多くなりました。
この作品をご覧になって生きる喜びや勇気を感じ取って頂けたら、こんなに嬉しいことはありません!
劇場でお会いしましょう!
『スクルージ~クリスマス・キャロル~』舞台写真(2015年)/市村正親  撮影:田中亜紀
本公演は2022年12月日生劇場にて上演。ツアー公演はなし。チケットは今夏発売予定で、詳細情報は決まり次第公式HPにて発表される。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着