柚希礼音、ソニンらが出演『SUPER H
ANDSOME W LIVE』開催 オフィシャル
レポート&舞台写真が到着

2022年3月8日、International Woman’ s Day(国際女性デー)にBunkamuraオーチャードホールにて『AMUSE PRESENTS SUPER HANDSOME W LIVE“HANDSOME”is not just for men.(スーパー・ハンサム・ダブル・ライブ ハンサム・イズ・ノット・ジャスト・フォー・メン)』(以下、『ハンサム W LIVE』)が開催された。
2005年より若手男性俳優によるファン感謝祭、通称「ハンサムライブ」を開催してきたアミューズが「ハンサムとは男性だけのものにあらず」をコンセプトとして今回初めて披露する『ハンサム W LIVE』。アミューズに所属する女優たちが見事なパフォーマンスを見せるプレミアムなライブで、構成・演出はアミューズ所属の演出家、小林香。
すばらしい役割を担ってきた女性たちによってもたらされた勇気と決断をたたえる日「国際女性デー」に相応しく、エンターテインメント性あふれる中に女性たちのエンパワーメントを実感した特別なLIVEとなった。その模様をレポートする。

M1_Starting Now〜新しい私へ恒松祐里、三吉彩花、堀田真由、清水くるみ柚希礼音、村川絵梨、石田ニコルソニン、愛希れいか、島ゆいか
期待が高まる中、「Starting Now〜新しい私へ」のナンバーでLIVEは開幕。舞台中央に柚希礼音が登場しスポットライトが当たると、客席から大きな拍手が沸き上がる。
ソニン、愛希れいか、村川絵梨、清水くるみ、石田ニコル、三吉彩花らアミューズの女優たちが次々に登場する度にステージが華やぎを増し、観客は熱い手拍子で盛り上げる。続いて、出演キャスト全11人による力強いパフォーマンス「This Is Me」(『The Greatest Showman』より)。楽曲が持つポジティブなメッセージが伝わってくる。

M2_This Is Me_愛希れいか、島ゆいか、石田ニコル、恒松祐里、村川絵梨、柚希礼音、三吉彩花、ソニン、磯部花凛、清水くるみ
「皆様ようこそ! 本日はありがとうございます。今日は国際女性デー、女性にパワーを与えるこの日に『ハンサム W LIVE』を初めて開催できて嬉しいです。一緒に盛り上がっていきましょう!」と輝く笑顔を見せるキャストたち。ここからは怒涛のように圧巻のパフォーマンスが繰り広げられる。
日本のミュージカル界を代表する女優たちが集まる『ハンサム W LIVE』とあって、ミュージカルの名曲の数々が披露される。
ソニンが歌う「Defying Gravity」は自身が「大好きなミュージカル」だという『WICKED』からのナンバーだ。女性の強い意志が表現されて、タイトルどおり「重力に逆らって」空高く舞い上がるような浮遊力がソニンの歌声から伝わってきた。
石田ニコルが出演したミュージカル『IN THE HEIGHTS』より「It Won't Be Long Now」をラテンのムードたっぷりに歌い上げる。
三吉彩花は出演作『「The PROM」』より「Dance with You」を清水くるみと共に歌う。伸びやかな歌声からは人と人とが求め合う気持ちが伝わり、聞いていてあたたかな気持ちになった。
愛希れいかは出演した『ファントム』より「HOME」を情感豊かに表現する。「舞台こそが私の夢が叶う場所であり、ホーム」と歌う楽曲。コロナ禍という困難な今の時期でも真摯に舞台に向かい合う愛希の歩みがこの歌に結実した。
村川絵梨が歌う「Goodbye Until Tomorrow」は、村川が出演した『The Last 5 Years』のラストソング。切ない恋の物語を実際に演じた人ならではの表現で、まるでミュージカルを1本観た後のような余韻が残った。
国際女性デーに歌うのに一番ピッタリだと思った楽曲は「自由の国の娘たち」。アミューズが制作したミュージカル『FACTORY GIRLS~私が描く物語~』よりのナンバーだ。
M9_自由の国の娘たち_島ゆいか、ソニン、柚希礼音、石田ニコル、清水くるみ
ブロードウェイの新進気鋭ソングライティング・コンビと日本のクリエイティブ・チームがタッグを組んだ新作で、女性の権利を求めて労働争議を率いた実在の女性を描いた作品は読売演劇大賞優秀作品賞を受賞するなど高い評価を得た。
柚希、ソニン、清水、石田、島ゆいかという出演キャストによるパフォーマンスからは自由を求めて戦った女性たちのエネルギーがほとばしる。キャストたちからも口々に「ぜひ再演を!」という声が上がったが、今こそ再演を望みたいところだ。
また、今回日本で初披露されたのはミュージカル『イフ/ゼン』より柚希礼音が歌う「Always Starting Over」。本作は柚希主演、小林香演出により上演が予定されていたが、コロナ禍の影響で残念ながら上演中止に。
柚希が伝える「たとえつまずいたとしても、何度でもこの人生を始めよう」というメッセージは、今の時代に一番必要なものではないかと感じる。柚希自身の想いが込められた感動的な歌唱だった。
さらに『ハンサム W LIVE』ならではの数々の企画やコラボレーションが続く。
M13_Journey to the past ~心のままに~_島ゆいか、恒松祐里、磯部花凛

M15_ねぇ_堀田真由、恒松祐里、村川絵梨
飛び切りの「ハンサムウーマン」な姿を見られたのが、「Show Me How You Burlesque」(『BURLESQUE』より)。柚希、ソニン、愛希、村川、石田、三吉がアダルトでセクシーに歌い踊って、観客を魅了する。

M3_Show Me How You Burlesque_愛希れいか、ソニン、三吉彩花、柚希礼音、石田ニコル、村川絵梨
ソニン、村川、堀田真由によるポエトリーリーディングはアリアナ・グランデの「7 rings」などを日本語訳詞で語るもの。歌で聞いていたら気づけなかった意味や物語に気付かされ、3人の表現力の豊かさに感心する。
ライブらしい楽しい企画として、ガールズグループBLACKPINKの「Kill This Love」に愛希、清水、石田、三吉が挑戦。大胆でキレの良いダンスを見せた。Perfumeの「ねぇ」を村川、恒松祐里、堀田が見事に完コピ! ひときわ熱い拍手が寄せられた。
また、「Feeling Good」では元宝塚歌劇団男役トップスターの柚希と共に、愛希、石田、三吉が男役にチャレンジ。
M20_Feeling Good_三吉彩花、石田ニコル、ソニン、柚希礼音、愛希れいか
柚希の指導もあってそれぞれが個性あるカッコよい男役姿を見せた。柚希、ソニン、愛希による「Dreamgirls」(『Dreamgirls』)は見事なハーモニー。

M16_Dreamgirls_愛希れいか、ソニン、柚希礼音
小林香が演出した『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』より「Happiness」を村川、清水、恒松、礒部花凜が歌い、ほのぼのとした空気に包まれる。「普通の人生」(『マタ・ハリ』より)の柚希と愛希のデュエットダンスは、『ハンサム W LIVE』でしか見られない貴重な機会で、客席のボルテージがますます高まった。

M19_Happiness_(時計回り)村川絵梨、磯部花凛、清水くるみ、恒松祐里
最後は全員によるパフォーマンス。「You Can’ t Stop The Beat」(『ヘアスプレー』より)で客席を熱く盛り上げ、一転して「For good」(『WICKED』より)は今回のライブを通してキャスト全員が心の絆を結んだことを感じさせた。
ラストソングは「Finale B」(『RENT』より)。『RENT』でミミ/モーリーン役を演じたソニン、ミミ役を演じた石田の歌声から始まった歌は、「今、このときを生きよう(No Day But Today)」という大事なメッセージを伝えた。
客席からの鳴りやまぬ拍手に応え、アンコールに臨んだ11人。「皆さんに会えて嬉しかったです」「また会いましょう!」と笑顔で挨拶し、再び「Starting Now〜新しい私へ」を歌って幕を閉じた。
構成・演出の小林香は11人全員の魅力を最大限に表現。多彩な場面展開で今までにない一面を見せた。何より、ステージで輝くのは彼女たちが放つ豊かなパワーだ。どこまでも自分らしく。ハンサムウーマンたちの圧倒的なパフォーマンスは多くの観客に勇気を送り届けた。
(取材・文/大原 薫)

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着