山崎まさよし、森山直太朗、秦 基博
、岸田 繁、木村カエラら出演 『J-
WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE 2022』
千穐楽公式レポートが到着

FMラジオ局J-WAVE(81.3FM)は、3月5日(土)・6日(日)の2日間、豪華アーティストがギター弾き語りで共演するライブイベント『J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE 2022 supported by 奥村組』(以下、ギタージャンボリー)を両国国技館で、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を徹底したうえ開催。3月6日(日)の公式レポートが到着した。
また、この2日間のライブを味わうことができる、ラジオ特番『J-WAVE SPECIAL OKUMURAGUMI presents J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE 2022』(ナビゲーター:グローバー)を、3月21日(月・祝)20:00-24:00にオンエアする。
2013年に始まり、今年で7回目の開催となる『ギタージャンボリー』は、土俵に見立てたセンターステージをぐるりと360度かこむ臨場感のある客席が魅力のイベント。それに対峙するアーティストたちの本気の弾き語りが組み合わさり、両国国技館で開催するギタージャンボリーならではのライブが生まれる。今回は3時間のディレイでオンライン配信も実施し、両国国技館とオンラインの両方でギターの音色を届けた。
『ギタージャンボリー』初日3月5日(土)の出演者は、斉藤和義布袋寅泰真心ブラザーズスガ シカオ竹原ピストル石崎ひゅーいカネコアヤノ竹内アンナ小林私、DedachiKentaの10組。千穐楽6日(日)の出演者は、山内総一郎フジファブリック)、トータス松本山崎まさよし森山直太朗秦 基博、岸田 繁(くるり)、木村カエラ、斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN/XIIX)、Anly大橋トリオ&The Charm Parkの10組。合計20組のアーティストたちが、圧巻のアコギパフォーマンスで観客を魅了した。
以下、公式レポートをお届けする。
斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN/XIIX)
2日目のトップバッターとして登場した斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN/XIIX)の1曲目は「シュガーソングとビターステップ」。曲の序盤はアカペラで歌い上げるというアレンジを施して、観客の視線を釘付けにした。2曲目は音を重ねるエフェクター、サンプリングルーパーを駆使し「フラッシュバック」を奏でた。それから斎藤はさらにコーラスを重ねて「Hatch I need」をパフォーマンス。ラストの「like the rain」では、アルペジオとストロークを使い分けながら、丁寧に音を届けていた。ライブバンドUNISON SQUARE GARDENの楽曲を見事なアレンジで披露しつつ自身が統率するXIIXの持ち味を届けた斎藤はステージ上で、ギタージャンボリーに再登場することをファンに約束していた。
斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN/XIIX) 撮影=上飯坂一
Anly
3回目の出演となるAnlyは、The Beatles「Come Together」のカバーからライブを開始。2曲目の「VOLTAGE」ではサンプリングルーパーを使用し、壮大なステージングを展開すると、客席はそれに呼応するようにクラップで参加して、国技館は一体となった。3曲目の「FIRE」でも音を重ねていき、重厚感のあるサウンドでオーディエンスを魅了していく。ラストは「祈るように歌わせてください」と言ってから「星瞬~Star Wink~」を優しく、時に情熱的に歌い上げた。
Anly 撮影=上飯坂一
大橋トリオ&The Charm Park
the Milk Carton Kids「I still want a little more」のカバーでライブの幕を開けた大橋トリオ&The Charm Parkは、美しいハーモニーとギターの絡みでオーディエンスを魅了すると、2曲目もStephen Bishopの「Little Italy」を歌い、連続でカバー曲を披露した。3曲目はゴッホ展のテーマ曲でもあるオリジナル楽曲「Lamp」を演奏し、柔らかなサウンドで会場を包み込むと、「君と僕のうた」「HONEY」を連続で披露し、卓越したパフォーマンスで会場に集まったオーディエンスを沸かせた。
大橋トリオ&The Charm Park 撮影=上飯坂一
秦 基博
2度目の出演となった秦 基博は1曲目「僕らをつなぐもの」を情感たっぷりに届け、国技館の雰囲気を一変させる。2曲目「泣き笑いのエピソード」では、ぬくもりのあるメロディでオーディエンスの心を鷲掴みに。秦は間奏で口笛を吹き、楽曲に彩りを添えていた。3曲目「Fast Life」ではリズミカルなカッティングを響かせ、迫力あるステージングを展開すると、ラストは「鱗(うろこ)」を圧巻の声量で歌い上げ、国技館に集まった観客は渾身のパフォーマンスに酔いしれていた。
秦 基博 撮影=上飯坂一
森山直太朗
1曲目「花」を優しく歌い上げた森山直太朗は、MCを挟み、続けてメジャーデビュー作品『乾いた唄は魚の餌にちょうどいい』収録曲の「いつかさらばさ」を披露。今年10月にデビュー20周年を迎える森山は、メッセージ性の強い楽曲を情熱的に届けた。さらに、コロナ禍によってまだ先が見えない状況、海の向こうでの争いごとについて、「他人事ではなく、遠い未来のことに対して途方のない気持ちになったりもするけれど、僕は“それでも世界は素晴らしいと思う”」という言葉を添え、3月16日発売のアルバム表題曲「素晴らしい世界」を歌唱。最後は「さくら」を披露。曲の序盤はマイクを使用せず、自身の声のみで会場全体に届くようにアカペラで歌い上げ、切なくもエモーショナルなライブパフォーマンスにオーディエンスは酔いしれていた。
森山直太朗 撮影=上飯坂一
木村カエラ
ギタージャンボリー初登場の木村カエラは、ギタリストに磯貝一樹を迎え、代表曲「Butterfly」で会場の雰囲気を温める。2曲目「You」ではリズミカルなギターサウンドにのせ、ノリノリで歌声を響かせると、3曲目はくるり「奇跡」のカバーを披露。演奏前はこの日出演する岸田 繁に「楽屋にいる岸田さん、今から歌うから見ていてね」と呼びかけていた。4曲目には「TODAY IS A NEW DAY」を届け、ラストはカエラもアコギを持ち、「リルラ リルハ」で大団円を迎えた。
木村カエラ 撮影=上飯坂一
山崎まさよし
“アコースティックギターの名手”として名高い山崎まさよしは、ループマシンにパンデイロの音を刻み、リズムが流れる中で「アレルギーの特効薬 ~ What'd I Say(Ray Charlesカバー)」を披露し、序盤からオーディエンスを興奮に誘う。それから映画「男はつらいよ」の寅さんのモノマネをしながら「新曲をやります」と告げて昨年リリースのアルバム『STEREO 3』から「Hello ヘヴン」をパフォーマンス。3曲目には珠玉のバラードソング「One more time, One more chance」を届け、その伸びやかな歌声に観客は聞き入っていた。ラストに選ばれたのは趣味のDIYを生きがいとする思いを綴った歌で、“DIY仲間”の斉藤和義からタイトルをつけたという新曲「斉藤さん」。山崎はタイトルに名前を使用していいか、本人に電話をかけて確認したそうだ。
山崎まさよし 撮影=上飯坂一
岸田 繁(くるり)
結成25周年記念ライブを2月に終えたばかりのくるり・岸田 繁が1曲目に選んだのは「The Veranda」。続く「ブレーメン」では曲の終盤で疾走感あるギターストロークを見せ、観客を沸かせた。3曲目に「Baby I Love You」を優しく歌い上げると、4曲目の「太陽のブルース」では間奏でハーモニカのアクセントも加えていた。ラストの奏でられたのは「ソングライン」。穏やかな余韻を残しつつ岸田はステージをあとにした。
岸田 繁(くるり) 撮影=上飯坂一
トータス松本
和装姿で登場したトータス松本は「春一番」からエネルギッシュなパフォーマンスをみせ、2曲目には珠玉のバラード曲「バンザイ~好きでよかった~」を真っ直ぐに歌い上げた。「笑えれば」を披露する前のMCでは「こんな景色を見るのがめちゃくちゃ久しぶりで、なんか泣きそうなんですよ」と赤裸々な気持ちを明かす場面も。最後は“この曲を歌いたい”と急遽セットリストを変更して「ワンダフル・ワールド」を披露することに。トータスは歌詞も<どの星を見つめて/お願いすればいいのだろう>と、一部アドリブで差し替えていた。その熱演に呼ばれるように客席からは自然とクラップが起き、国技館に一体感が生み出されていた。
トータス松本 撮影=上飯坂一
山内総一郎(フジファブリック)
結びの一番として登場した山内総一郎は冒頭「僕はギターに人生を救われた人間。今日は精一杯の演奏をしたいと思います」と告げて、「Feverman」からライブをスタートさせた。続く「東京」では歌いながら圧巻のギターカッティングを披露し、重厚感のあるサウンドでオーディエンスの体を揺らす。3曲目にはソロ曲「白」をパフォーマンス。ラストで山内は現在の世界情勢に触れてから、「これから君の未来に光があることを願って、心を込めて歌いたい」と話し、急遽セットリストを変更して「光あれ」を歌唱。曲が終わると山内の「未来に光あれ!」という声が、力強く高らかに響きわたった。
鳴り止まないアンコールの拍手に応えるべく再びステージに登場した山内は、木村カエラ、岸田 繁、山崎まさよしをステージに呼び込み大滝詠一「君は天然色」のカバーをセッション。特別なパフォーマンスで会場を大いに盛り上げ、2日間にわたるイベントの大トリを見事に飾った。
山内総一郎(フジファブリック) 撮影=上飯坂一

Text by中山洋平 Photo by上飯坂一

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着