BTS、日本GD大賞で自身初の10冠 海外アーティストによる初の快挙

BTS、日本GD大賞で自身初の10冠  海外アーティストによる初の快挙

BTS、日本GD大賞で自身初の10冠 海
外アーティストによる初の快挙

BTS、第36回日本GD大賞で自身初の10冠 海外アーティスト初の快挙

BTSが、「第36回日本ゴールドディスク大賞」で「ベスト・エイジアン・アーティスト」を含む10冠に輝いた。
BTS(バンタン)メンバーの見分け方は?年齢順にカラー・誕生日・身長などプロフィールを紹介!
https://utaten.com/specialArticle/index/6225
海外アーティストによる10冠獲得は史上初の快挙となる。
3月14日0時に「第36回日本ゴールドディスク大賞」受賞作品・アーティストが発表となり、BTSが4年連続となる「ベスト・エイジアン・アーティスト」の受賞に加え、同賞史上最多受賞を更新。さらに「アルバム・オブ・ザ・イヤー(アジア)」、「ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー(アジア)」「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(アジア)」など計10冠の快挙を達成した。
昨年6月にリリースした日本のベストアルバム『BTS, THE BEST』で「アルバム・オブ・ザ・イヤー」(アジア)と「ベスト 3 アルバム」(アジア)を受賞。映像作品『BTS MAP OF THE SOUL ON:E』が「ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー」(アジア)、「Butter」が「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」(アジア)、「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ストリーミング」(アジア)、「ベスト5ソング・バイ・ダウンロード」「ベスト5ソング・バイ・ストリーミング」、「Permission to Dance」が「ベスト5ソング・バイ・ストリーミング」、Coldplay X BTSの「My Universe」が「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」(洋楽)にて受賞し、計 10 冠獲得の快挙を成し遂げた。
10冠はBTSとして最多受賞で、海外アーティストによる10冠獲得は史上初の快挙。昨年の8冠から記録を更新した。
「ベスト・エイジアン・アーティスト」の4度受賞は過去最多で、史上初の記録となる。また、昨年に続き、アーティスト部門、アルバム部門、ミュージック・ビデオ部門、ダウンロード部門、ストリーミング部門におけるアジア賞においてオブ・ザ・イヤーをすべて受賞し、2021年がBTSが主役であったと証明した。
BTSは3月10日と12~13日にソウル蚕室(チャムシル)総合運動場メインスタジアムでコンサート「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE-SEOUL」を開催。さらに、4月にはラズベガスでの公演も決定。
4月3日(現地時間)に発表される米国最高のポピュラー音楽授賞式グラミー賞の受賞候補へのノミネートも注目されている。
▶ゴールドディスク大賞HP

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着