【レポート】配信コンサート<USEN唄
小屋>でLAST FIRST・松阪ゆうき・平
松賢人が垣根を超えた唄バトル

3月12日に無観客生配信コンサート<USEN唄小屋 vol.7「楽唄バトル場外乱舞!LAST FIRST・松阪ゆうき・平松賢人」>が開催された。

今回のゲストは今勢いのある実力派4人組グループLAST FIRST、民謡育ちでオペラまでも歌いこなす実力派演歌歌手・松阪ゆうき、人気男性グループBOYS AND MENのメンバーでありながら、ソロとして歌謡曲に挑戦している平松賢人の3組を迎え、まさに垣根を超えた唄バトルイベントとなった。
LAST FIRST
オープニングから早速「め組のひと」を全員でカバー。個々の歌唱力が合わさり素敵なハーモニーを奏でる。自己紹介後、オリジナル歌唱コーナーがスタートまずトップバッターは平松賢人。ソロ楽曲「灼熱ロマンス」を披露。バックダンサーに通称灼熱ダンサーズのボイメンエリア研究生の内海、中下を従え華麗にパフォーマンス。続いて松阪ゆうきが「遠い空」力強くと歌い上げる。このパートの最後LAST FIRSTが「Life is Beautiful」披露。美しいハーモニーに酔いしれる。
松阪ゆうき
トークパートはグループ、ソロなどお互いのあるある話で盛り上がり、テレビのカラオケ番組でのエピソードなどの裏話を披露。また。抽選で選ばれたファンと生電話で交流を図るなど、配信ならではのコーナーも大いに盛り上がった。同時進行でチャットルームも開設。たくさんの声援などで出演者も大いに刺激になり、3組のテンションも上がっていく。
平松賢人
コラボ歌唱コーナーに突入すると、チェッカーズの「涙のリクエスト」や坂本九の「明日があるさ」を選曲し、3組の歌色がハーモニーを奏で視聴者もアーティストも大満足。終盤は再びそれぞれソロ歌唱コーナー。平松は自身が憧れている田原俊彦の「抱きしめてTonight」を披露。オリジナルに遜色劣らないダンスに大興奮。松阪は最新曲「遙かな人よ」を披露、優しく伸びやかな歌声に癒される。そしてLAST FIRSTは「カンチョリース2021ver.」をフルコーラスで。盛り上がる楽曲に最後は松阪、平松、灼熱ダンサーズが乱入して大盛り上がり。

エンディングトークにて3組はコンサートを通して打ち解け、もう一度このメンバーで配信コンサートもしくはハイブリットコンサートを開催することを約束。最後に全員で「Choo Choo Train」を披露して大盛り上がりの中、終演した。

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着