「子ども達が優勝ボードを持っておめ
でとうと言ってくれた。師CHERRYさん
のイズムをバトルで示したい」/【F
INALIST INTERVIEW DAI編】マイナビ
DANCE ALIVE HERO’S 2022 FINAL

 『アライブ』の名で親しまれ、今年で17年目を迎える「マイナビDANCE ALIVE HERO’S 2022 FINAL」。ストリートダンス界最強ヒーローを決めるダンスイベントとして、数多くのダンサーたちのドラマと才能を花開かせてきた。
 毎分毎秒が歴史の転換点となるこの日に向けて、多くの新世代ダンサー達が過酷な予選に挑戦し、ファイナル出場を勝ち獲った。令和ジェネレーションとも呼ぶべきファイナリストたちは、何を思いあの舞台へ上がるのか。
今回はCHARISMAX IVのALL STYLES SIDEに出場し、緻密なブガルースキルと追究されたクレイジーレッグス、時折空間ごと緩急で歪ませるようなインパクトと、遊びのある多彩な音どりで優勝を勝ち獲ったDAI(O.G.S / BIO / FunkSatisfaction)にインタビュー。
ご自身のダンススタイルのルーツを教えていただけますか?
ダンスを本格的に始めたのは18歳の頃です。最初は何も分からなかったので、ダンスの専門学校に行こうと思い上京しました。そこでは佐久間(The Spartanic Rockers)さん、GOTO(Sound Cream Steppers)さん、YANAGI(O.G.S)さんなどが講師をされていました。当時は「ダンスの専門学校は東京」というイメージで入りましたが、入学して半年で学校が倒産してしまいました(笑)。その後は別の専門学校が希望者を受け入れてくれて、東京で3年間ダンスを学びました。当時はHIPHOPをメインで踊っていました。その時期、六本木のクラブでスペシャルゲストにO.G.Sが来たことがありました。ショーを見に行ったらWILD CHERRYさん、TESTU-Gさん、MASAOさん、坂見誠二さんというメンバー。「なんだこのジャンルは!?めちゃめちゃかっこいいな」とくらってしまいました。その経験をしたあと、大阪の友人に電話をしてCHERRYさんを知っているか聞いたところ、姉と付き合ってる、と(笑)。大阪に帰るか迷っていた時期でしたし、接点が見つかったことがきっかけで、POPがしたくて21歳の頃に帰りました。CHERRYさんのところに習いに行ってそのままずっと学んでいました。
師匠であるWILD CHERRYさんとのエピソードなどあれば教えてください。
ある日突然「今日はディスコに行くぞ」と言われ大阪のSOUL FUCKTORYに連れて行ってもらいました。当時大阪では数少ないディスコでしたが、木曜日にいけばPOPPERがいる、火曜日はWAACKの人がいるなど曜日によって集まるダンサーのジャンルが決まっていて、今大御所と呼ばれているダンサーの方々がそこに沢山集まっていました。その時に紹介してもらった方々は今でも私生活でお兄ちゃんのような存在ですが、繋げてくれたのはCHERRYさんでした。また、夜中に呼び出されて、家に行くとYUKI(O.G.S)さんがいて、ビールを飲みながら気さくに話しかけてくれて仲良くなって、そんな時代でした。
CHERRYさんには人柄的にもダンス的な部分でも憧れていたんですが、CHERRYさんは教えながら僕のことを見てくれていたみたいで、「お前はYUKIみたいな脚やったらええねん。そういうスタイルでいった方がいいんちゃうか?」と言われたことがあります。当時は、師匠以外に習ってはいけないという暗黙のルールのようなものがあり、YUKIさんに直接習いにはいけませんでした。なのでここに出没する、という噂を信じてクラブに張り込み、YUKIさんがきた時には見て目に焼き付けて覚える、というスタイルで学んでいました。CHERRYさんの一番弟子になれた頃、面倒を見てくれ、と息子の渋美を紹介され、仲良くなっていきました。当時彼はアメリカに住んでいましたが、日本に来た時はずっと一緒にいました。いつの間にか弟みたいな感じになって、いつか父親と踊りたいと、渋美はよく語っていました。
ある日、CHERRYさんが亡くなりました。その日は渋美から連絡が来て、「お父さんが死んでしまった。」と言われ、すぐには信じられず、心にポッカリと穴が空いてしまった感覚でした。追悼式も、CHERRYさんの写真を見て泣き崩れてしまいました。人間こんなに泣けるんだ、と思えるくらい涙を流している姿に同い年のKEI(Co-thkoo)くんが「DAIちゃんしっかりせえ!」と励ましてくれたのを覚えています。当時の僕の夢は「ダンサーになりたい」でなく「CHERRYさんと一緒に踊りたい」でした。もう一緒に踊れない、夢が崩れた出来事だったんです。
ダンス界に衝撃が走ったことを覚えています。それがO.G.Sに入るきっかけになったのでしょうか?
CHERRYさんが亡くなってから、もうどうなってもいいや、という時期を経て、「そんなんじゃだめだ!」と立ち直りました。もう一度ダンスをやるためにどうしたらいいかを考え、YUKIさんのところへ学び直しに行きました。自分のダンスのダメなところを叩き直していたある日、 YUKIさんに「O.G.Sとかどうや?」と言ってもらえたんです。冗談かなと思いましたが、顔は真剣でした。「O.G.SはPOPを始めた原点。僕なんかでよければ一生懸命頑張ります!」と伝えました。O.G.Sを残すために、若い世代も必要だと思う、とずっと考えていらっしゃったみたいです。
YUKIさんはO.G.Sの初期メンバーではないんですが、CHERRYさんが亡くなった時にメンバーで話し合い、O.G.SをまとめてくれるのはYUKIさんしかいない、と声をかけられ加入したそうです。YUKIさんがまとめあげたO.G.Sは、その年JAPAN DANCE DELIGHTで優勝しました。その後、このまま続けてもいいけど、若い世代を入れないと後が無い、と話し合っていたようで、先に繋げるために選ばれたのが僕とSATOCIでした。SATOCIはYUKIさんの愛弟子。そして僕はCHERRYさんの弟子としてCHERRYさんのイズムもしっかり持っているだろうと選んでもらいました。加入したことを内緒にしながら練習して、ADHIPの主催するSTYLE JUNCTIONというイベントでデビューしました。
それからは、今までのダンス生活がガラッと変わりましたね。O.G.Sとして一緒にショーに出ながら頑張れ、と引き上げていただき、仕事も普段のショーだけでなく地方の仕事が増えました。それから地方の大御所の方々に紹介してもらって繋がりも増えました。海外のイベントにも招待してもらいました。もちろん頑張るという気持ちで入ったんですが、本当に頑張らないとやばいなという気持ちが強くなっていきました。このままじゃだめだ、と(実績を積むために)バトルも出るようにしました。予選から吐くんじゃないか位のプレッシャーを感じ、病んでしまうんじゃないか、と思っていました。結果も出ないことが多く、結果が出ないと何者にもなれない。その間のプレッシャーはすごかったです。
バトルに関して感じていることがあれば教えてください。
CHERRYさんに師事してまだ一ヶ月も経っていない頃に、「OSN(OLD SCHOOL NIGHT)があるから出ろ。大丈夫や、エントリーしてあるから。」と言われました。まだ帰阪したてで友達も誰もおらず、周りは顔見知り同士で和気藹々としている雰囲気の中、一人ドキドキしながら挑みました。結果は予選もかすらず「頑張ったんですけど、だめでした。」とCHERRYさんに報告すると「そうやろなあ。次頑張ろう」と、言葉をもらいました。当時は分かっていなかったんですが、OSNがすごいイベントだったのだとあとで知りました。そんな「今のやれることをやっていく」というCHERRYさんの教えてくれた姿勢が僕の原点です。どんどん知らない世界に挑戦していくことの大切さを教えてもらいました。
また、バトルも最初はやりとりがないと面白くなかったんですが、いつの間にかそういう駆け引きがなくても楽しめるようになってきました。相手が強くないと燃えない、という時期もありましたが、音楽にこうアプローチするんだ、とか、(バトルの空間で)違う感じで受け取れるものが増えたな、というのが自分の中で変わったと思うところです。そういうのが見えてきたことで、自分の気持ちを燃やしていきやすくなったのかなと思います。
アライブ予選に挑戦して感じたことを教えてください。
今回、いいタイミングでアライブに挑戦できたと思っています。YUKIさんがジャッジだったので見てもらういい機会だと思い挑戦しました。フリースタイルで、選曲もかなり難しかったです。POPだけのバトルは自分達のジャンルの曲がかかりますが、ALL STYLESはいろんなジャンルの曲が流れるので、その上げ下げを意識して踊りました。今の若い子たちは僕たちよりうまいと思っています。僕らよりうまいダンサーはザラにいますが、僕らは僕らのいいところがあるのでそこで戦うつもりで臨みました。
バトルについては基本的には挑戦しながら、プレーヤーでいたいなと思っていますが、ジャッジのオファーを受けることも増えてきました。ジャッジさせてもらうと客観的に、緊張して乗れてないな、気持ちが乗っかってるダンスだな、などいろんなものが見えますし、刺激をもらえます。そこがいいところだと思う反面、めちゃめちゃ難しいなという場面もたくさんあります。自分のいい方に上げますが、心は痛いし、憎まれ役になってナンボというのもあります。ジャッジを通じても、僕らが師匠から教えてもらって、自分が今大事にしているものを伝えれたらいいなと思って仕事を受けています。ものごとの見方にはやはり年齢(の影響)があって、この年齢になるから分かること、というのは沢山あると思うんです。二十代前半で、ベテランにこれ大事だよ、と言われても、今はそれはいらないな、と感じてしまうことはあると思います。ただ、歳をとってあの時言われたことってこういうことか、と納得することが僕はたくさんありましたし、どういうふうにしたら伝わるのかも考えてお話しさせてもらっています。
自分の強みと言えるかは分かりませんが、ステップが一番好きで、特に若い頃はクレイジーレッグスに特化してきましたし、経験を積むことでスキルはついてきたと思っています。もちろん乗っけてるものが乗っからなくなる時期もありましたが、理想としている踊りは、人の心に刺さる踊り。うまくなくてもいいんです、一瞬でもいい、人の心に刺さる踊りをしたい。そんな気持ちの乗っけ方を意識して、脚に関しても、音遊びにしても表現しているので、そういうところが見えてくれたらいいなと思います。
ファイナルに向けての想いや意気込みをお願いします
ダンスアライブは、(ダンサーにとって)無茶苦茶いい環境を作ってくれていると思います。例えば踊れる環境、コロナでプレーヤーが出れる場所がなくなったことでイベントが自分達を輝かしてくれる、と多くのダンサーが気づいたと思います。そんな大変な中でも開催し続けてくれている上、アライブはさらに高額な賞金を用意することでダンサーとしての価値を示してくれていると思っています。ダンサーとしての価値は高くあるべきだと、企業や一般の人に向けて呼びかけてくれているのはありがたいことです。もちろん、大小関係なく一つ一つイベントは気持ちを入れて運営されていると思いますから、優劣をつけるとかではないんですが、やりたいこと、理念がしっかりと形になって続いてきたイベントかなと感じます。だからこそ、ファイナルの出る試合は一つ一つ大事にしながらフルアウトで持ってるものを全部出し切って、美味しいお酒が飲めたらいいなと思います。
大阪のPOPは、自分の中でも特別ですし、他の地域の方も特別と思ってくれています。ブガルーも大阪のブガルーという独特のスタイルがあると思っています。大阪のPOPということに関して、自分の中で大事していることを形にして出していけたらと思っています。上の人たちがいて、僕たちがいて、下の子たちがいてくれるから、いいものが繋がっていくと思います。やってきた分伝えれることがあると思いますし、いい意味でみんなで楽しく、好きなまま、いいものが当たり前にあったらいいなと思います。僕らにとっては踊りも生活も一緒にいた方ですが、CHERRYさんのことも知らない世代が出てきました。スキーター(Skeeter Rabbit)もCHERRYさんも、忘れられてほしくない存在だという気持ちがあります。日本の現在のPOPシーンは世界から見ても、すごいでしょ、それはCHERRYさんがいたからで、僕の上の世代、僕らの世代、僕らの下の世代は「この人たちがいたからこんなすごいことになった。」という想いを持っていると思います。もっと若い世代にも、CHERRYさんはこういう人だったんだよ、というのを残していきたい、そしてO.G.Sも残していきたいと思っています。コロナになったので、O.G.Sも活動が止まってしまいましたが最近練習を再開しました。O.G.Sの活動を再開することで、いろいろ発信していこうと考えています。
僕は子どもが4人いるんですが、ダンスに本気で取り組むきっかけは家族でした。32歳の頃、奥さんに子どもができ、結婚するタイミングに、仕事をやめてダンスだけやってほしいと言われました。子どもも生まれるし、仕事も頑張らないと、これから子育てにすごくお金もかかる。そんなタイミングに奥さんから「あなたは絶対にダンスの世界ですごくなれる人だから、ダンスだけやってほしい」と言われたんです。それだけ言われたら思いっきりやるしかないですよね。その2年後にO.G.Sに加入することになりました。タイミングもあったと思います。振り返ると自分でも不思議だなと思いますね。バトルに出て、トロフィーとかボードとか、僕だけでなく奥さんもダンサーなのでよく持って帰ってきます。今回も大きいボードを4人の子どもたちが持って「パパおめでとう!」という動画を送ってくれました。家族に対しては愛してるよと伝えたいですね。大事な存在ですし、いないと僕は頑張れないので。面と向かっては感謝を言えませんが、一生想い続けると思います。
マイナビDANCE ALIVE HERO’S 2022 FINALは2022年4月17日(日)!
ダンスバトルの他にも、豪華なゲストダンサー、ダンススタジオ/高校ダンス部/ダンス専門学校/大学生・社会人ダンスサークルによるショーケース、さらには高校ダンス部の頂点を決めるダンスコンテストなども同時開催。世界最大規模のダンスフェス「マイナビDANCE ALIVE HERO’S 2022 FINAL」、今後も続々と更新される出演者情報をチェック!
名称:マイナビDANCE ALIVE HERO’S 2022 FINAL
開催日:2022年4月17日(日)
会場:両国国技館(東京都墨田区横網1丁目3番28号)
開催時間:OPEN 11:00 / START 11:30
主催:株式会社アノマリー
特別協賛:株式会社マイナビ

Dews

ダンスの情報ならダンスのニュースを網羅するポータルサイトDews(デュース)。ダンサー情報やダンス動画、ダンスミュージック、ダンスイベントバトル、コンテスト、オーディション情報をいち早く配信します。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着