「最強が、激突する。」

「最強が、激突する。」

ソニック、テイルス、ナックルズが集
結 「ソニック・ザ・ムービー」続編
、日本版ポスター

「最強が、激突する。」(c)2022 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. 世界で大ヒットを記録した「ソニック・ザ・ムービー」の続編「ソニック・ザ・ムービー ソニック vs ナックルズ」の日本版ポスターと、場面カットがお披露目された。ポスターにはソニック、テイルス、ナックルズら本作で活躍する最強のキャラクターたちが集結している。
 前作「ソニック・ザ・ムービー」は、全世界でシリーズ累計販売本数13億8000万本を記録したセガの人気ゲーム「ソニック」を、ハリウッドで実写映画化したもの。宇宙最速で走るパワーを持つ青いハリネズミのソニックが、故郷を離れてやってきた地球で保安官トム(ジェームズ・マースデン)と出会い、ともにマッドサイエンティストのドクター・ロボトニック(ジム・キャリー)が企てる陰謀を阻止するべく冒険を繰り広げた。
(c)2022 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. 続編「ソニック・ザ・ムービー ソニック vs ナックルズ」で描かれるのは、平穏な生活が戻ったグリーンヒルズで夜ごと勝手に街を守り続け、「本当のヒーローになりたい!」と願うソニックの姿。しかし、前作で遠いキノコの星へと飛ばされたドクター・ロボトニックが、銀河系で最も危険な戦士ナックルズを引き連れて戻り、再び世界に暗雲が立ち込める。彼らは、史上最強の破壊力を持つ武器“マスターエメラルド”の在処を探していた。自慢のスピードで立ち向かうソニックだが、ナックルズの圧倒的パワーでねじ伏せられ、まるで歯が立たない。間一髪のところで味方のテイルスに救出されたソニックは、悪の手に落ちる前に“マスターエメラルド”を探す旅に出ることを決意する。
(c)2022 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ポスターには、おなじみの黄金のリングから、いまにも飛び出さんばかりの勢いで、超音速のハイスピードで勝手に街を守るソニック、超頭脳を生かしてハイテクメカを発明し、ソニックの心強い味方となるテイルス、超腕力を誇り鋭い眼光を向ける“最強の敵”ナックルズを活写。「最強が、激突する。」のコピーにふさわしく、それぞれの個性と愛らしさが際立つポージングをきめる彼らの背後には、ドクター・ロボトニックの姿も。ソニックとナックルズが、“マスターエメラルド”をめぐりぶつかり合う瞬間も切り取られ、地球の命運をかけた、最速で最大のバトルを予感させる。
(c)2022 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. 先日披露された新予告編に寄せ、前作に続きメガホンをとるジェフ・ファウラー監督は、「予告編はまだ(本編の)楽しみの半分といったところです。ファンのみんなが、絶対に喜ぶと分かっていることを秘密にし続けるのは心苦しいけど、もし自分が劇場で見るなら、やはりサプライズが嬉しいと思います。ファンのみんながアッと驚くものをしっかりと用意しているので、映画館の大きなスクリーンで初めて、友人たちと歓声を上げながら、予告編だけでは味わえないサプライズを体験して欲しいです」と、さらなるサプライズを匂わせた。
 「ソニック・ザ・ムービー ソニック vs ナックルズ」の日本語吹き替え版には、中川大志、山寺宏一中村悠一井上麻里奈、広橋涼、木村昴らが参加。8月19日から全国で公開される。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着