ユナク、堂珍嘉邦ら出演 日韓でヒッ
トを記録したサスペンス映画「殺人の
告白」を初舞台化

2022年6月17日(金)~26日(日)サンシャイン劇場にて、舞台『殺人の告白』が上演されることが決定した。
本公演は映画「殺人の告白」の初舞台化作品。チョン・ビョンギル監督が、韓国史上最悪の連続殺人事件とも言われている実際に起きた「華城(ファソン)連続殺人事件」からインスピレーションを得て描いたサスペンス作品、映画「殺人の告白」。2012年に韓国で公開後、270万人突破の大ヒットを記録し日本でも公開され、その後2017年には藤原竜也と伊藤英明のダブル主演により映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」としてリメイクもされた人気作。
時効成立後、突然自らの罪を告白し世間の注目を集める容姿端麗な連続殺人犯と、事件を執拗に追う刑事、そして愛する人を失った残された者たち、それぞれの思惑がぶつかり、国を揺るがす犯罪ショーへと発展する。
本作で主演・連続殺人犯イ・ドゥソクを務めるのは、韓国出身の男性ダンスヴォーカルグルー「SUPERNOVA超新星)」のリーダーで、歌手活動以外にもドラマ、映画、そしてミュージカルなどマルチに才能を発揮しているユナク。ドゥソクを追う刑事チェ・ヒョングには、ブロードウェイミュージカル『アナスタシア』やミュージカル『RENT』などに出演し、歌手としてだけではなく俳優としても活躍をみせているCHEMISTRY堂珍嘉邦が決定。
ユナク
堂珍嘉邦
さらに、連続殺人事件の真犯人を名乗る人物Jを前川泰之が、ヒョングの婚約者・スヨンの父でウリ物産会長チョン・ウヌを岡田浩暉が、出版社の女社長・チャン・ミジャに大林素子が演じ、個性豊かな役者陣に期待が高まる。また、堂珍演じるヒョングの相棒・グァンスに小南光司、ヒョングの婚約者・チョン・スヨンを岡田夢以、ほか日向野 祥、白又 敦、加藤里保菜などが名を連ねる。
前川泰之
岡田浩暉
大林素子

小南光司
岡田夢以
日向野 祥
白又 敦
加藤里保菜

本作の脚本・演出・映像を、ジョン・キャメロン・ミッチェル主演の『HEDWIG AND THE ANGRY INCHSPECIAL SHOW』などの演出も担当したヨリコ・ジュンが務める。本作同様に「華城(ファソン)連続殺人事件」を題材とし、20年以上にわたり繰り返し上演され続けている韓国の人気舞台『私に会いに来て』を2019年に日本で上演した際にも演出を担当し、型にハマらない演出が観客の高評価を得て話題となり、この舞台の評判は韓国の新聞にも紹介されている。
【STORY】
15年前に起こった連続殺人事件の犯人だと名乗り出た男、イ・ドゥソクは、時効が成立しているために無罪となった上、自分の犯した殺人について詳細に記した本を出版。その衝撃的な内容と美しいルックスが相まって、ドゥソクは一躍時の人となる。
しかし、15年間事件を追い続けていた刑事チェ・ヒョングは、本の中に最後の未解決失踪事件の真相が書かれていないことに気づく。そんな中、自分こそが真犯人だと主張する人物が現れ……。

ユナク  コメント
日韓で高い人気を誇る、映画「殺人の告白」の舞台に出演することができ、とても光栄です。舞台出演は2年以上振りですし、また僕にとっては初めての「ストレートプレイ」参加になります。お芝居、気持ち、そして俳優皆の勢いと呼吸でつくっていくので、個人的にも楽しみです。また、過去にダブルキャストとしてご一緒した堂珍さんと、今作では共演することができとても嬉しいです。観て頂く皆さんが作品に入り込み、楽しんでいただけるよう精一杯演じさせていただきます。 素晴らしいキャストやスタッフの方々と共に最高の舞台をつくりたいと思いますので、是非劇場にお越しください!
堂珍嘉邦  コメント
この度、チェ・ヒョング刑事役を務めさせて頂くことになりました。 国も注目する未解決事件の行く末はどうなっていくのか? この「殺人の告白」はサスペンス要素があり、僕自身初のストレートプレイという事もあって新たな挑戦です。期待や不安が混ざりながらだと思いますが、演出家や、共演者の皆さんと良い舞台になるように励みたいと思います。刑事役という事で、執念を持って挑みたいと思います。是非楽しみにしていてください。
前川泰之  コメント
原作映画は、面白くて何度も繰り返し観たこの作品に携われる事に感謝しています。
Jですが、「日常にはない自分の中にある狂気を掘り起こす」という役柄で、私も今から武者震いがしています。お客様にとっても、未知の前川泰之を見ていただけると確信しています。本作を皆さんの前で演じられる喜びを糧に、舞台ならではのオリジナリティ溢れる『殺人の告白』を共演者・スタッフの皆さんと作り上げてゆきますので是非ご期待ください。
岡田浩暉  コメント
昨今韓国映画の快進は大変なものがあります。「殺人の告白」もそれを象徴している作品かと思います。とてもスリリングで気持ちをえぐられる様に最後まで持って行かれます。この映画を舞台の『生』という空間でお届けすることは演技、演出のみならず全てのファクターの集中度を上げて総動員で皆様にお届けして行くことが肝のような気がしています。スタッフ、キャスト一丸となって息呑む時間をお過ごし頂けるように頑張りたいと思います。
大林素子  コメント
殺人の告白の舞台化に、ワクワクし、出演のお話に心が躍りました。
素敵なキャストの皆様や、ヨリコさんの演出も楽しみです。私自身も新たな挑戦の役を、体当たりで臨みたいと思います。
岡田夢以  コメント
この度、チョン・スヨン役として出演させていただきます、岡田夢以です。映画『殺人の告白』韓国版と日本版、両方とも以前から拝見していたので、今回の舞台版に出演させていただけることを本当に嬉しく、光栄に思っております。チョン・スヨンとして作品中の役目をしっかり全うできるよう、まっすぐに役に向き合い表現できたらと思います。皆様にお会いできるのを楽しみにしています! よろしくお願いします。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着