D-SETOがDSXTXに表記変更 新作ミッ
クステープ『NEW NAME BUT AS USUAL
』のリリースも

東京を拠点とするラッパー、D-SETOがDSXTX(ディーセト)へとアーティスト名の表記を変更。新名義での初作品となるミックステープ『NEW NAME BUT AS USUAL』を3月26日(土)にリリースすることも発表された。

アメリカ南部のギャングスタ・ラップからの影響を打ち出したスタイルで注目を集めるほか、多くのリリースを重ねてきた国内屈指の多作なラッパーとしても知られるDSXTX。昨年には岡山のビートメイカー・KVY DIXGO(現KAY DIEGO)とのタッグ作『UNDERGROUND TAPE VOLUME 2』やソロ作『BRUTAL NIGHTMARE vol. 2』などを発表。また、昨年12月には018との連名シングル「FLAT OUT」を発表し、SpotifyやApple Musicの公式プレイリストにも多く収録され話題を呼んだ。

今作『NEW NAME BUT AS USUAL』はタイトルにも表されているように、これまでD-SETO名義で発表してきたものと同じ空気が通った作品だという。プロデュースはKAY DIEGOが最多6曲を手がけ、不穏なバウンスや哀愁メロウ、Gファンクといったギャングスタ・ラップ・マナーのビートを提供。そのほか、前作『BRUTAL NIGHTMARE vol. 2』などにも参加していたCRIMSXN、フォンク系プロデューサーのBuntaSparksがメンフィス的なビートを制作しているとのこと。

客演にはYvngboi Pとのタッグ作『F’s Uppp 2』が昨年話題を集めたFreekoyaBoiiiが参加。DSXTXは迫力あるフロウや淡々としたフロウなど多彩な引き出しを披露し、ラフな魅力を備えた作品に仕上がったという。


【リリース情報】

DSXTX 『NEW NAME BUT AS USUAL』

Release Date:2022.03.26 (Sat.)
Label:EVIL MINDS RECORDS
Tracklist:
1. Pure Ana (Prod. CRIMSXN x BuntaSparks)
2. Reaper (Prod. CRIMSXN)
3. KOEDAME (Prod. KAY DIEGO)
4. M10 JP FLOW FREESTYLE (Prod. KAY DIEGO)
5. チェックイン Feat.FreekoyaBoiii (Prod. KAY DIEGO)
6. kudara (Prod. KAY DIEGO)
7. yogiri (Prod. KAY DIEGO)
8. Slow Down pt.3 (Prod. KAY DIEGO)
9. Haaah? (Prod. CRIMSXN)

■DSXTX: Twitter(https://twitter.com/Evil_Minds_Seto) / Instagram(https://www.instagram.com/dsxtx_ex_d_seto_info/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着