GReeeeN「流星のカケラ」の歌詞の意味は?運命の出会いを描いたラブソングを徹底考察!

GReeeeN「流星のカケラ」の歌詞の意味は?運命の出会いを描いたラブソングを徹底考察!

GReeeeN「流星のカケラ」の歌詞の意
味は?運命の出会いを描いたラブソン
グを徹底考察!

GReeeeN新曲はドラマ「星から来たあなた」主題歌

▲GReeeeN - 『流星のカケラ』【OfficialMusicVideo】
GReeeeNが新曲『流星のカケラ』を2022年2月23日に配信リリースしました。
『流星のカケラ』は、Amazon Originalドラマ『星から来たあなた』の主題歌。
宇宙人と女優の恋愛模様を描くドラマのストーリーに沿って、歌詞も「星」をテーマに描かれているのが特徴です。
そんなGReeeeN『流星のカケラ』の歌詞の意味を考察していきましょう。
流星のカケラ 歌詞 「GReeeeN」
https://utaten.com/lyric/mi22021506
『流星のカケラ』の歌詞には、「僕」「君」の2人の人物が登場します。
「やっと出逢えた」から想像すると、冒頭の歌詞は2人の出会いを描いているのではないでしょうか。
流星のカケラ 歌詞 「GReeeeN」
https://utaten.com/lyric/mi22021506
続く歌詞は、2人のその後を描いているように思えます。
どんなに仲の良いカップルでも、たまには喧嘩をすることもあるでしょう。
喧嘩するのは悪いことばかりではなく、場合によっては相手の考え方や価値観を知るきっかけになるかもしません。
冒頭では「どこに居て どこに行けば その手を握れるの」の歌詞が登場していましたが、ここでは「手を繋ぐ距離で」となっているのも印象的。
ぶつりあいながらも、2人の距離が徐々に近づいていると解釈できそうですね。
その後の2人は…?サビの歌詞を考察!
流星のカケラ 歌詞 「GReeeeN」
https://utaten.com/lyric/mi22021506
「はじまるさ」「プロローグ」などから想像できるように、サビの歌詞は2人で過ごす日々を物語に例えているのでしょう。
「やめる時も 健やかなる時も」は結婚式でよく耳にする誓いの言葉。
未来を共にすると決めた、2人の幸せな姿が思い浮かびそうです。
流星のカケラ 歌詞 「GReeeeN」
https://utaten.com/lyric/mi22021506
1番に続き、2番の歌詞でも「距離」がキーワードになっています。
「想いは距離を超えて」の歌詞は、物理的な距離が離れていても、気持ちの面ではお互いを近くに感じていることを表しているのでしょう。
深い絆で結ばれた、「僕」と「君」の様子が想像できそうですね。
流星のカケラ 歌詞 「GReeeeN」
https://utaten.com/lyric/mi22021506
曲冒頭では「なぜか満たされない毎日の中」の歌詞が登場しており、「僕」は毎日に物足りなさを感じているような印象がありました。
しかし、2番では毎日を「変わり映えしない」と嘆きつつも、どこか幸せそうな「僕」の姿が想像できるのではないでしょうか。
「君」との出会いが、「僕」の心情を大きく変化させたのかもしれません。
流星のカケラ 歌詞 「GReeeeN」
https://utaten.com/lyric/mi22021506
「君」を深く愛している「僕」ですが、伝えたい気持ちはなかなか言葉にできないようです。
本当は口にしたい言葉ほど、大切な人へは照れくさくて言いづらいものですよね。
流星のカケラ 歌詞 「GReeeeN」
https://utaten.com/lyric/mi22021506
世界中にはおよそ80億もの人が暮らしており、その中で出会い、生涯を共にする確率は果てしなく低いものです。
GReeeeNは『流星のカケラ』リリースに際し、「想いあえる人に出逢える確率は、宇宙の果てで星と星が出会うようなもの」とコメントしていました。
楽曲タイトルでもある『流星のカケラ』の言葉は、「人と人との出会いは奇跡だ」と聴き手に伝えようとしているのかもしれません。
物語はエピローグへ
流星のカケラ 歌詞 「GReeeeN」
https://utaten.com/lyric/mi22021506
「想い出」「春も夏も秋も冬でも」などのフレーズは、時の流れを表しているように思います。
大好きな人と暮らす幸せな日々は、永遠に続いて欲しいと願いたくなるものですよね。
流星のカケラ 歌詞 「GReeeeN」
https://utaten.com/lyric/mi22021506
しかし、人生には必ず終わりがくるもの。
1番サビでは「プロローグ」となっていた歌詞が、ラストサビは「エピローグ」に変わっており、2人の日々に終わりが来たと想像できます。
一方、歌詞は「終わりのない 物語描いて」となっているなど、あまり悲しい雰囲気は感じられないのではないでしょうか。
流星のカケラ 歌詞 「GReeeeN」
https://utaten.com/lyric/mi22021506
「まるで2人は 流星のカケラ」の通り、『流星のカケラ』では人を「星」に例えています。
「死ぬと星になる」という言葉があるように、死んでもなお、愛しあった2人は繋がっていると伝えているのかもしれません。
手を握れないほど遠い場所から距離を縮め、最後にもう「離れない」と言い切れるまでしっかりと結びあえた2人。
『流星のカケラ』の歌詞全体が、運命的な出会いからの日々を綴った「僕」と「君」が主役の物語のようですね。
「流星のカケラ」は運命の出会いを描いたラブソング
GReeeeN『流星のカケラ』の歌詞を考察しました。
星をテーマに運命の出会いを描いた、GReeeeNらしい素敵なラブソングに感じられるのではないでしょうか。
最後にもう1つだけ、考察を付け加えておきます。
2番の歌詞で、主人公の「僕」は「大好きな君へのセリフは 大事な場面で言えない」と語っていました。
『流星のカケラ』のラストサビには1つだけ相手へ向けたと思える言葉があり、以下の歌詞こそが「僕」が「君」に伝えたかったセリフのように思います。
流星のカケラ 歌詞 「GReeeeN」
https://utaten.com/lyric/mi22021506
皆さんもGReeeeN『流星のカケラ』を聴きながら、「何億の星の数ほどの中で」出会えた人へ感謝の気持ちを伝えてはいかがでしょうか。

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着