【週末アニメ映画ランキング】「SIN
G」が首位、「ドラえもん」2位、「お
しりたんてい」は7位スタート

(c) トロル・ポプラ社/2022「映画おしりたんてい」製作委員会 3月19日~20日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。新作「SING シング ネクストステージ」が首位スタートを切り、2週連続首位だった「映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ) 2021」はワンランクダウンした。公開3週目の土日2日間で動員19万3000人、興収2億3600万円をあげ、21日までの累計動員は109万人、興収は13億円を突破。大ヒット御礼「おしえてドラえもん」舞台挨拶が3月27日に都内劇場で開催されることが決定した他、ドラえもんとのび太が、手のひらサイズの宇宙人パピと出会うシーンが描かれた本編映像が公式サイトで19日に公開された。
 「余命10年」は3位、「THE BATMAN ザ・バットマン」は4位、「劇場版 呪術廻戦 0」も5位とそれぞれワンランクダウンしたが、「劇場版 呪術廻戦 0」は21日までの累計動員が928万人、興収が130億円を突破。国内歴代興収ランキングでトップ20入りを果たしている。
 新作では他に、「KAPPEI カッペイ」が6位に初登場。同作は、「デトロイト・メタル・シティ」などの漫画家・若杉公徳が手がけたギャグ漫画を伊藤英明主演で実写映画化したもの。「映画おしりたんてい シリアーティ」(短編「映画おしりたんてい 夢のジャンボスイートポテトまつり」が同時上映)は7位スタートとなった。同作は、累計発行部数900万部を突破する大ヒット児童書シリーズが原作。見た目はお尻だが振る舞いは紳士的な名探偵おしりたんていの活躍を描く人気アニメの劇場版第4作目にしてシリーズ初の長編作品として製作された。劇場版オリジナルキャラクターとなるシリアーティ教授の声を福山雅治が担当している。
 なお、前週9位の「あんさんぶるスターズ!! Road to Show!!」は10位に踏みとどまっている。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着