さだまさし、本日スタートのアコース
ティックコンサートで新作アルバム収
録曲を初披露

3月23日(水)、<アコースティック・コンサート2022>を千葉県・市原市市民会館よりスタートさせたさだまさし。約1か月で8公演を予定している同コンサートの初日となったこの日のステージは名曲「案山子」でスタート。たっぷりの歌とトークで構成されたステージの終盤には、6月1日リリースとなる2年ぶりのオリジナル・アルバム『孤悲』に収録される新曲が早くも披露された。

コンサートの前半では、先日いよいよ役者としても出演を果たしたNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」について触れ、「僕もこの間(ドラマに)出たんです、終戦記念日にお化けになって。」「でもよく考えましたね~、”証城寺の狸囃子”に英語の歌詞をのっけるだけでなにか英語に興味が持てるようになりますもんね。平川唯一さんのアイデアはすごいですね。私も歌ってみました! ジャケットも私書きました! 配信限定なんで孫にダウンロードとかしてもらってくださいね。絶賛配信中です。」と先週配信限定でリリースされたばかりの「証城寺の狸囃子 ’22」を宣伝する場面も。

この日の11曲目で、「今日このコンサートが始まったまさにその時間に、ゼレンスキー大統領による国会オンライン演説が行われてることと思います。どっちが良いとか悪いとか、どっちかに加担するとかではなしに、何も悪いことをしていない一般市民が命を奪われているってのは我慢ができなくってね。今度のアルバムに1曲書いてしまった。まだレコーディング中なので歌っちゃってよいのかどうか…? ウクライナの大使館から“キエフ”と呼ばないでくれって申し入れがあったそうです。“キエフ”ってのはロシア語読みなんですよね。アルバムになった時に“キイフ”なのか“キーウ”とするのかまだわかりませんが、今日はひとまず “キエフから遠く離れて”、このタイトルでお伝えしておきます。一刻も早くこのしょうもない戦争が終わってくれることを祈るしかない私たちは、こんなに遠い8,200キロも離れた極東に暮らしています。」そうコメントして新曲を披露した。

さらに、「音楽は平和の象徴。平和が破られたら音楽の自由も奪われてしまう。例えば災害の時には歌を歌っている場合じゃなかった。例えば新型コロナ感染症ではコンサートができなかった。音楽が自由にできる、自由に発言できる、それが自由と平和の象徴だと思う。だからこの現場を我々音楽家は命がけで守っていかなければならない。そのためにも思ったことは伝えていこう、そんな風に思っています。」と締めくくった。この日のコンサートはそんな新曲を含め2時間を優に超えて幕を閉じた。

そんなさだは今週26日(土)23時45分からNHK総合「今夜も生でさだまさしスペシャル~ハッピー70!みんなにありがとう~」を生放送する予定。また、3月29日・30日には<長崎放送創立70周年 さようならNBCビデオホール~さだまさしコンサート>(長崎NBCホール)、4月6日には<文化放送開局70周年 海援隊南こうせつ・さだまさし・グレープ セイ!シュン コンサート>(東京国際フォーラムホールA)への出演を予定している。

配信限定シングル『証城寺の狸囃子 ’
22』

2022年3月18日リリース

ニューアルバム『孤悲』

発売日:2022年6月1日
VICL-65699 ¥3,850(税込)
収録内容等の詳細は後報

フォークソングカバー・アルバム『アオ
ハル 49.69』

発売日:2021年10月27日発売
初回生産限定盤(2CD:通常盤CD+カラオケCD)
VIZL-1948 ¥4,950(税込)
紙ジャケ仕様
通常盤(CD)
VICL-65574 ¥3,850(税込)
数量限定生産アナログ盤(2LP)
VIJL-60262~60263 ¥7,590(税込)
重量盤LP2枚組

セルフカバー・アルバム『さだ丼 ~新
自分風土記III~』

発売日:2021年4月21日
VICL-65489 ¥3,850(税込)

ライブ作品『存在理由~Raison d’êt
re~ さだまさしコンサートツアー2020

発売日:2021年7月7日
Blu-ray:VIXL-341 ¥8,000+税
DVD(2枚組):VIBL-1022~3 ¥7,000+税
CD(2枚組):VICL-65507~8 ¥4,500+税

コンサートツアー

■<さだまさし アコースティック・コンサート2022>
3月23日(水)千葉・市原市市民会館よりスタート
詳しくはオフィシャルサイトにて

■<さだまさし コンサートツアー 2022>
5月21日(土)千葉県・市川市文化会館よりスタート
詳しくはオフィシャルサイトにて

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着