阿部寛(左)と北村匠海 (C)エンタメOVO

阿部寛(左)と北村匠海 (C)エンタメOVO

阿部寛、娘から「彼氏ができた」と言
われた父親に同情 北村匠海「大人の
階段を上っているので温かく…」

 映画『とんび』親子限定公開直前イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の阿部寛北村匠海が登壇した。
 本作は、親子の絆を描いた重松清氏のベストセラー小説を映画化。
 親子役で初共演した北村の印象を問われた阿部は「ちょっと似ているかなという親近感を感じました。トンビがタカを生んだというか、非常にしっかりしている。こういったイベントの発言なども、いつも彼はいい意見を言ってくれる。すごく頼りにしています」と率直な思いを語った。
 これに北村は「恐縮です」と応えながら、「僕は子どものときから少しずつ顔が濃くなっていったんですが、将来的に阿部寛さんのようになっていくんじゃないかと。そういう期待を背負っていた時代もありました」とコメント。
 続けて、「こうやって親子役をやれたことがすごく光栄でしたし、阿部さんはちょっと父に似ていたりする。うちは父も母も弟も、みんな顔が濃いんです」と明かして笑いを誘った。
 この日は“親子の絆”を再確認すべく、3組の親子が普段は言えない思いや願いを互いに披露する企画を実施した。
 ある父親は「中学1年の娘が以前のように話してくれない、あまり一緒に出掛けてくれなくなった」と寂しい思いを打ち明けたが、対する娘は「ずっと秘密にしていたけど、中学に入ってから実は彼氏ができまして…」と告白した。
 2人の娘を持つ阿部は「お父さん、つらいですね…」と父親に同情。北村は「これはお父さんと距離を取っているのでなく、大人の階段を上っていっているということなので、温かく(見守って)」とフォロー。
 さらに、「確かに早いなとは思いますが。僕らよりも下の年代はスマートフォンも普及してるし、いろいろなことが早いのかなって。まあ、われわれ映画界が恋愛映画をやり過ぎなのかも」と反省気味に語って笑わせた。
 映画は4月8日から公開。

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着